インターネットの速度が遅いと、何かと不便でイライラしてしまいますよね……。

速度が遅くて困っている方には、光回線やプロバイダの乗り換えをおすすめします。

インターネットを乗り換えれば、これまで悩んでいたことが嘘のように、サクサク通信を楽しむことができますよ。

でも、インターネット上には様々な意見があり、どの光回線が速いのかわからず、困っている人も多いかもしれません。

そこで、このページでは光回線の口コミを徹底調査し、本当に速度が速い3つサービスを厳選してご紹介しています。

また、速度が速いサービスの選び方も解説。
これをおさえておけば、もうインターネット選びで失敗することはありません。

さらに、安く申し込む3つのポイントについても解説しているので、実践すれば快適なインターネットをお得に利用することができます。

この記事が、今インターネット速度が遅くて困っている方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

速度が速いおすすめ光回線BEST3

光回線とは、インターネットという仮想空間まで続く道路のようなものだとよく例えられます。
道路が整備されていなかったり混雑していたりすると、なかなかつながりません。

そのため、多くの集合住宅などでも採用されているような知名度の高い回線の方が、実は混雑していてつながりにくいということもあります。

しかし、だからといって、混雑しなさそうな、知名度が全く無い光回線は、信頼を置いて契約出来ませんよね。
そこで今回は、速度が速いと口コミでも話題となっており、実績もある光回線をご紹介します。

NURO光

光回線 速い

月額料金 4,743円
速度最大 2Gbps
キャッシュバック 35,000円
対応可能エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

NURO光は最大通信速度2Gbpsを誇る光回線です。
一般的な光回線の速度が1Gbpsなのに比べるとその差は歴然。

大容量を必要とする音楽や映画などの動画もスムーズにダウンロード出来ます。

また、NURO光には様々な特典があります。

  • 35,000円キャッシュバック
  • 工事費無料
  • 設定サポートが無料
  • 無線LANレンタル無料

NURO光はまだ全国規模では無いため使用可能範囲に制限があるのはネックですが、そこさえクリアできればかなりおすすめできる回線です。

auひかり

光回線 速い

月額料金 戸建て:4,800円~
マンション:2,550円~
速度最大 1Gbps
キャッシュバック 最大50,000円
対応可能エリア 全国

auひかりはauユーザーの方におすすめ!
auひかりにするだけでスマホ利用料が1台当たり最大2年間も毎月2,000円割引になります。

つまり、2年間で48,000円もお得に!
家族でauひかりを使えば48,000×人数分も割引されるので、家計も大助かりです。

この月額料金にはプロバイダ料も含まれているため、別途プロバイダ料がかかる心配もありません。
プロバイダは下記から自分の好きなものを選ぶことが出来ます。

  • au one net
  • BIGLOBE
  • Asahi Net
  • @nifty
  • DTI
  • So-net

さらに、50,000円のキャッシュバックや最大30,000円の解約金還元などお得な特典満載!
auユーザーならぜひ一度は検討しておきたい光回線です。

DMM光

光回線 速い

月額料金 戸建て:3,720円~
マンション:3,780円~
速度最大 1Gbps
キャッシュバック 20,000円
対応可能エリア 全国

DMMをよく使用する方におすすめの光回線です。
直接DMMサーバーと接続する仕組みになっているので、他社の光回線と比べると約7割もダウンロード時間が短縮!

より快適に動画を観たり読書を楽しんだりすることが出来ます。

また、DMM光はv6プラスという独自の回線を使用しているので、動作の重くなりやすい夜間や休日にもスムーズに使用することが可能です。

キャッシュバックは以下の公式キャンペーンサイトから申し込めば、新規で20,000円、転用なら5,000円もらうことができます。
しかも、工事費は無料となっています。

また、DMMモバイルとセットで申し込むのが大変お得です。
DMMモバイルとセットならプロバイダ料込みで最大6か月間2,720円!
ケータイ代も最大6ケ月間毎月1,000円割引になります。

さらに、最大18,000円にもなる基本工事費は無料です!
2年使用すればその後はずっと違約金がかからないので、好きな時に乗り換えることが出来る点も魅力的です。

速度が速いプロバイダランキングBEST3

光回線がインターネットという仮想空間までの道路なら、プロバイダは料金所です。

しかし、この料金所に多くの人がつめかけると渋滞が発生し、なかなかインターネットにつなぐことが出来なくなることがあります。
これがプロバイダの遅さです。

また、厄介なのがプロバイダの速さは地域や時間によって異なるという点です。

プロバイダを選ぶ際は知名度だけでなく、自分が済んでいる地域の人の口コミや、自分が良く使う時間帯の口コミも参考にしましょう。

では、ここからは比較的速度が速いおすすめのプロバイダをご紹介します。

DTI

光回線 速い

月額料金 戸建て:951円~
マンション:680円~

プロバイダの乗り換えを考えているなら、DTIがおすすめです。
DTIは、速度の速さを評価される2017年RBB SPEED AWARDでも表彰されるほど、速度に関して実績のあるプロバイダです。

中でも人気なDTI光シンプルプランは現在引いている光回線をそのままに、プロバイダだけ乗り換えとできるいうプランです。
そのため、現在フレッツ光を使用している場合、回線工事や配線も必要もありません。

本来ならかかるはずの事務手数料・工事費用も無料になる嬉しい特典がついてきます。
自宅の中へ業者を入れたく無い人にもおすすめです。

また、プロバイダの安定性は地域や時間帯によって変わりますが、安定しているという口コミが多いようです。

さらに、新規にDTI光シンプルプランへ申し込むと、入会特典として最大3か月無料に!
WEBで簡単に申し込むことが出来るので、なかなか電話する時間が取れない人も心配がありません。

BIGLOBE

光回線 速い

月額料金 戸建て:600円~
マンション: 250円~

BIGLOBEはコストパフォーマンスの高さがとても魅力的なプロバイダです。
BIGLOBEを使用していない人やプロバイダを利用していない人は大きな割引特典を受けるチャンス!

2年間、毎月400円の割引を受けることが出来ます。

つまり、400円×24か月=9,600円!
プロバイダを乗り換えるだけで、特に何もしなくても10,000円近く得することが出来ます。

さらに、30年以上サービスを提供し続けている老舗プロバイダなので安心感は抜群。

口コミでも高評価を受けています。
セキュリティ対策などのオプションサービスが充実しているのも魅力的です。

So-net

光回線 速い

月額料金 戸建て:1,000円~
マンション: 900円~

So-netは長割が適用されるため、2年以上利用する方におすすめです。
ファミリータイプ限定ですが、2年間以上利用する場合は、200円割引が適用され、月額1,000円になります。

また、メールサービスが充実しており、メール振り分けサービス・メール転送サービス・着信拒否サービスなどがすべて無料で受けられます。

迷惑メールによって仕事を妨げられることも、詐欺被害に遭う心配も軽減されるため、メールを使用する人にとっては大変魅力的なオプションです。

さらに、メール容量は無制限!
容量が無くなったせいで大切なメールを泣く泣く消さなければならなくなってしまった…なんてこともありません。

フレッツ光だけでなく、auひかりとあわせて契約する人も多いようです。

各社の速度と料金を比較

通信速度は使用する回線によって大きく変わってきます。

どうしても通信速度が遅い場合は、まず光回線の見直しをしてみましょう。
特に長い間同じ回線を利用している場合、回線を乗り換えるだけで通信速度が大幅に上がる場合があります。

また回線を見直しているのにどうしても通信速度が遅い場合はプロバイダを見直すのがおすすめです。

プロバイダは地域や時間帯によって通信速度に差が出るため、速いと言われているものでも地域によっては遅くなる場合があります。

より速い回線に乗り換えたつもりが、より遅くなってしまったということにならないよう、公式サイトだけでなく口コミの情報もあわせて吟味するのがおすすめです。

光回線編

回線名 料金 最大速度 口コミの良さ
NURO光 戸建て:4,743円
マンション:1,900円~
2Gbps
auひかり 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
1Gbps
DMM光 戸建て:4,820円
マンション:3,780円
1Gbps
OCN光 戸建て:5,100円
マンション:3,600円
1Gbps
ソフトバンク光 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
1Gbps
ぷらら光 戸建て:4,800円
マンション:3,600円
1Gbps
ドコモ光 戸建て:5,200円~
マンション:4,000円~
1Gbps

光回線の速さでは、2Gbpsという速さを誇るNURO光が飛びぬけて人気のようです。
不安定になりがちな無線接続も、この速度を持ってすれば快適に使うことが出来ます。

さらに、NURO光は2Gbpsのほかに10Gbpsの契約を別途設けています。
このNURO光10Gbpsの場合、無線最大速度も1.3Gbpsと速いため、通常の光回線よりも快適に使うことが可能です。

しかし、NURO光のネックは使用可能エリアです。
NURO光を利用出来るのは「愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良」のみです。

NURO光10Gbpsの場合さらにエリアが絞られ、東京都内の限られた区域でしか利用出来ません。
順次エリアを拡大しているようですが、全国展開をするにはまだ時間がかかりそうです。

そうした使用可能なエリアを考慮すると、auひかりやDMM光の方が人気のようです。
これらの光回線は全国で利用することが出来ます。

また、通信速度の面ではNURO光に劣りますが、1Gbpsは光回線として平均的な値です。
よほど負荷をかける作業をしない限り、十分快適に使用出来るでしょう。

プロバイダ編

実は、プロバイダは光回線のように最大通信速度は公開されていません。
そのため、口コミを一つの通信速度の目安にして比較するのがおすすめです。

プロバイダ名 料金 口コミの良さ
DTI 戸建て:951円~
マンション:680円~
BIGLOBE 戸建て:600円~
マンション: 250円~
So-net 戸建て:1,000円~
マンション: 900円~
@nifty 戸建て:1,200円
マンション:950円
AsahiNet 戸建て:780円
マンション700円
WAKWAK 戸建て:950円
マンション:800円

口コミで人気なのはDTIやBIGLOBEなどのようです。
特に高評価なのは通信速度で、つながりにくい夜間にもスムーズにつながるという口コミが多く見られました。

また、So-netも悪評が少なく、お得に利用出来るという口コミが多いようです。
特にauひかりやNURO光とあわせてSo-netを契約する人が多く見られました。

ただ、プロバイダの通信速度は回線との相性によって左右されるところが大きく、一概にこれらが一番速いとは言い切れません。

まずは回線を選び、その回線の利用者の口コミから最適なプロバイダを選ぶのが最もおすすめです。

速度が速い光回線の選び方

安くて美味しいお店の知名度が上がるように、安くて速い光回線の知名度も上がります。
しかし、知名度の高くなった光回線の通信速度は速いとは限りません。

光回線の速さは加入者の数や独自回線を持っているかどうかによっても異なります。

光回線を選ぶ際は現在の加入者の数やこれから加入者が増えるかどうかという点にも注目して選びましょう。

また、公式サイトからの情報だけで選ぶのはあまり賢明ではありません。
実際の利用者からの口コミも参考にしながら選ぶのがおすすめです。

加入者が多すぎない

加入者が多すぎる回線は、それだけ混雑するため通信速度が遅くなりがちです。
高速道路で例えると、インターネット世界までの道路で渋滞が多発しているようなものです。

特に夜間や早朝は多くの人が回線を利用するため、まるでお盆やお正月の高速道路のような混雑状態になり、動画や画像が読み込めなくなります。

そこで、利用者の多い回線ではなく、少ない回線を使うことによって、回線の遅さから抜け出すことが可能です。

加入者の少ない抜け道、もとい回線を利用すると、スムーズにインターネットへつなげることが出来ます。

口コミが良い

口コミの良さは大変重要です。
特に自分の住んでいる地域や、使用頻度の多い時間帯などの口コミはよくチェックしておきましょう。

回線は地域差や時間差によって通信速度に差が出てきます。
公式サイトが出している最大速度だけで判断すると、後で痛い目を見ることになってしまいががちです。

Twitterなどでリアルな使用者の口コミを探すのがおすすめです。

ただ、口コミが良いものはこれから先利用者が増えて通信速度が遅くなる可能性もあるため、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

独自回線を選ぶ

フレッツ光のように全国にサービスを提供することが出来る回線は、その分多くの人が利用します。
すると比例して加入者も多くなり、通信速度も遅くなりやすいです。

しかし、回線サービスが独自で回線を持っている場合、加入者の数が限られるため比較的速くインターネットにつなぎやすくなります。

独自回線には以下のようなもがあります。

  • NURO光
  • auひかり
  • eo光
  • ピカラ光
  • コミュファ光
  • BBIQ

など

ただ、独自回線には利用可能エリアが限られるというデメリットがあるので注意が必要です。

独自回線を持っている光回線を選ぶ場合、使用可能エリアには十分注意して選びましょう。
auひかりのように、独自回線がほぼ全国に広がっている光回線サービスを選ぶのもおすすめです。

お得に申し込む3つのポイント

回線との契約は、大抵の場合短くても2年以上の長期契約になります。
月額割引やキャッシュバックなどを見逃すと、トータルして何万円も損することになりかねません。

契約する回線やプロバイダを決めたら、出来るだけお得に申しこめるようにしましょう。

特に公式サイトのみ見ている人は、一度ほかのサイトも見てみましょう。
代理店がキャッシュバックを行っていたり、乗り換え割などのキャンペーンを実施していたりする場合もあります。

代理店キャッシュバックを利用する

光回線を探していると、公式サイト以外にも代理店のサイトを発見する場合があります。

代理店があった場合、割引特典を受けられるチャンス!
必ず代理店の行っている割引キャンペーンなどをチェックしておきましょう。

多くの場合、代理店はキャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施し、新規顧客獲得に努めています。
公式サイトから申し込むよりもお得になる場合も多いため、これを逃さない手はありません。

ただ、中には悪質な代理店サイトもあるため十分注意が必要です。
正式な代理店サイトからお得なキャンペーンを利用して申し込みましょう。

違約金負担のキャンペーンを利用する

最近回線を変えたばかりで、解約すると違約金がかかってしまう…。
そんな時は違約金負担のキャンペーンを実施している回線がおすすめです!

このキャンペーンを利用すれば、違約金を支払わずに他社のより速い回線に乗り換えることが出来ます。

違約金は大抵の場合10,000円近くするため、キャンペーンで負担してもらえる違約金の金額をあらかじめ確認しておきましょう。

「違約金全額負担」「解約金全額キャッシュバック」といった言葉が記載してあるものがおすすめです。

携帯セット割を利用する

自分の利用している携帯会社が、割引対象になっている場合があります。

特にauやドコモ、ソフトバンクなどの携帯会社はそれぞれ光回線を持っており、どれも自社のスマホユーザーにとってより良い条件となるように割引特典を設けています。

例えば人気のあるauひかりは、毎月auユーザーのスマホ代が2,000円も安くなるよう設定してあります。

家族全員で同じ携帯会社と契約している場合、携帯セット割のある光回線と契約することで、予想以上に通信費が節約出来るかもしれません。

NURO光・auひかり・DMM光は速いだけじゃなく、安い

これらの3社は、2Gbpsという一般的な光回線よりも2倍も速い通信速度を持っていたり、独自の回線を持っていたりして、通信速度が速いのが魅力的です。
口コミでもこれら3社に対する評判は良く、悪評もあまり見受けられませんでした。

さらに、これらの3社はキャッシュバックキャンペーンや違約金負担、携帯とのセット割などの特典が豊富なので、コストパフォーマンスも大変良いです。

速度が速い光回線がいいけど、どれにしようか迷っているなら、この3社をまず検討してみると良いでしょう。

まとめ

光回線の最大通信速度や口コミを見ると、NURO光・auひかり・DMM光が最もおすすめできそうです。

ただ、この中のどれかから適当に選べばよいというわけではなく、それぞれの特徴を見極めて選ぶことが大切です。
利用可能エリアや携帯セット割など、それぞれの特徴を見極めて自分に最適な回線を選びましょう。

また、それぞれ使用者のリアルな口コミを調べておくことも大切です。
自分の地域で速度が遅くなりそうな時間帯が無いかなども調べておけば、より快適な光回線を選ぶことが出来ますよ。