ギガらくwifi

この記事のまとめ
ギガらくWi-Fiとは法人向けのWi-Fiサービスです。
万が一のトラブルもサポートが充実しています。
ギガらくWi-Fiの評判は本当に良いのでしょうか?
hikaritayasushi
あなたは今「ギガらくWi-Fiについて詳しく知りたい」と思っているのではないでしょうか。
この記事では、ギガらくWi-Fiの基本情報を詳しく記載しています。さらに注意点やメリット・デメリットも口コミ調査しました。
ギガらくWi-Fiをお得に契約するために、ぜひ参考にしてください。

ギガらくWi-Fiとは?

ギガらくWi-Fiとは
ギガらくWi-Fiは、NTT東日本が店舗やオフィス向けに提供する、法人向けのWi-Fiサービスです。

提供元はNTT東日本ですが、NTT西日本エリアでも利用は可能です。
導入から運用までプロによるサポートが付いているので、契約後はすぐに利用を開始することができます。

申し込み後は、NTTが初期設定をおこなうので契約側は面倒な設定の必要がありません。
設定が済んだWi-Fiアクセスポイント装置が郵送され、届いたら設置をするだけなので、導入しやすいサービスとなっています。

ギガらくWi-Fiの料金は?

ギガらくWi-Fiの料金
ギガらくWi-Fiの料金は「ライトプラン」「ベーシックプラン」「ハイエンドプラン 2年タイプ」「ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)」の4つのプランから選ぶことができます。

プランによって料金は異なります。では、ギガらくWi-Fiの料金プランについて見ていきましょう。

契約プラン月額利用料
ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)3,630
ハイエンドプラン 2年タイプ4,928
ベーシックプラン3,278
ライトプラン2,200

上記の4つのプランはいずれも、契約料や工事費用などの初期費用は一切必要ありません。

ギガらくWi-Fiの通信速度や繋がりやすさは?

ギガらくWi-Fiの通信速度や繋がりやすさ
ギガらくWi-FiはプランによってWi-Fiアクセスポイント装置の仕様が異なり、速度の違いもあります。
各プランの最大通信速度は以下の通りです。

Wi-Fi区間の最大通信速度
ハイエンドプラン1.3GbpsIEEE802.11acにて接続時)
ベーシックプラン1.3GbpsIEEE802.11acにて接続時)
ライトプラン867MbpsIEEE802.11acにて接続時)

上記を見ると、ハイエンドプランとベーシックプランの最大速度は同じ程度となっていることが分かります。
ライトプランは、これら2つのプランに比べると最大速度が少し遅いです。

しかし、Wi-Fiアクセスポイント装置すると、25メートル範囲以内であれば快適に利用することが可能です。
利用できるWi-Fi端末の数は50台以内です。

高速無線通信規格IEEE802.11acに対応しているので、通信キャリアのネットワークを利用した場合よりも、多くの場合、高速・低コストでのインターネット接続が可能。

つながりにくさはなく、スムーズなインターネット利用ができるでしょう。

ギガらくWi-Fiのメリット

ギガらくWi-Fiのメリット
ギガらくWi-Fiのメリットを見ていきましょう。

セキュリティ面の安全対策が充実

ギガらくWi-Fiでは安心して利用できるように、セキュリティ面の安全対策が充実しています。

  • 来訪者によるアクセスの制限がある
  • 登録した従業員だけにWi-Fiの接続を限定
  • 特定のサイトへのアクセス制限ができる
  • Wi-Fiの利用状況が分析できる

以上の4つの安全対策を行っています。
ではそれぞれの安全対策の詳細を以下の項目で説明します。

社内用と顧客用のネットワークが分けられる

社内用と顧客用のネットワークが分けられる
社内用と顧客用のネットワークが分けられることによって、来訪者は社内ネットワークには接続できないので、社内の機密情報の漏洩が防げます。

複数のSSIDの使い分けができる

複数のSSIDの使い分けができる
ギガらくWi-Fiでは複数のSSIDの使い分けができます。
SSIDとは、Wi-Fiのアクセスポイントの識別名のことです。

ベーシックプランで8個、ハイエンドプランで15個、アクセスポイントを分けることができたり、SSID別に個別のパスワード設定ができます。
これによって、来訪者向け、社内向けで分けたりする事もできるのです。

特定のサイトへのアクセスが制限できる

特定のサイトへのアクセスが制限できる
特定のサイトへのアクセスが制限できます。
あらかじめ業務に必要のないアプリケーションや、危険なアプリケーションを登録しておけば、利用を制限できます。

Wi-Fiの利用状況が分析できる

Wi-Fiの利用状況が分析できる
ハイエンドプランに申し込むと、ダッシュボード機能が利用できます。

ダッシュボード機能を利用すると、顧客の滞在時間や、訪問頻度、店舗の来訪者数などが自動で分析できます。
自動で解析されるため、手間をかけず、いつでもWi-Fiの利用状況を確認できるのです。

365日間サポートが受けられる

365日間サポートが受けられる
ギガらくWi-Fiはサポート体制が充実しています。
導入から運用までプロがサポートをしてくれます。

では、サポート内容について、見ていきましょう。

導入サポート

申し込み前、NTT東日本の営業担当者が、悩みの内容からオフィス・店舗に適した構成や機能などを提案

トラブル解決サポート

・トラブル時は、毎日9時~21時の時間帯でサポートセンターのプロが遠隔から不具合の状況を確認し対応

Wi-Fiアクセスポイント装置が故障した場合、交換用のWi-Fiアクセスポイント装置を郵送対応

ヘルプデスク代行

Wi-Fiに関するヘルプデスクとして毎日9時~21時の時間帯でサポートセンターを利用できる

・年中無休でサポートセンターのプロが対応

これら3つのサポートはプランに付随しています。
このほかに、オプションで利用できるサポートサービスもあります。
それが「訪問修理オプション」です。

訪問修理オプションは、ハイエンドプラン、ライトプランを契約していると利用できるオプションサービス。

  • 24時間年中無休で故障対応
  • 故障時は駆けつけにて機器交換

通常のサービスでは21時から朝9時まではサポートセンターが開いていませんが、オプションサービスなら、24時間で対応をしています。
さらに、Wi-Fiアクセスポイント装置が故障した場合郵送ではなく、プロが現地を訪問して対応してくれるので安心感が大きいでしょう。

ギガらくWi-Fiのデメリット

ギガらくWi-Fiのデメリット
ギガらくWi-Fiのデメリットを見ていきましょう。

契約期間内の解約は解約金が発生

プランごとに利用期間が設定されています。
では、利用期間と解約金を見ていきましょう。

最低契約期間解約金
ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)60ヵ月残月数×1,800
ハイエンドプラン 2年タイプ24ヵ月残月数×月額利用料
ベーシックプラン24ヵ月残月数×月額利用料
ライトプラン24ヵ月5000円(税抜)

上記を見てもわかるように、ハイエンドプランとベーシックプランを契約期間前に解約をすると高額な解約金が発生します。

例えば、「ハイエンド 2年契約プラン」で契約し、6ヶ月のみ利用で解約した場合、違約金は(24ヶ月-6ヶ月)×4,928円=88,704円になります。
かなり高額です。

契約期間終了後であれば、解約金は一切かかりません。
慎重に検討をしてから契約することをおすすめします。

光回線の契約が別途必要

光回線の契約が別途必要
ギガらくWi-Fiは、アクセスポイントと、法人向け付加サービスのみの提供です。
回線はセットではありません。

つまり、ギガらくWi-Fi単体だと、インターネットに接続できません。
ギガらくWi-Fiの月額料と別に、回線の契約が必要です。

Wi-Fiだけの利用なら、月額費用が割高

さきほどメリットにあげたように、セキュリティ面とサポートが充実している分、月額料金は比較的高い設定になっています。

Wi-Fiが使えるルーターをレンタルする場合は月額500円ほどで済みます。
また、Wi-Fiルーター本体を購入すれば10,000円ほどで手に入ります。
Wi-Fiだけの利用を考えているのであれば、ギガらくWi-Fiは月額料金が高いので、あまりおすすめできません。

しかし、店舗などで提供する、もしくは会社で利用するために安全なWi-Fiを契約したい場合、利用価値はあるでしょう。

ギガらくWi-Fiのユーザーからの口コミ評判

ギガらくWi-Fiのユーザーからの口コミ評判
ギガらくWi-Fiのユーザーからの口コミ評判を見ていきましょう。

良い口コミ

ギガらくWi-Fiユーザーの口コミを調査したところ、良い口コミが多くありました。
高速通信が叶う上に、サポートも充実しているので安心という声があります。

また、ギガらくWi-Fiにして通信が安定したと喜ぶ声もありました。

悪い口コミ

口コミの中には、悪い評判がありました。
勧誘の電話が何度も来るので面倒だという意見があります。

また、契約の縛りが長いことを不満に感じている人もいるようです。
しかし、Wi-Fiの速度や質に対する悪い評判は、ほとんどありませんでした。

ギガらくWi-Fiはこんな人におすすめ

ギガらくWi-Fiはこんな人におすすめ
ギガらくWi-Fiは以下のような人におすすめできるサービスです。

  • 店舗を運営しており、お客様向けのWi-Fiを用意したい方
  • 来客人数やデータ使用状況、来客頻度などのデータ収集をし、マーケティングに活かしたい方
  • フリーWi-Fiへのアクセス画面で宣伝、Facebookで宣伝したい方
  • カメラを設置し、防犯や来客人数カウントでマーケティングに活かしたい方

ギガらくWi-Fiは店舗でお客様向けWi-Fiを提供しつつ、利用者の分析ができます。

さらに、店舗でWi-Fiを利用した方のタイムラインにお店の名前が表示され、利用者の友人にも店舗をPRできます。
Facebookで宣伝できる機能を活用すれば、広告費の節約にもつながる可能性もあるでしょう。

ギガらくWi-Fiの申し込み方法と解約方法

ギガらくWi-Fiの申し込み方法と解約方法
ギガらくWi-Fiの申し込み方法と解約方法を見ていきましょう。

申し込み方法

申し込み~利用開始までの流れについて解説します。

①オフィス・店舗にあわせた提案
NTT東日本の営業担当者が直接訪問して、悩みの内容からオフィス・店舗に適した構成や機能などが提案されます。
気にいれば、申し込みをします。

②設定済みのWi-Fiアクセスポイント装置が届く
要望に基づき、NTT東日本が事前に初期設定したWi-Fiアクセスポイント装置が郵送で届きます。
既に初期設定が住んでいるため、面倒な設定は必要ありません。

③Wi-Fiアクセスポイント装置を設置
Wi-Fiアクセスポイント装置を棚や机の上に設置します。

④Wi-Fiアクセスポイント装置に電源コードとLANケーブルを挿す
電源コードをコンセントに挿し、インターネットにつながっているLANケーブルをWi-Fiアクセスポイント装置に挿せば完了です。
すぐにインターネットに接続できます。

解約方法

ギガらくWi-Fiの解約は、電話での申し込みとなります。

電話番号:0120-116-116

ギガらくWi-Fiの注意点

ギガらくWi-Fiの注意点
ギガらくWi-Fiの注意点を見ていきましょう。

プラン変更すると、最低利用期間もリセットされる

ギガらくWi-Fiをプラン変更する際には注意が必要です。
プラン変更はできるものとできないものがあります。
「ハイエンドプラン」から「ベーシックプラン」へのプラン変更はできません。

「ベーシックプラン」を12ケ月以上ご利用後は「ハイエンドプラン」へのプラン変更が可能ですですが、プラン変更をすると、最低利用期間もリセットされます。

例えば、「ベーシックプラン」を12ケ月以上ご利用後「ハイエンドプラン」に変更をすると、ベーシックプランでの利用期間はリセットに。
「ハイエンドプラン」の利用開始日から60ケ月または24ケ月が新たな最低利用期間となりますので、長く使い続けなくては損することになります。

解約時の注意点

ギガらくWi-Fiを解約する際には2つの注意点があります。

  • 解約金がアクセスポイントの台数分かかる
  • オプションサービスにも解約金が発生する

以下の項目で2つの注意点について詳しく説明します。

解約金がアクセスポイントの台数分かかる

ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)であれば60ヵ月、ハイエンドプラン (2年タイプ)の場合は24ヵ月の最低利用期間が設定されています。

この最低利用期間以前に解約をすると解約金が発生。
契約期間内の解約金は、アクセスポイントの装置1台ごとに発生します。

このようなことを理解しないまま契約をしてしまい、契約満了前に解約をすると、高額な違約金に驚くことになるでしょう。
契約に進む前にはしっかり理解しておく必要があります。

オプションサービスにも解約金が発生

ギガらくWi-Fiを解約する際にはカメラ、リモートなどのオプションサービスも、残月数分の解約金がかかります。

解約金最低利用期間
カメラ残月数×2,7502
リモート[5]残月数×2,420
[2]残月数×6,050

2/5
LAN給電[5]残月数×352
[2]残月数×880

上記のようにオプションサービスも解約金が発生するので、契約をする前には、解約をするとどの程度の解約金の支払いが必要なのかも把握しておきましょう。

ギガらくWi-FiのQ&A

ギガらくWi-FiのQ&A
ギガらくWi-FiのQ&Aを見ていきましょう。

個人契約はできる?

ギガらくWi-Fiは、個人宅向けではなく、オフィス・店舗向けのWi-Fiサービスです。
しかし、個人事業主が個人契約をすることは可能です。

契約後のクーリングオフは可能?

クーリングオフは利用できませんが、それに代わる制度として、総務省が設けたのが初期費用解除制度があります。
ギガらくWi-Fiでもこの初期費用解除制度を利用することができます。

これは、契約から8日間が経過するまでは、通信事業者の合意なく一方的に解約できる制度です。
使った使用料の支払は必要ですが、高額な違約金の支払義務はありません。

ただし、契約から8日が過ぎてしまえば、初期契約解除制度は使えないので注意しましょう。

ギガらくWi-Fiがつながらないときの問い合わせ先は?

ギガらくWi-Fiがつながらないときは、サポートセンターに問い合わせをしましょう。

■ギガらくWi-Fiサポートセンター
0120-009-070
受付時間:平日9:0018:00 (年末年始を除きます)

ギガらくWi-Fiのキャンペーン情報

公式サイトではキャンペーンは特にないですが、代理店の中には、キャッシュバックキャンペーンを行っているところもあります。
キャッシュバックの金額は代理店によって異なります。

ギガらくWi-Fiの申し込みなら代理店NEXT

ギガらくWi-Fiの申し込みなら代理店NEXT
ギガらくWi-Fiを申し込むなら、代理店NEXTがおすすめです。
代理店の中でも特に有名な会社なので、安心です。

ホームページには、料金やオプションについてわかりやすく記載されているので、契約を検討されている方は一度チェックしてみてください。

まとめ

ギガらくWi-Fiは、NTT東日本が提供する法人向けのWi-Fiサービスです。

  • セキュリティ面の安全対策が充実
  • 従業員向けと来訪者向けのWi-Fiを別々で構築できる
  • 電子看板やFacebook連動でWi-Fi利用者に向けてPRができる
  • 複数のSSIDを利用可能

上記のメリットがあるギガらくWi-Fiのアクセスポイント装置には、すでに必要な設定がされているため、契約者が自分で細かい設定をする必要はありません。

電源コードとLANケーブルを挿すだけですぐに、インターネットを利用することが出来ます。
サポートセンターによるサポートも月額料金の中に含まれているので、万が一の時も安心です。

簡単にオフィスや店舗でWi-Fiを導入できるので、ギガらくWi-Fiの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら