フレッツ光 速度
フレッツ光の速さは、快適に使えるという事で、近年多くの年齢層から支持されているフレッツ光。

でも、「安易にフレッツ光を選んで良いのかな?」
「本当に自宅や事務所で快適に利用できるの?」

と不安に感じている方も多いのでは?

今回は、そんな方のために、フレッツ光の速さを実装に利用している方々の体験レビューを検証し、メリットだけでなく、デメリットもありのままお伝えしていきます。
更に、プロバイダや回線などの不安なポイントについても徹底解説!

これを読めば、フレッツ光の速度についての疑問がスッキリ解消されるはずです。
フレッツ光が気になっているというあなたの力になれば幸いです。

フレッツ光の速さ!特徴は?

フレッツ光の速さと特徴
フレッツ光は、NTT東日本とNTT西日本が提供している光回線サービスです。

光回線なので高速でインターネット通信することができ、かつ通信が安定しているので、快適にインターネットを利用することができるのが最大の特徴。
また、申し込みは簡単に行うことができます。

フレッツ光の一番のメリットとしては、先ほどあげたように通信が速いのが大きなポイントですが、それ以外にもさまざまなサービスが充実しています。

今回は、フレッツ光の速さや特徴について一つ一つ紹介していきます。

快適にインターネット通信が使える

フレッツ光は、快適にインターネットを使うことができるサービスです。
光回線なので、通信速度が高速で、距離によって速度が左右されることがないので通信がとても安定しています。
インターネットを快適に使いたい、通信速度に左右されたくないという方には、フレッツ光はオススメのサービスとなっています。

電波関係なくネット通信が使える

フレッツ光のオススメポイントはもうひとつあります。
近くに基地局があるかないかといった環境によって、電波が弱くなってしまうサービスが少なくないなかで、フレッツ光は基地局がなく電波が弱い地域でも、安定した通信で快適にネットを使うことができます。
電波が弱い地域に住んでいる方にとっても、便利に使えるサービスとなっています。

フレッツ光の速さに関するメリット・デメリット

フレッツ光に関するメリット及びデメリットについて紹介していきます。

メリット

  • 光回線なので通信が高速
  • 光なので通信速度が安定している

デメリット

  • プロバイダによって回線が安定しないこともある
  • 通信速度が遅くなることもある

良い口コミ、メリット

フレッツ光の速度については以下のような声があがっています。

NTTが提供しているサービスなので、安心して快適にネット通信をすることができます。
なかでも、他のサービスに変更したら通信速度が遅くなってしまったという声も多かったようです。

多数のプロバイダを自由に選択・変更できる

フレッツ光はのプロバイダは契約者が自由に選ぶことができるため、数多くの選択肢があるといわれています。
そのため、もともと気に入っていたプロバイダがある方でも、以前と同じように使い続けることができます。
プロバイダにこだわりたい方にオススメです。

万が一、相性の悪いプロバイダを選んでしまったとしても、簡単にプロバイダを変更することができます。
ただし、使っているプロバイダの最低利用期間前に解約してしまうと、違約金が発生してしまうこともあるので、注意してください。

悪い口コミ.デメリット

今度は悪い口コミについて紹介します。

以前はフレッツ光の速度が早いとして、サービス使うユーザーが多かったようですが、最近では、NURO光や4G回線といった新しい通信サービスの登場により、比較するとフレッツ光の方が遅いと感じるユーザーの声が増えてきています。

VDSL方式が遅い

集合住宅でフレッツ光を使う場合、配線方法は「光配線」「VDSL」「LAN配線」の3種類があります。
VDSLを利用すれば、回線工事が早くメリットのように思えますが、そもそもこの方法は光回線方式が利用できない場合の代替方式。

そのため、光回線方式と比較すると光回線ほどの通信速度が期待できません。
ネット通信を快適に使いたい人には、あまりオススメできない配線方法となっています。

フレッツ光のプロバイダについて

フレッツ光のプロバイダについて
フレッツ光のプロバイダには、数多くの種類があります。

プロバイダによって、利用料金やサービス内容が異なります。
サービス内容をしっかり確認せず契約してしまうと、実際には不便な点があったりもしますので、料金やサービス内容は事前にしっかりと確認しましょう。

ただし、利用できるプロバイダは各地域ごとに異なります。
サービスの数も多いので迷ってしまいそうですが、フレッツ光とプロバイダをセットで申し込むならプロバイダパックがオススメです。

プロバイダパックを申し込むことで以下のようなメリットがあります。

  • WEB申込特典がついてくる
  • 回線と一緒に申し込むことができる
  • 請求がまとめられて便利

初めてフレッツ光を利用するのであれば、プロバイダパックの活用をオススメします。

フレッツ光の速度のプランは?

フレッツ光の速度のプラン
フレッツ光の速度プランに関しては、戸建て向けと集合住宅向け(4戸以上の建物)のプランがあります。

戸建て向け(東日本)

  • フレッツ 光クロス(最大10Gbps)※2020年4月1日〜
  • フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ(最大1Gbps)
  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
  • フレッツ 光ライト プラス(最大100Mbps)※利用量によって金額が変わるタイプ
  • フレッツ 光ライト ファミリータイプ(最大100Mbps)

戸建て向け(西日本)

  • ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼(最大1Gbps)

集合住宅向け(東日本)

  • フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps)※Wi-Fiあり
  • フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ(最大1Gbps)※Wi-Fiなし
  • フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)
  • フレッツ 光ライト マンションタイプ(最大100Mbps)

集合住宅向け(西日本)

  • マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

自分の住んでいる建物タイプによって加入できるプランが変わってきますので、よく確認しましょう。

戸建て向け

戸建て向け
戸建て向けのプランを紹介します。

フレッツ 光クロス(2020年4月1日〜)は、フレッツ光史上最速の通信速度になります。

大容量データのダウンロード時間にかかる時間が短縮され、短い待ち時間で楽しむことができます。
フレッツ 光ネクストには、下記のメリットがあります。

  • 光回線なので高速かつ安定で快適にインターネットができる
  • サイトや動画もストレスなくスムーズに再生ができる
  • 災害対策や復旧対応に優れたNTT回線サービス

また、下記のプランがあります。

・ギガファミリー・スマートタイプ

月額利用料:5,700円+プロバイダ利用料
※Wi-Fiの無線LANルーター付き
データ送受信:最大概ね1Gbps

・ファミリー・ギガラインプラン

月額利用料5,400円+プロバイダ利用料
データ送受信:最大概ね1Gbps

・ファミリー・ハイスピードタイプ

月額利用料5,200円+プロバイダ利用料
データ送受信:受信は最大概ね200Mbps、送信は最大概ね100Mbps

・ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

月額利用料4,730円+プロバイダ利用料
データ送受信:最大概ね1Gbps

集合住宅向け

集合住宅向け
東日本の集合住宅向けのフレッツ 光ネクストの定額プランは、ギガマンション・スマートタイプ、マンション・ギガラインタイプがあり、どちらもデータ送受信は最大概ね1Gbpsとなります。
月額利用料は、集合住宅の契約数によって異なりますので、問い合わせしてみるよよいでしょう。

西日本のマンション・スーパーハイスピードタイプ 隼も最大1Gbpsです。
こちらも契約制対数によって料金が異なります。

フレッツ光の申し込み方法

フレッツ光の申し込み方法
フレッツ光の申し込みの流れは、以下のようになっています。

  1. 提供エリアの確認
  2. 利用希望サービス・プロバイダの選択
  3. お客様情報などの入力
  4. 入力内容の確認
  5. 申し込み完了

申し込みフォーム入力は時間がそれほどかからないので、申し込み自体はすぐに完了となります。
あとはNTTより申し込み完了メールや設定に必要な書類などが届き、工事を経て、フレッツ光の利用が可能になります。

フレッツ光の速度 端末について

フレッツ光の速度 端末について
パソコンでフレッツ光を使っていても、処理速度やメモリー容量、ハードディスクのアクセススピードなどが原因で、ネット通信速度が遅くなるといった場合があります。
これに対しては、パソコンのメモリーを増設したり、ハードディスクの最適化を行うことなどで改善することができます。

また、OSによっては高速な回線向けに最適化されていないこともあるので、せっかく光回線を利用しても通信速度が上がらないといったこともあります。
その場合のOSはWindows XPなどです。
古いOSは通信速度を下げる原因になる可能性があるので、PCやOSを変える必要があります。

フレッツ光の速度 接続環境毎の速度は?

フレッツ光の速度 接続環境毎の速度
フレッツ光は接続する環境で速度が変わります。
有線LAN、無線LAN、周辺機器のファームウェアによって速度が影響するので、一つひとつ紹介していきます。

有線LAN

有線LANを使っている場合、ネットワーク機器が1000BASE-Tの規格に対応したものを使用した方が良いです。
100Mbpsを超える通信速度で利用する場合は1000BASE-Tを使うと快適に利用できます。

しかし、ネットワーク機器が10BASE-T、100BASE-TXにしか対応してないと最大通信速度が10Mbps、100Mbpsとなってしまいます。
一般的に流通しているLANケーブルの規格はカテゴリー5、カテゴリー5e、カテゴリー6、カテゴリー7の4種類となっています。

数字が大きいほど通信速度が速く、100Mbpsを超える通信速度で利用するためにはカテゴリー5e以上のケーブルを使う必要があります。

無線LAN

無線LANは普及し続けているので通信速度も上がってきています。

無線LANの中でも比較的古い規格である「IEEE802.11a」「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」だと最大通信速度が100Mbpsを下回ってしまいます。
100Mbpsを超える通信速度を利用したい場合は「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」に対応したものを用意する必要があります。

ただ「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」の機器を使っていても無線LAN機器間の距離や障害物、電波によっては速度が十分に出ないこともあります。

周辺機器のファームウェア

ルーターなどの周辺機器のファームウェアが最新状態でないと、通信速度に影響する場合があります。

ただ、周辺機器メーカーも技術の進歩とともに、セキュリティ上の問題を修復したり、性能を改善するため、ファームウェアをアップデートしています。
周辺機器のファームウェアを最新のバージョンに更新することによって、通信速度が改善されることもあります。

フレッツ光の速度の注意点は?

選んだプロバイダによっては、通信速度に影響する場合があります。
また、集合住宅向けのプランを使っている場合でも、たくさんの人がインターネットに接続する時間帯(夜など)になると、通信速度が遅くなるという場合もあります。

特にプロバイダが原因で、通信速度が遅くなってしまったという声が多いです。
プロバイダを選ぶ際は、フレッツ光が提供するプロバイダセットというサービスを申し込むことをオススメします。

フレッツ光の速度!他社プロバイダとの比較

フレッツ光の速度 他社プロバイダとの比較
事業者ごとの最大速度・料金の比較については以下のようになっています。

プロバイダ戸建て集合住宅
Softbank光最大1Gbps
(5,200円/月)
最大1Gbps
(3,800円/月)
ドコモ光最大1Gbps
(5,200円/月)
最大1Gbps
(4,000円/月)
So-net光最大1Gbps
(5,200円/月)
最大1Gbps
(4,100円/月)
auひかり最大1Gbps
(5,100円/月)
最大1Gbps
(5,000円/月)
NURO光最大2Gbps
(4,743円/月)
最大2Gbps
(4,743円/月)

プランや地域、建物タイプ、プロバイダによって料金や通信速度は異なりますので、一概な比較は難しいですが、口コミなどを参考にしながら自分にあったプランを選ぶことをおすすめします。

まとめ

フレッツ光ついて紹介しました。
フレッツ光はNTTが提供する光回線のサービスなので速度は安定しており、近くに基地局がなく電波が悪いような地域でも、安定した回線で快適にネット通信をすることができます。

また、選んだプロバイダによって、料金や速度が変わっていきますので、自分にあったプロバイダを選ぶことをおすすめします。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら