光回線に申し込みしたいけど、「結局1番安いのはどこなの?」という方、多いのではないでしょうか?光回線の料金は、住居タイプやお使いのスマホなどによっても変わってくるので、一概に「ここが安い!」と言えないのが、難しいところです。

ですが、このページでは、全てのサービスの月額料金を調査し、戸建て・マンション別に最も安い光回線をご紹介しています。

また、スマホセット割やキャッシュバックを考慮した時のおすすめサービスもご紹介しているので、あなたにぴったりでお得な光回線をすぐに見つけることができます。

その他、1番お得な申し込み先や失敗しない光回線の選び方についても解説!

ややこしくて難しいイメージのある光回線選びですが、これを読めばもう怖くありません。

安くてお得な光回線に申し込みたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1番安いインターネットの選び方

まずは、光回線orモバイルルーターを決めよう

本当に安さ重視で、そこまでインターネットを利用しないのであれば、光回線よりモバイルルーターの方が月々の出費は安くなります。
ただし、モバイルルーターは、光回線に比べると速度が安定しない・3日間で10GB以上使うと、制限がかかるというようなデメリットがあるため、インターネットを快適に無制限で使いたい人は、光回線を選びましょう。

1番安いインターネットはどれ?

光回線編

まずは、1番安いインターネットはどれか?ということを状況別に見ていきましょう。
結論としては、以下のようになります。

・ドコモユーザー
→ドコモ光

・auユーザー
→auひかり(auひかりエリア外の人はビッグローブ光

・ソフトバンクユーザー
→戸建ての方:NURO光
→マンションの方:ソフトバンク光
(※NURO光エリア外の人&違約金が発生する人もソフトバンク光)

また、申し込み先によってもお得さが変わってきますので、まずはおすすめの申し込み窓口をはじめに紹介しておきます。

サービス名おすすめ窓口最大キャッシュバック額
ドコモ光GMOとくとくBB公式ページ20,000円
auひかり代理店NNコミュニケーションズ52,000円
ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ26,000円
NURO光NURO光公式ページ 45,000円
ソフトバンク光代理店エヌズカンパニー33,000円

モバイルルーター編

モバイルルーターなら、WiMAXとLTEがありますが、近年はWiMAXの方が、キャンペーンも多く、料金が安く使える傾向があります。
主要WiMAXサービスについて、料金を比較した結果は以下の通りです。

月額料金キャッシュバック3年トータル
GMOとくとくBB1~2ケ月目:3,609円

3ケ月目以降:4,263円

30,500円125,269
Broad WiMAX1~2ケ月目:2,726円
3~24ケ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
131,352円
BIGLOBE WiMAX3,980円128,280円
(ただし端末代+19,200円)
So-net WiMAX3,620円133,320円
UQ WiMAX4,380円160,008円

WiMAXサービスはどの会社の通信サービス自体は同じなので、価格で選ぶなら、GMOとくとくBBのWiMAX一択となっています。

安い光回線の選び方を詳しく解説

上では、まず結論をお伝えしましたが、ここではその根拠や選び方の詳細を説明していきます。

安さを求めるなら、スマホのセット割で選ぶのが正解

できるだけ安く光回線を利用するために欠かせないのが、スマホとのセット割です。
ドコモ・au・ソフトバンク共に家族のユーザー分だけ割引するサービスを行っているので、家族で同じ携帯会社を利用している場合は特に要チェックです。

ドコモユーザーの方

ドコモ光パック

ドコモユーザーの方はドコモ光を利用すれば、スマホとのセット割引が適用できます。
スマホ割引は、「ドコモ光パック」と呼ばれています。
ドコモのスマホ割は、1人で使っているか、家族でシェアパックを使っているかによって、割引額が変わってきます。

1端末で使っている場合シェアパック
2GB:500円
5GB:800円
20GB:1,400円
30GB:1,600円
10GB:1,200円
15GB:1,800円
50GB:2,000円
100GB:3,500円

※「1端末で使っている場合」は、ベーシックパックを契約している場合の割引額です。

ドコモ光の料金

ドコモ光の料金詳細は以下の通りです。

料金戸建て:5,200円
マンション:4,000円
契約事務手数料3,000円
工事費戸建て:18,000円
マンション:15,000円
キャッシュバックdポイント:20,000円分

15,000円キャッシュバック
(ぷらら公式ページから申し込みした場合)

キャッシュバックは、公式キャンペーンとして、dポイント20,000円分プレゼントがありますが、もっとお得に申し込みたいなら、キャッシュバックキャンペーンをやっている窓口から申し込む必要があります。

ドコモ光のキャッシュバック!1番お得な申し込み先はココ

GMOとくとくBB 20,000円キャッシュバック
おすすめは、ドコモ光GMOとくとくBBの公式ページです。
この申し込み窓口なら、20,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。(※当サイト経由限定)
この金額は、ドコモ光各申し込み先のキャッシュバックの中で最も高く、しかもオプション加入も必要ないため、かなりお得です。
ぷららなら、
・dポイント最大20,000円分プレゼント
・20,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
・訪問設定サポート無料(1回)
・セキュリティソフト無料(12ケ月)

の特典が付きます。

プロバイダに特にこだわりがない方は、ドコモ光をぷららから申し込みされることをおすすめします。

 

auユーザーの方

auスマートバリュー

auユーザーの方は提携インターネットに申し込めばauスマートバリューというスマホ割引が毎月適用できます。
auスマートバリューの詳細は以下の通りです。

2GB・3GB:934円
5GB・20GB:1,410円
30GB:2,000円

※データ定額プランの場合

auひかりの料金

auの料金は以下の通りです。スマホ割引は、スマホ代から引かれます。

戸建て1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
マンション3,800円

auひかりのキャッシュバック!1番お得な申し込み先はココ

auひかりに申し込むなら、代理店NNコミュニケーションズがおすすめです。
この代理店なら、ネットのみで45,000円、ネット+電話で52,000円のキャッシュバックがもらえます。

その他の有料オプション加入条件は全くなく、担当者からかかってくる電話で、キャッシュバックを受け取るための口座情報を伝えるだけで、必ず現金を受けとることができます。

公式サイトから申し込むよりかなりお得になるので、ぜひ活用してみてください。

auユーザー向け料金詳細

auユーザーの方は、基本的にはauひかりを選んでおけば間違いありませんが、auひかりのエリア外の場合は、BIGLOBE光などauセット割引を行っている他のサービスを選ぶことをおすすめします。

その他、地域限定のインターネットも、通常より安く、auセット割を行っている場合が多いので、該当地域にお住まいの方はこちらもチェックしてみてください。

以下のサービスはいずれもauスマートバリューが適用できる光回線です。

全国で展開しているサービス
サービス名戸建て料金マンション料金キャッシュバック工事費契約料おすすめ申込先
auひかり1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円
3,800円最大52,000円実質無料3,000円代理店NNコミュニケーションズ
ビッグローブ光4,980円3,980円最大26,000円実質無料3,000円代理店NNコミュニケーションズ
@nifty光1~2年目:4,500円
3年目以降:5,200円
1~2年目:3,400円
3年目以降:3,980円
最大25,000円戸建て:18,000円
マンション:15,000円
2,000円代理店NNコミュニケーションズ
So-net光5,580円4,480円最大45,000円実質無料3,000円代理店BIGUP
地域限定のサービス
サービス名戸建て料金マンション料金キャッシュバック工事費契約料おすすめ申込先
eo光
(近畿)
1年目:2,953円
2年目以降:4,963円
1年目:2,524円
2年目以降:3,524円
最大40,000円実質無料3,000円公式ページ
コミュファ光
(中部)
3,690円3,810円最大
86,000円
実質無料700円代理店NEXT
メガエッグ
(中国)
4,200円3,200円最大20,000円実質無料2,000円代理店NEXT
ピカラ光(四国)4,500円3,400円最大25,000円無料無料代理店NEXT
BBIQ
(九州)
1年目:3,400円
2年目以降:4,700円
1年目:4,700円
2年目以降:5,700円
最大10,000円無料無料代理店NEXT

ソフトバンクユーザーの方

おうち割

ソフトバンクのセット割引を行っている光回線サービスは、ソフトバンク光とNURO光の2つです。
また、光回線ではありませんが、ソフトバンクエアー(工事無し&無制限で使える据え置き型のホームルーター)でもソフトバンク割引を行っています。
ソフトバンクの割引は「おうち割」と呼ばれており、以下のような割引内容になっています。

5・20・50GB:1,000円
3G:500円

おうち割のあるサービスの料金詳細は以下の通りです。
安さを重視するなら、戸建ての人にはNURO光が、マンションの方にはソフトバンク光がおすすめです。
工事が面倒な方はソフトバンクエアーを選ぶのもいいでしょう。

いずれも、キャッシュバックキャンペーンが豊富なので、活用してお得に契約されることをおすすめします。

ソフトバンクユーザー向け料金詳細

サービス名戸建て料金マンション料金キャッシュバック工事費契約料おすすめ申込先
ソフトバンク光5,200円3,800円33,000円実質無料3,000円代理店エヌズカンパニー
NURO光4,743円45,000円実質無料3,000円公式ページ
ソフトバンクエアー3,800円~30,000円工事不要3,000円代理店エヌズカンパニー

NURO光のキャッシュバック!1番お得な申し込み先はココ

光回線 安い
NURO光を申し込む際は代理店ではなく、公式サイトからの申し込みが1番おすすめです。

NURO光は、たくさんの代理店が販売しており、高額キャッシュバックキャンペーンも行っていますが、そのほとんどが、有料オプションへの加入条件があったり、紹介者が必要というものです。

NURO光では、公式サイトで45,000円という高額キャッシュバックを行っているため、確実に安心して特典を受け取りたい方には、公式サイトが1番です

ソフトバンク光のキャッシュバックならエヌズカンパニー

ソフトバンク光 エヌズカンパニー
ソフトバンク光への申し込みなら、代理店のエヌズカンパニーがおすすめです。
エヌズカンパニーは、ソフトバンクからも度々表彰されている優良代理店。

キャッシュバック額も1番高額で、最大33,000円受け取ることができます。
せっかく申し込むなら、ぜひお得なキャッシュバックキャンペーンを活用してみてください。

違約金が気になる人は、違約金負担のサービスを選ぶ

光回線の選び方は、スマホのセット割引で選ぶのが基本ですが、今利用しているインターネットが契約期間中の場合は、違約金負担サービスがあるものを選ぶこともポイントとなります。
違約金負担サービスを行っている光回線は以下の通りです。

・ソフトバンク割×違約金負担があるサービス
ソフトバンク光ソフトバンクエアー

・au割×違約金負担があるサービス
auひかりeo光コミュファ光メガエッグ

ドコモ割があって、なおかつ違約金負担をしてくれるサービスは今のところ登場していません。
ドコモユーザーの方は、キャッシュバックを行っている代理店から申し込みをして、受け取ったキャッシュバックを違約金にあてるなど、工夫されることをおすすめします。

とにかく月額で比較したい方はこちら

.

ドコモ・au・ソフトバンク以外をお使いの方や、とにかく月額料金の安いサービスが知りたいという方は以下をご覧ください。

戸建てで安い光回線ランキングBEST3

1位:ソネット光(2,980円/月)

ソネット光 公式料金が2番目に安いのはソネット光です!
ソネットは家電でおなじみのソニーが提供する光回線です!

月々の料金は公式キャンペーンにより2,980円(2年間)となっています。
もちろんプロバイダもセットになって、この料金なので、他に費用がかかることはありません。

また、auユーザーの方なら、auスマホのセット割引も適用でき、毎月最大2,000円お得になります。

ソネット光の1番お得な申し込み先

ソネット光 BIGUPソネット光の1番お得な申し込み先は、BIGUPという代理店です。
最大キャッシュバック額は、公式キャンペーン30,000円+代理店キャンペーン15,000円で45,000円♪
キャッシュバック25,000円+高速無線LANルーターのコースも用意されています。

オプションもなく、簡単に受け取れるので、安心です。
ただし、BIGUPから申し込みした場合、月額料金は通常料金となりますので、キャッシュバックをもらうよりも月額を安くしたい方はSo-net光公式ページから申し込みしてください。

2位:おてがる光(4,280円/月)

おてがる光最近登場した光コラボ、「おてがる光」。
料金が安く、ずっと月額が変わらないシンプルさが魅力です。
戸建てタイプは、4,280円/月となっています。
とにかく月額料金を安くしたいという方にはおすすめです。

おてがる光の1番お得な申し込み先

おてがる光は今のところ、代理店などでの取り扱いはないようです。
申し込みは、公式サイトから行いましょう。
キャンペーンなどなしでも、月額料金が元から安いため、誰でもお得に契約できますよ♪

3位:enひかり(4,300円/月)

enひかり
知る人ぞ知る光回線、enひかり。
月額料金が安いことで、徐々に知名度が上がってきています。
このサービスは広告費を抑えることで、月額料金をできるだけ下げてサービスを提供しているようです。
戸建の月額料金は、4,300円/月。
UQ mobileユーザーなら、100円/月の割引もあるので、UQユーザーさんには特におすすめです。

enひかりの1番お得な申し込み先

enひかりについては、特に代理店でのキャッシュバックなどはなく、公式サイトからの申し込みが1番お得になっています。
キャンペーンなど利用しなくても、十分お得な光回線なので、料金プランがシンプルで安い光回線をお探しの方におすすめです。

マンションで安い光回線ランキングBEST3

1位:ソネット光(1,980円/月)

ソネット光 公式
2位には、ソネット光がランクインしました。
2年間ずっと1,980円/月で使えるというのは、嬉しいですよね。
しかも、v6プラス対応のルーターも無料で使えます!
大手プロバイダ会社というだけあって、サポート面も安心ですよ♪

ソネット光の1番お得な申し込み先

Sonet光の場合、代理店BIGUPを利用すると、高額キャッシュバックを受けることができます。
新規なら、35,000円のキャッシュバックがもらえます。

有料オプションへの加入条件なども特になく、簡単に受け取れるので、大変おすすめです。
ただし、月額料金は公式とは異なりますので、月額1,980円/月で利用したい方はSo-net光公式ページから申し込みしてくださいね。

2位:NURO光(1,900円~2,500/月)

NURO光forマンション
マンションタイプで3位にランクインしたのはNURO光です。
NURO光のマンションタイプは、1,900円~2,500円/月となっています。

ただし、同じマンション内の契約人数によって料金が変わり、4人以上の契約者がいなければ、戸建てプランでの契約となりますので、あらかじめ料金を確認しておきましょう。
条件に合えば、お得にインターネットを利用することができますよ。

NURO光forマンションの1番お得な申し込み先

NURO光には、色々な申し込み窓口がありますが、1番お得なのは公式サイトからの申し込みです。
なんと今なら、25,000円のキャッシュバックがもらえるからお得!
工事費も実質無料だから負担なく、サービスの利用を開始することができます。
NURO光のマンションプランに申し込むなら、これらのキャンペーンを活用することをおすすめします。

3位:おてがる光(3,280円/月)

おてがる光 マンション

おてがる光は、料金が安いことで知られる光コラボレーションサービス。
マンションプランは、月額3,280円で利用することができます。
しかも、料金が変わることはなく、ずっと3,280円/月でインターネットを使うことができます。
わかりやすい料金のサービスが良いという方は、特におてがる光がおすすめです。

おてがる光の1番お得な申し込み先

おてがる光を1番お得に申し込めるのは、公式サイトです。
代理店などでの取り扱いはありませんので、公式サイトで申し込んで問題ありません。

失敗しない光回線の選び方

格安スマホの人は月額、3キャリアの人は、セット割&キャッシュバックで決める

光回線を選ぶ際、3キャリアの方はセットプランにすることで月々の料金を抑えることが可能です。

割引料金は契約しているプラン、利用年数に応じて異なりますが、かなり大きな額を割引してもらえるので、ドコモ・au・ソフトバンクのスマートフォンをお持ちの方はセット割で申し込みましょう!

一方、格安スマホなど月々の料金が安いスマートフォンの多くは、このようなセット割引がありません。

そのような場合は月々の料金が安い光回線を契約しましょう。

最もお得な代理店を探す

多くの光回線サービスでは、代理店でお得なキャッシュバックキャンペーンが行われていますので、1番条件の良い代理店を探して、そこから申し込むのが、光回線をお得に契約するポイントです。

基本的には、上で紹介した代理店から申し込めば問題ありませんが、今回紹介したサービス以外に申し込む際には、代理店の比較をして、お得な窓口を探すことをおすすめします。

速度に関する口コミをリサーチする

せっかく光回線を導入しても速度が遅いと意味がありませんよね。
光回線は利用者数が多い時間帯はどうしても速度が遅くなってしまいます。

また、利用者が多いプロバイダほど速度が遅くなる傾向があります。

自分が利用しようとしている光回線の口コミを参考に、速度に関する評判はどうなのかリサーチしておきましょう。

また、最近はIPv6というサービスを利用することで、快適に利用することができるようになってきています。
IPv6を簡単に説明すると、渋滞をよけることでスムーズな通信ができるようになることです。

現在主流のIPv4は通信が多く、データが通る道が渋滞しています。
IPv6はIPv6専用の通信路を通るのでデータの渋滞が起きにくいのです。

IPv6に対応しているプロバイダで契約して、対応ルーターを使用することで誰でもIPv6での通信が可能ですので検討してみてはいかがでしょうか。

今後の料金変化をチェック

月額料金が安い!と思っても、ずっとその料金で使い続けることができるとは限りません。
例えば、安いのは1年間だけで、2年目から料金が上がってしまうということもよくあります。

キャンペーンで割引した後の料金を大きく書いている業者も多いので、注意が必要です。
申し込みする際は、事前に月額料金がどのように変化するのかも確認しておきましょう。

キャッシュバックやキャンペーンの条件を確認

キャッシュバックやキャンペーンの条件をよく確認しないとキャッシュバックを受けることができなかったり、キャンペーンが適用されなかったりというトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

キャッシュバックの条件が多すぎると、結局条件を満たすことができず、特典を受け取れないということもよくあります。

また、キャッシュバックを行っている代理店の場合、キャッシュバックは申し込みから10か月後に申請をするといったものがあります。

できるだけ、条件がシンプルで、受け取り手続きが簡単なキャンペーンを選ぶようにしましょう。

また、申請手続きなどが必要な場合は、忘れないようにカレンダーなどに記入するなどして対策をしましょう!

契約期間・違約金を確認

光回線は最低利用期間など契約期間があります。
長期の利用を約束する代わりに月々の料金を安くしますよというのが多いですね。

スマートフォンをほとんどの方が2年更新だと思いますが、2年以内に解約してしまうと解約料がかかってしまいますよね。
光回線も同じように最低利用期間というものがあります。

光回線の最低利用期間は申し込む回線によって異なりますが2~3年ほどです。
この期間内に解約すると、違約金が発生してしまいます。

また、工事費実質無料というキャンペーンがありますが、これは工事費を分割して、支払い、その同額を毎月割引して実質0円にするというものです。

この場合、分割の支払いが終わらないうちに解約してしまうと、残りの工事費が一括で請求されてしまうので注意しましょう!

そもそも料金の相場ってどれくらい?目安は?

光回線の相場は戸建てタイプで約5,000円、マンションタイプで約4,000円となっています。

そのため、戸建てで5,500円、マンションで4,500円を超えているような方は、サービスの見直しをしてみましょう。

この相場を考えると、スマートフォンとのセット割引を利用すると料金がかなり安くなるとわかりますね。

この他にもキャンペーンなどで2年間は1,000円安く利用できるというキャンペーンもありますので、活用してみてください。

まとめ

今回は料金の安い光回線について紹介しました。

光回線をなるべく安く利用するには月々の料金が安いプロバイダを利用するか、3キャリアのスマートフォンのセット割を利用することが重要です。

格安スマホを利用している方は、楽天コミュニケーションズ光やソネット光、enひかりがおすすめです。

大手3キャリアを利用している方はキャリアのセット割引を利用するといいでしょう。

また、キャンペーンやキャッシュバックなどを利用してさらにお得に利用することも可能なのでこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら