「海外旅行や海外出張で、日本と同じように快適にネットを使いたい。」
「でも日本に帰ってからはそんなに使わないし、購入するのは高すぎる…。」

そんな方におすすめなのがWi-Fiレンタル!
今回は数多くのWi-Fiレンタルの中からグローバルWi-Fiについて徹底調査しました。

グローバルWi-Fiの口コミや評判、料金プランやキャンペーン、受け取り方法について分かりやすくご紹介します。
海外へ行く際はぜひ参考にしてみてくださいね。

グローバルWi-Fiの特徴

グローバルWi-Fiは200カ国以上で利用できるモバイルルーターのレンタルサービスです。
キャリアの国際ローミングを利用するとどうしても高額になってしまいますが、グローバルWi-Fiのモバイルルーターを利用すればよりリーズナブルにデータ通信できます。

1日あたりの定額制で安心!

グローバルWi-Fiは1日あたりの定額制です。
決まった額を支払っておけば、購入したデータ量の上限まで1日中利用できます。

それぞれの利用するデータ量に合わせて約1,000円から契約できるため無駄がありません。
国際ローミングよりもお得にさまざまなWi-Fi対応デバイスを使用できます。

全国主要空港で受け取り可能

グローバルWi-Fiは全国の主要空港に専用のカウンターを設置しています。
カウンターでは、インターネットなどで事前予約したモバイルルーターを受け取れるため出発前に受け取れて便利。
返却もこのカウンターでできるため郵送の手間がなく、より手軽に利用できます。

24時間365日の安心サポート

グローバルWi-FiではLINEなどで24時間365日サポートを行っています。
しかし、サポートになかなかつながらないのが難点。

新しいサービスのため未熟な部分がありますが、注目の集まっているサービスなだけに、今後の品質改善が期待できます。

世界200以上の国と地域に対応

グローバルWi-Fiは世界200以上の国と地域でWi-Fiサービスを提供しています。
ほとんどの主要な地域に対応しているので、海外出張や海外旅行などでよく海外へ行く方におすすめです。

グローバルWi-Fiの評判

海外出張などでよく利用されるグローバルWi-Fi。
しかし、初めて使用する場合、不安はつきものです。

価格や通信容量、現地での接続のしやすさなどの不安を解消するために、実際に利用した方の口コミを調査しました。

良い評判

料金が安く、最適プランを選択できる

例えばドコモの海外パケホーダイプランで国際ローミングを利用した場合、1日3,000円ほどかかります。
しかし、グローバルWi-Fiの場合リーズナブルなプランなら1日約1,000円で利用可能!
携帯電話をあまり使わない方や料金を抑えたい方におすすめです。

中国現地でも安心してインターネットを利用できた。

中国では、インターネットの規制により中国国内からアクセスできないサイトが数多くあります。

この場合、VPNという機能を利用することで中国国内からも日本サイトの閲覧や、Googleサービスなどを利用できます。
ただ、このVPNの設定は少々複雑で、不慣れな方には高難易度。

このような方のために、中国へ渡航される方のモバイルルーターにはVPNの設定方法が記載された説明書を同封しています。
わかりやすい説明書に沿って設定できるので安心ですね!

空港に専用の受け取りカウンターがあり、受け取りがスムーズ

グローバルWi-Fiは主要空港の出発ロビーにある専用カウンターで受け取れます。
渡航時にモバイルルーターを受け取れるため便利ですね。

また、到着ロビーには専用の返却カウンターもあります。
通常、このようなモバイルルーターは郵送での返却手続きなどが必要ですが、グローバルWi-Fiは手続き不要。
主要空港であれば受け取りも返却もカウンターでできて便利です。

ただ、主要空港でない場合は受け取りも返却も郵送になるため、利用する空港にグローバルWi-Fiのカウンターがあるか事前に確認しましょう。

悪い評判

電源が入らず利用することができなかった

グローバルWi-Fiの悪い口コミで最も多いのが「モバイルルーターの電源が入らない」というモノです。

グローバルWi-Fiは安いのが魅力ですが、中には粗悪なモノもあります。
そもそもモバイルルーター本体が入っていなかったという方もいるので、グローバルWi-Fiでモバイルルーターをレンタルした場合は必ず動作チェックを行いましょう。

ただ、注意書きにもあるように日本国内で電源を入れるのはNG。
渡航地に着いてからすぐにモバイルルーターの動作確認を行いましょう。

使用できない場合はグローバルWi-Fiに連絡して代替機を用意してもらうか、現地でモバイルルーターを新たにレンタルするのがおすすめです。

LINEのサポートの返信が遅く、不安が多かった

グローバルWi-Fiは24時間365日LINEでサポートを受けられますが、返信速度の遅さが難点です。
海外ということもあり、トラブルがあった場合はサポートに頼るしか方法はありません。

必要なときにサポートが受けられないと本末転倒ですよね。
今後改善してほしいポイントです。

グローバルWi-Fiの料金プラン

グローバルWi-Fiには「4G LTEの利用できる高速プラン」と「比較的安い3Gのプラン」の2つの料金プランがあります。
それぞれデータ量ごとに3つに分けられており、計6つのプランから自分に合ったプランを選択可能です。

ここからは4G LTEプランと3Gプランの2つに分けてご紹介します。

4G LTE プラン(通常/大容量/超大容量)

4GLTEプランは3Gプランに比べて料金は高めですが、最大150Mbpsの高速通信が利用できます。
InstagramやFacebookなどのSNSやマップを利用する場合はこちらの4GLTEプランがおすすめです。

容量料金
アメリカ通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,470円
超大容量(1日1GB)1,670円
韓国通常(1日250MB)870円
大容量(1日500MB)1,170円
超大容量(1日1GB)1,370円
台湾通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,370円
超大容量(1日1GB)1,570円
ハワイ通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,470円
超大容量(1日1GB)1,670円
グアム通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,370円
超大容量(1日1GB)設定なし
シンガポール通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,370円
超大容量(1日1GB)1,570円
イタリア通常(1日250MB)1,470円
大容量(1日500MB)1,670円
超大容量(1日1GB)1,870円
オーストラリア通常(1日250MB)1,470円
大容量(1日500MB)1,670円
超大容量(1日1GB)1,870円

3G プラン(通常/大容量/超大容量)

3Gプランは価格重視の方におすすめ。
4GLTEのプランに比べ安いのが魅力です。
ただ、通信速度が遅いためSNSなどを利用する方には向いていません。
ウェブ閲覧やメールの送受信をする場合におすすめです。

また、3Gプランの提供を終了している国がある点に要注意。
渡航先の地域が3Gプランに対応しているか事前に確認しておきましょう。

容量料金
アメリカ通常(1日250MB)4Gプランのみ
大容量(1日500MB)
超大容量(1日1GB)
韓国通常(1日250MB)4Gプランのみ
大容量(1日500MB)
超大容量(1日1GB)
台湾通常(1日250MB)870円
大容量(1日500MB)1,170円
超大容量(1日1GB)設定なし
ハワイ通常(1日250MB)4Gプランのみ
大容量(1日500MB)
超大容量(1日1GB)
グアム通常(1日250MB)4Gプランのみ
大容量(1日500MB)
超大容量(1日1GB)設定なし
シンガポール通常(1日250MB)870円
大容量(1日500MB)1,170円
超大容量(1日1GB)設定なし
イタリア通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,270円
超大容量(1日1GB)設定なし
オーストラリア通常(1日250MB)1,170円
大容量(1日500MB)1,470円
超大容量(1日1GB)設定なし

受け取りと返却方法

受け取りと返却の方法は3種類あります。
渡航先、出発空港次第では利用できない受け取り、返却方法があるので、事前に確認しましょう。

受け取りと返却場所が選べる

グローバルWi-Fiの受け取り場所は「出発空港」「渡航現地」「自宅」の3つです。
「出発空港」は出発空港の専用のカウンターで、「渡航現地」は渡航先空港の専用のカウンターで、「自宅」は郵送で自宅に到着します。

「出発空港」の場合

空港の場合、グローバルWi-Fiの専用カウンターでモバイルルーターを受け取ります。
混雑状況にもよりますが、手続きに必要な時間は約3分間です。

出発手続きを行った後だと受け取れないため、必ず出発手続き前に専用カウンターへ行きます。
帰国後に返却する際は、カウンターへ申し出るか専用の返却ボックスに入れましょう。

「自宅」の場合

受け取りと返却場所に「自宅」を選択した場合は、出発日の3日前15時までに申し込みます。(離島の方は出発日の4日前15時まで。)
ただ、配送遅延などがあった場合は受け取れないためあまりおすすめできません。

返却も、帰国したその日のうちに返送手続きを行わなければなりません。
手間がかかるため、空港で受け取れない場合以外は「出発空港」や「渡航現地」の方がおすすめです。

「渡航現地」の場合

渡航先でモバイルルーターの受け取り、返却ができる国・地域はハワイ、韓国、台湾の3つのみです。
受け取り場所は空港、グローバルWi-Fiオフィス、駅など多数あるため、あらかじめ受け取り場所を指定しておきましょう。
返却の際は、出発手続きの前に現地で返却を行います。

お得なキャンペーン情報

グローバルWi-Fiはキャンペーンを実施しています。
通常のレンタル料金よりも安く利用できるため、価格重視の方必見です。

2019年1月現在開催中のキャンペーンは「早割」、「長期割引プラン」「新春旅割」の3つ!
ここからはそれぞれのキャンペーンについてご紹介します。

早割

早めにグローバルWi-Fiを申し込むと通常料金より安く利用できるサービスです。
規定の期間内に申し込むことで割引料金が適用されます。
割引期間は利用する地域や在庫状況によって変動するため、早めの申し込みがおすすめです。

長期割引プラン

30日など長期でレンタルする場合に、通常料金よりも安く利用できるサービスです。
ただ、割引適用地域は限定されるため、渡航先が対象となっているか確認しておきましょう。
長期出張、留学等で長期間海外にいる方におすすめです。

新春旅割

新春旅割では、大容量・超大容量プランが最大300円/日OFFで申し込めるキャンペーンとなっています。
学生さんは、さらに5%OFFの特典を受けることができます。

卒業旅行などで海外に行く方はぜひ利用してみてください。
期間は2019年1月15日~2月14日となっています。

まとめ

グローバルWi-Fiは世界200以上の国と地域で利用できるモバイルルーターのレンタルサービスです。
料金プランも豊富で、自身の利用用途に合わせて適切なプランを選択できます。

24時間365日のサポート体制もあるため、トラブルが起きても安心。
海外へ行く際はぜひグローバルWi-Fiを検討してみてください。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら