jal wifi

「飛行機内でも重要なメールや連絡を待つ必要がある」
「機内でもスポーツ中継が観たい」
「旅行先に着くまで、音楽や映画を楽しみたい」

そんな方に向けて、この記事では長時間のフライトで役立つ「JAL Wi-Fi」について徹底解説します。
「JAL Wi-Fi」があれば飛行機内でもインターネットが利用可能!

「JAL Wi-Fiとは?」というところから、JAL Wi-Fiを使うための事前準備方法・使い方・サービス・仕組みについてもご紹介します。
連休での旅行を検討している方や、これからJAL Wi-Fiの利用を考えている方のお役に立てば幸いです。

JAL Wi-Fiとは

「JAL Wi-Fi」とは、飛行機内でも無線でインターネット接続ができるサービスです。

本来なら、飛行機に乗ると必ずスマホなどの通信機器の電源を切ったり機内モードにしたりするよう指示されます。
そうなると、インターネットへ接続できないので、メールのやり取りやネットサーフィンも不可能ですよね。

しかし、JAL Wi-Fiサービスを利用すれば、離着陸時を除くフライト中のインターネット接続が可能になります!
空でもインターネットに接続して快適な時間を過ごせますよ。

なお、JAL Wi-Fiを提供している企業は2社あり、国内線ではGogoが、国際線ではT-Mobileという企業が担当しています。
日本ではあまり聞き馴染みのない企業ですが、どちらも米国の株式市場、NASDAQに上場している大企業。
JAL Wi-Fiサービスの提供元として信頼がおけます。

ただ、JALは誰でもアクセスできるWi-Fiサービスなので、ほかの無料Wi-Fiと同じようにセキュリティ対策は自分でしておく必要があります。
クレジットカード情報を入力しないなど、必要最低限の注意はしておきましょう。

JAL Wi-Fi の料金は?

国内線では、JAL Wi-Fiサービスが無料で使えます。
簡単な事前準備だけで利用できるので、フライト中にネットサーフィンや動画視聴などをする方はぜひ利用しましょう。

しかし、国際線は有料です。
時間あたりで費用が発生するので、利用を検討中の方は以下の表を参考にしてください。

利用時間 ドル換算 円換算
1時間 10.15ドル 1,200
3時間 14.40ドル 1,600
24時間 18.80ドル 2,100

なお、JALカードを利用して支払うと、1~2ドル程安くなります。

国際線でも無料で使えるキャンペーンは?

JAL国際線Wi-Fiキャンペーン
JALでは、「JAL国際線Wi-Fiキャンペーン」を実施しています。
詳細は以下の通りです。

内容 「国際線機内Wi-Fiサービス」が40回分無料になる、「国際線機内Wi-Fiサービス プロモーションコード」をプレゼント
対象者 20194月以降、「JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」のステイタスを持っている方
登録期間 2019128日〜2020320
申し込み方法 JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」へ登録

「プロモーションコード」が届く

支払い画面で「プロモーションコード」を入力

無料で国際線のJAL Wi-Fiが使える

JALでは「JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」へ登録した方を対象に、国際線のWi-Fiサービスを無料で提供するキャンペーンを実施しています。
キャンペーン期間は2019年4月1日~2020年3月20日の約1年間ですが、国際線のWi-Fiサービスが無料になるのは翌年の3月までなので、早めの申し込みがおすすめ。

なお、2018年も同様のキャンペーンを実施していましたが、2019年も引き続きJAL Wi-Fiを無料で使うためには、あらためて参加登録が必要です。
すでに「JMBダイヤモンド」「JGCプレミア」カードを持っている方は、再度サービスを申し込んでおきましょう。

JAL Wi-Fiのメリット・デメリット

メリット

機内でも通信ができる

JAL Wi-Fiを利用する大きなメリットは「機内でインターネット接続ができる」ことです。
機内での通信は基本的には制限され、本来であればインターネット接続はできません。

しかし、JAL Wi-Fiを利用すれば、機内モードのままでメール通信などが利用できます。
フライト中でも家族や友人と連絡と取りあったり、眠れない時に動画を観て癒されたり、気になっていた映画を一気見したりと、フライト中にできることの幅が広がります。

スポーツ中継やニュース番組がリアルタイムで観られる

JAL Wi-Fiに接続すれば、スポーツ中継やニュース番組をリアルタイムで観られます。
野球中継を見ながら帰路の飛行機の時間を過ごしたり、旅先のニュース番組をリアルタイムで見たりも可能。

メールやSNSを使って試合結果やニュース番組に対する感想を送り合うこともでき、リラックスして過ごせます。
事前にアプリのダウンロードを行い、JAL Wi-Fiとつなぐだけで簡単に設定できるので、見逃したくないニュース番組や試合がある方にもおすすめのサービスです。

デメリット

事前にある程度の準備が必要

JAL Wi-Fiを使うためには、飛行機の搭乗前にアプリダウンロードなどの準備が必要です。
この準備を忘れてしまうと、最大限のメリットを受け取れなくなってしまいます。

ただ、準備も簡単な設定だけなので、アプリをダウンロードしたりアカウントを作成したりしたことのある方なら、難なく使えます。

接続速度はストリーミング再生ができないほど遅い

JAL Wi-Fiはフライト中の方なら誰でも利用できるので、大勢の方が一斉にアクセスします。
回線が混雑しやすいので、通信速度はそこまで速くありません。
高画質な動画を再生しようとすると途中で止まってしまうので、ネットサーフィンやメールのやり取りができる程度と考えておきましょう。

また、飛行機内では回線の混雑を防ぐため、Amazon PrimeやNetflixといった動画のストリーミングサービスの利用を制限しています。
事前に見たい動画がある方は、自宅などでダウンロードしておきましょう。

利用のための事前準備

事前準備に必要なのは?

国内線で使う場合は、搭乗前にGogoアカウントを作成しておきます。
Gogoのアカウントを作成する際に必要になるのは、名前・メールアドレス・8文字以上のパスワード・秘密の質問です。

秘密の質問は「あなたの出身地は?」「両親が出会った場所は?」「小学校の名前は?」「足所の職場がある都市は?」の4つ。
質問の答えを入力すればアカウント登録完了です。

Gogoアカウントを作った後は、パスワードを忘れないよう保管しておきましょう。

gogoアカウントの作成

利用のために事前の申請は必要?

JAL Wi-Fiを利用するために事前の申請は不要です。
搭乗後は機内モードに設定・電源を切る→電子機器利用可能のアナウンスがあった後に電源を入れるなど、機内での案内に従って行動しましょう。

また、国内線では無料で利用できますが、国際線では有料で利用することになるため、購入手続きが必要です。
アクセスポイントを選んだ後、クレジットカード情報を用いて、利用時間分の枠を購入しておきましょう。

どのタイミングから利用ができる?

JAL Wi-Fiは、離陸後5分後~着陸の5分前まで利用できます。
離着陸時には、フライトの安全確保のためにスマホ・パソコンなどの電源を切ったり機内モードにしたりしておきましょう。

なお、フライト中でも、高度が3,000フィート、約915メートル以下で、かつ飛行機が着陸態勢に入ると機内のWi-Fiサービスが利用できなくなります。
空の天候は変わりやすいので、突然インターネットが切断されて問題が発生しないよう、こまめに保存しておきましょう。

お得に利用するための方法の紹介

事前にすべきこと

国内線を利用する場合は、事前に以下の準備が必要です。

①Gogoアカウントの作成
②専用アプリのダウンロード
スマホ用:「JAL」アプリ
タブレット用:「JAL Flight Navi」アプリ

②のアプリをダウンロードする手順は、搭乗前にしておきましょう。
JAL Wi-Fiはアクセス制限がかかっており、機内ではアプリをダウンロードできません。

②のアプリがないと、スポーツ中継・ニュース番組・映画鑑賞などができなくなってしまうので要注意です。

スマホ用「JAL」アプリ(iPnone版)
スマホ用「JAL」アプリ(Android版)
タブレット用:「JAL Flight Navi」アプリ

当日、機内でのWi-Fi接続方法

搭乗後は、以下の手順でJAL Wi-Fiに接続します。

①接続する機器の機内モードをONにする
機内モードをONにする
(引用元:https://www.jal.co.jp/dom/wifi_free/index.html

②電源を切る
③利用可能とのアナウンスを聞いた後、電源を入れる
④機内モードは有効にしたまま、Wi-Fi機能のみをONにする
⑤国内線では「gogoinflight」国際線では「Japan Airlines」を選択し接続する
接続する
(引用元:https://www.jal.co.jp/dom/wifi_free/index.html

⑥国内線の場合:Gogoアカウントにログインして利用
ログインして利用
(引用元:https://www.jal.co.jp/dom/wifi_free/index.html

国際線の場合:申し込みはこちらをクリック→必要情報を記入→購入して利用

なお、離陸後の5分後から、着陸の5分前まで利用できます。

利用できるアプリは?

LINEは利用できる?

LINEはメッセージの送受信など一部機能のみ利用できます。
音声通話などの機能は利用できないので注意しましょう。

万が一音声通話ができた場合も、通信制限がかかり切れやすい状態です。
マナーも悪く周囲の方の迷惑にもなるためおすすめできません。

InstagramやTwitterは?

InstagramやTwitterなどのSNSへの投稿は問題なく行えます。
旅行の帰り道などに撮った写真や動画を通信制限を気にせずアップロードできるのは、Wi-Fi接続の大きなメリットです。

ただ、大容量の動画などをアップロードする際は回線に大きな負荷がかかり、アップロード時間も長くなるため避けましょう。

動画再生はできない

JAL Wi-Fiでは、You tubeやAmazon Primeなどの動画配信サービスが利用できません。
専用のアプリ「JAL」や「JAL Flight Navi」では動画を配信しているので、その機能を活用しましょう。

「JAL」や「JAL Flight Navi」アプリに観たい動画がない方は、事前にダウンロードしておくのがおすすめです。

JAL Wi-Fiの注意点まとめ

  • 国内線は無料・国際線は有料
  • 搭乗前にアプリをダウンロード
  • 国内線では事前にGogoアカウントを作成
  • 国内線は無料・国際線は有料

    JAL Wi-Fiは国内線で使う場合無料ですが、国際線では有料です。

    国際線での利用料金は約1,200円~約2,100円で、支払い方法にはクレジットカードしか選択できない点に注意しましょう。
    利用可能なクレジットカードは、Visa、JCBカード、アメリカン・エキスプレス、MasterCard、ダイナースクラブの5つ。

    また、JALカードを利用すれば値引きされます。
    JALカードを持っている方は積極的に利用するのがおすすめです。

    搭乗前にアプリをダウンロード

    「JAL」や「JAL Flight Navi」は飛行機内で動画サービスを利用するために必須のアプリです。
    ただ、搭乗後はダウンロードができなくなるため、事前にダウンロードしておきましょう。

    なお、専用アプリはAndroid, Appleどちらの端末でも利用できます。

    国内線では事前にGogoアカウントを作成

    国内線でJAL Wi-Fiを利用するためにはGogoアカウントを作成する必要があります。
    簡単に登録できるので、搭乗前の待ち時間など空いた時間に作成しておきましょう。

    なお、次回以降は最初に登録したGogoアカウントを使うので、パスワードを忘れないようにしましょう。

    まとめ

    JAL Wi-Fiは国内線なら無料で使える便利なWi-Fiサービスです。
    Gogoアカウントを作成し、アプリのダウンロードする2ステップを踏んでおけば、フライト中もSNSの更新・映画鑑賞・スポーツ中継の視聴などが可能。

    JALのアプリでは話題となった映画なども配信しており、フライト中もより快適に過ごせるよう工夫されています。
    フライト時間の長い方、国際線をよく使う方は、この機に「JAL国際線Wi-Fiキャンペーン」を検討するのもおすすめです。

    この記事を書いた人
    福田ありさ

    福田ありさ

    ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。