この記事のまとめ
スマホやパソコン、家電などをインターネット回線に繋ぎ便利に使うために、一人暮らしでもWi-Fiの環境は必要です。
しかし、家でWi-Fiを使う方法がいくつかあるため、お悩みの方も多いでしょう。
一人暮らしにおすすめのWi-Fiとは?
hikaritayasushi
一人暮らしでWi-Fi環境を整えるには、いくつかの方法があります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、ご自身の用途に合った方法を選ぶのが失敗しない秘訣です。
当記事では、一人暮らしで利用するWi-Fiの選び方やおすすめのWi-Fiサービスをご紹介しています。
是非参考にしてみてくださいね!

一人暮らしでWi-Fiを使う4つの方法

まずは、一人暮らしでWi-Fiを使う方法は主に4つあります。

・光回線(固定回線)を契約してWi-Fiルーターを使う
・モバイルWi-Fiを使う
・ホームルーターを使う
・ホームルーターを使う

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

光回線(固定回線)を契約してWi-Fiルーターを使う

フレッツ光などの光回線を契約することで、インターネット回線を利用できるようになります。
しかし、インターネット回線だけではWi-Fiを利用することはできません。
部屋にWi-Fiルーターを設置して電波を飛ばすことにより、スマホやパソコンからWi-Fiの利用が可能になります。

光回線の契約は、Wi-Fiを利用するための代表的な方法です。

モバイルWi-Fiを使う

モバイルWi-Fiルーターを利用することで、簡単にWi-Fi環境を整えることができます。
モバイルWi-Fiの特徴は、ルーターを持ち運べる点です。
モバイルWi-Fiルーターがあれば、部屋の中はもちろん、外出先でもスマホやパソコンをWi-Fiで繋ぐことができます。

ホームルーターを使う

ホームルーターなら、光回線よりも手軽にWi-Fiを利用できます。
ホームルーターを使う場合、光回線のような工事は必要ありません。
自宅に設置してルーターの電源を入れれば、Wi-Fiを利用できるようになります。
モバイルWi-Fiルーターと違って持ち運びには適していませんが、通信が安定しているのが特徴です。

スマホのテザリングを利用する

スマホには、他の端末をインターネットに繋げるための「テザリング」という機能があります。
テザリング機能を利用することで、スマホを介して、パソコンやタブレットをインターネットに接続できるようになります。
ただし、テザリングの利用には、利用するキャリアのオプション契約が必要になる場合が多いです。

一人暮らし用インターネット選びのポイント

次に、一人暮らし用のインターネット選びのポイントを解説します。

住む建物のインターネット状況を確認

どの方法でWi-Fiを利用するか決める前に、まずは自分の住んでいる建物のインターネット状況を確認することが大切です。
住んでいるマンションによっては、無料Wi-Fiがあったり契約できる回線が決まっていたりします。

また、契約する回線は自分では選べないことがほとんどです。
あらかじめ建物のインターネット状況を確認しておけば、回線を調べたり、検討したりする手間を省くことができます。

インターネットの用途から選ぶ

Wi-Fiを利用する方法はいくつかありますが、インターネットをどのような用途で利用するかによって、おすすめの方法は変わります。

例えば、オンラインゲームを遊ぶなら回線速度の安定している光回線が最適です。
しかし、ウェブサイトを閲覧するだけの場合は、そこまでスペックにこだわる必要はありません。

それぞれの方法のメリットとデメリットを把握したうえで、インターネットの用途を考えながら契約するサービスを検討しましょう。

あなたにはどれがおすすめ?一人暮らしWi-Fi比較

一人暮らしでWi-Fiを利用する4つの方法をご紹介しました。
それぞれの月額料金や回線速度、特徴をまとめたものが、以下の表です。

光回線+Wi-FiモバイルWi-Fiホームルータースマホのテザリング
月額料金(相場)4,000円〜6,000円3,000円〜4,000円3,000円〜4,000円約500円
回線速度最大1Gbps最大150Mbps〜1Gbps最大250Mbps〜1Gbps最大100Mbps
速度制限なしありありあり
工事ありなしなしなし
持ち運び不可不可

ここからは、それぞれのメリット・デメリットからおすすめな人をご紹介します。

光回線でWi-Fiを利用するメリット・デメリット

光回線は4つの方法の中で、最も安定した通信が可能です。
回線速度が速く、通信制限がないという特徴があります。
そのため、オンラインゲームや動画配信サービスの利用に向いています。
また、スマホとのセット割引を利用することも可能です。

一方、工事が必要な点は光回線のデメリットです。
そして、月額料金が高く、自宅内でしかWi-Fiを利用できないため、モバイルWi-Fiやテザリングに比べて、利用までの日数が多くかかってしまいます。

光回線+Wi-Fiがおすすめな人

光回線は以下のような方におすすめです。

・ オンラインゲームや動画の視聴が目的の方
・ 自宅でインターネットを利用する方
・ 工事の時間をとることができ、契約後にすぐ引っ越しなどせず継続してサービスを利用できる方

モバイルWi-Fiのメリット・デメリット

モバイルWi-Fiは外に持ち出せる点が最大のメリットです。
月額料金が安めで工事不要なので、契約のハードルが低いというポイントがあります。

モバイルWi-Fiは便利な反面、光回線ほど通信性能は高くありません。
回線速度が低めな上に速度制限もあるため、オンラインゲームや動画視聴など容量を使う通信には向いていません。

モバイルWi-Fiがおすすめな人

モバイルWi-Fiは以下のような方におすすめです。

・ 外出先でもWi-Fiを利用したい方
・ 工事ができないor面倒な方
・ インターネットをそこまで多く利用しない方

ホームルーターのメリット・デメリット

ホームルーターの性能は光回線には及びませんが、モバイルWi-Fiよりは優れています。
また、モバイルWi-Fiよりも同時接続台数が多いです。
さらに工事不要で月額料金が安めなところも、ホームルーターのメリットとなります。

しかしながら、ホームルーターは自宅用の端末なので持ち運びができません。
そして、速度制限があるサービスもあるため、注意する必要があります。

ホームルーターがおすすめな人

ホームルーターは以下のような方におすすめです。

・ 工事不要でそれなりに安定した通信が欲しい方
・ Wi-Fiルーターを持ち歩くことがない
・ オンラインゲームや動画視聴をしない方

テザリングのメリット・デメリット

テザリングのメリットは料金の安さで、他のWi-Fiサービスよりも断然月額料金が安いです。
スマホのオプションとして気軽に契約できることに加え、外でもWi-Fiを利用できます。

ただし、性能の低さには注意する必要があります。
回線速度が低めで、速度制限にも気をつけなければなりません。
このような性質から、テザリングは頻繁にインターネットを利用する方には向いていないでしょう。

通信制限に注意!スマホも低速になる

テザリングを使う場合は、通信制限に注意してください。
テザリングでデータ容量を使いすぎてしまうと、すぐに制限がかかります。
通信制限がかかるとスマホの通信も低速になるので、過度な使用は控えた方が良いでしょう。

一人暮らしのWi-FiにおすすめはWiMAX

一人暮らしでWi-Fiを利用するなら、WiMAXサービスがおすすめです。
WiMAXでは、持ち運べるモバイルルーター端末と据え置き型のホームルーター端末が提供されており、好きなものを選ぶことができます。

また、月間データ容量が無制限のギガ放題プランで契約できる点が、WiMAXの特徴です。
さらに、WiMAXの電波は他社のモバイル回線より速く、下り最大1.2Gbps出るため、高速で通信できます。

短期間で集中利用(3日間10GB以上)すると、通信制限を受けてしまうものの、月間データ容量に制限がなく、通信も速いのは大きなで魅力と言えるでしょう。

WiMAXの申し込みはBroad WiMAXがおすすめ!

WiMAXのプロバイダはいくつかありますが、その中で最もおすすめなのがBroad WiMAXです。
Broad WiMAXには以下のようなメリットがあります。

・ 月額料金が安い
・ 他社回線から乗り換えるときに違約金を負担してもらえる
・ 店頭受け取りサービスに対応している
・ 違約金が0円になるサービスがある

Broad WiMAXは月額料金が2,726円~となっており、WiMAXの中でも料金が安いです。
また、Broad WiMAXには違約金負担サービスがあります。
他社回線からBroad WiMAXに乗り換える際、違約金を負担してもらえます。

そして、店頭受け取りサービスがあるところも、Broad WiMAXの特徴です。
契約後の端末の受け取りを、自宅だけでなく店舗にすることで、最短即日で利用開始できます。

さらに、Broad WiMAXには解約をサポートしてくれるシステムがあり、Broad WiMAXを解約するときに指定された回線に乗り換えることで、違約金を最大19,000円まで負担してもれるため、解約金を0円にしたい方にはおすすめです。

このように、Broad WiMAXはメリットが多いため、一人暮らしで利用できるWi-Fiをお探しのかたは、Broad WiMAXの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。
Broad WiMAXについてさらに詳しい情報は、以下のページをご参考ください。

【口コミ・評判を調査】Broad WiMAXのメリット・デメリットは?料金や速度制限についても解説

一人暮らしにおすすめのWi-Fiまとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

・ 一人暮らしでWi-Fiを利用する方法は光回線、モバイルWi-Fi、ホームルーター、テザリングの4つ
・ 利用するサービスを選ぶ前に、建物の状況やインターネットの用途を確認する
・ 光回線は最も回線速度が安定しており、それ以外のサービスは料金が安い
・ テザリングはメリットが少ないので、メインで使うには不向き
・ 一人暮らしならWiMAXがおすすめで、特にBroad WiMAXはメリットが多い

一人暮らしで利用できるWi-Fiをお探しの方にはBroad WiMAXがおすすめです。
気になった方は是非検討してみてください。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら