この記事のまとめ
フレッツ光は、NTTが提供する全国で利用できる光回線です。
これから新しく利用を考えている方や既存の方も料金について気になる方は多いでしょう。
あなたに合うフレッツ光のプランとは?
hikaritayasushi
フレッツ光の料金の料金プランは複雑で、適したプランを選ばなければ月額料金が高くなり、損をしてしまいます。
当記事では、フレッツ光の料金プランを徹底解説!
各プランの詳細やプロバイダ・オプション料金まで詳しく解説しています。
あなたに最適な料金プランを選んで、お得にフレッツ光を利用しましょう。

フレッツ光の料金の仕組み

フレッツ光の料金は、回線利用料金、プロバイダ利用料、オプション利用料、初期費用の4種類の料金からなります。
そのため、フレッツ光の料金は、毎月この4種類の合計額となるのです。
この中から、回線利用料はフレッツ光に、プロバイダ利用料はプロバイダにそれぞれ支払われます。

フレッツ光の回線プランは3種類

フレッツ光では複数の回線プランが提供されています。
ここからは、それぞれのプランについて詳しく解説していきます。

フレッツ光クロス

フレッツ光クロスは通信速度の速い回線プランで、上下最大10Gbps出るのが特徴です。
フレッツ光のプランの中でも最速の通信速度を誇りますが、現在のところ契約できるのは東日本限定となっています。
また、戸建てのみでマンションタイプはありません。

フレッツ光ネクスト

フレッツ光ネクストはフレッツ光の標準的なプランで、西日本でも契約が可能です。
また、戸建て・マンションの両方のタイプが用意されています。
通信速度はフレッツ光クロスに劣りますが、上下最大1Gbps出るため、速度に不満を感じることはないでしょう。

フレッツ光ライト

フレッツ光ライトは、利用した通信量によって月額利用料が変動するプランです。
クロスやネクストは月額利用料が一定ですが、ライトの場合は通信量が増えれば、料金も上乗せされていきます。

次に各プランの料金について詳しく解説していきます。

フレッツ光クロスの料金

まずは、フレッツ光クロスの料金です。

【戸建て】フレッツ光クロス

フレッツ光クロスは、前述したように戸建てのみで利用できるプランです。
料金の内訳は以下の様になっています。

月額利用料6,930円、割引利用時は5,610円(30ヵ月)
プロバイダ月額利用料2,420円~
レンタルルーター利用料550円
合計8,580円~

※東日本の場合

クロススタート割引とは?

期間限定のクロススタート割引を利用すれば、30ヶ月にわたり、月額利用料が毎月1,320円割引されます。
クロススタート割引2020年4月から行われている特典で、実施期間は開始時期によって異なります。
一定期間内に申し込みを行い、サービスの利用を開始すれば割引を受けることが可能です。

フレッツ光ネクストの料金

フレッツ光ネクストは「スマートタイプ」「ギガラインタイプ」「ハイスピードタイプ」の3つに分かれており、それぞれ月額利用料が異なります。

スマートタイプ

スマートタイプでは、WiFiルーターのレンタルが可能です。
WiFiルーターをレンタルしたい場合は、スマートタイプを選ぶと良いでしょう。

建物タイプ戸建てマンション
月額利用料6,270円3,685円
プロバイダ月額利用料550円~550円~
割引額
(ギガスマート割・にねん割)
-1,100円-330円
合計5,720円~3,905円~

※東日本の場合

ギガラインタイプ

ギガラインタイプはスマートタイプよりも、月額利用料が約300円安くなっています。
その代わり、WiFiルーターのレンタルには対応していません。

建物タイプ戸建てマンション
月額利用料5,940円3,355円
プロバイダ月額利用料550~1,320円550~1,045円
にねん割-770円-110円
合計5,720~6,490円3,795~4,290円

※東日本の場合

ハイスピードタイプ

ハイスピードタイプは、さらに月額利用料が安いのが特徴です。
ただし、通信速度はスマートタイプやギガラインタイプより遅く、下り最大200Mbpsとなっています。

建物タイプ戸建てマンション
月額利用料5,720円3,135円
プロバイダ月額利用料550円~550円~
割引額
(にねん割)
-770円-110円
合計5,500円~3,575円~

※東日本の場合

フレッツ光ネクストの割引-ギガスマート割・にねん割とは?

フレッツ光ネクストには、2種類の割引があります。

ギガスマート割

スマートタイプでは、「ギガスマート割」という割引を受けられます。
新規にスマートタイプの契約を行い、2年契約が条件の「にねん割」を申し込んだ方が、割引の対象です。
ギガスマート割を利用することで、30ヶ月にわたり月額利用料が割引されます。
割引額は戸建てが330円、集合住宅が220円です。

にねん割

フレッツ光ネクストのすべてのプランで2年契約を行えば、「にねん割」を利用することが可能です。
にねん割は24ヶ月間の間、戸建てなら770円、集合住宅なら110円、月額利用料が割引されます。

なお、更新月以外に解約した場合、戸建ての方は10,450円、集合住宅の方は1,650円の違約金を支払わなければなりませんので、注意が必要です。

フレッツ光ライトの料金

フレッツ光ライトの場合は、「フレッツ光ライトプラス」か「フレッツ光ライト」のどちらかから選択します。

フレッツ 光ライトプラス(戸建てのみ)

フレッツ光ライトプラスは、戸建ての場合しか契約できません。
フレッツ光ライトプラス仕組みは、利用するほど月額利用料が上がりますが、料金の上限額は後述するフレッツ光ライトよりも低いのが特徴です。

月額利用料4,180~6,050円
プロバイダ月額利用料550~1,320円
合計4,730~7,370円

※東日本の場合

フレッツ光ライト

フレッツ光ライトにはマンションタイプも用意されています。
ライトプラスよりも月額利用料の下限が低く、上限が高いのが特徴です。

建物タイプ戸建てマンション
月額利用料3,080~6,380円2,200~4,730円
プロバイダ月額利用料550~1,320円550~1,045円
合計3,630~7,700円2,750~5,775円

※東日本の場合

戸建てプランは選べる割引あり

新規にフレッツ光ライトのファミリータイプを契約した方は、「フレッツ光ライト もっとライトに!割引」を受けられます。
割引の対象者は、初期工事費か2年間の月額利用料、どちらかの割引を選ぶことが可能です。

【戸建て・マンション別】フレッツ光の初期費用

フレッツ光を契約した場合、契約料・工事費用がかかります。
工事費用は、月々の料金から分割で支払うか、一括で支払うことも可能です。

戸建てプランの初期費用

戸建ての場合の初期費用は以下の通りです。
なお、工事を土日祝に行うと初期工事費が3,300円追加されます。

契約料880円
初期費用19,800円(初回3,300円 + 2回目以降550円/月×30回)

※東日本の場合

マンションプランの初期費用

マンションタイプの場合、戸建てよりも初期費用が安くなります。
こちらも、土日祝に工事が行われると追加費用が発生します。

契約料880円
初期費用16,500円(初回3,300円 + 2回目以降440円/月×30回)

※東日本の場合

光クロス対応ルーターレンタルは初期費用が必要

フレッツ光クロスを契約する場合は、通信速度に対応するルーターをレンタルする必要があり、レンタル料として月額料金550円かかります。
ルーターレンタルの際は、設置や設定を依頼することが可能です。
設置・設定は自分でもできますが、正しく設置・設定できるか不安なら業者への依頼もおすすめです。
依頼した場合は以下の費用が発生します。

設置費用1,650円
設定費用1,100円

※東日本の場合

フレッツ光のプロバイダ利用料

続いて、フレッツ光のプロバイダ利用料を東日本と西日本に分けてご紹介します。
フレッツ光のプロバイダは数が多いため、ここでは人気のプロバイダをピックアップしています。

フレッツ光東日本

プロバイダ利用料は、戸建てとマンションで異なります。
東日本の場合は、以下のようになります。

 戸建てマンション
月額利用料特典月額利用料特典
OpenBit,Net0円なし0円なし
BB.excite500円24ヶ月無料500円なし
ASAHIネット780円最大12ヶ月無料700円最大12ヶ月無料
WAKWAK950円23ヶ月500円900円23ヶ月500円
DTI951円初月無料、23ヶ月半額680円初月無料、23ヶ月半額
plala1,000円クーポン1,200円分600~800円クーポン1,200円分
So-net1,000円毎月200円割引900円毎月200円割引
@nifty1,000円3ヶ月無料950円3ヶ月無料
OCN1,100円24ヶ月100円割引900円24ヶ月50円割引
hi-ho1,200円最大4ヶ月無料890円最大4ヶ月無料
BIGLOBE1,200円24ヶ月400円割引900円24ヶ月400円割引

フレッツ光西日本

西日本のプロバイダ利用料は以下の通りです。

 戸建てマンション
月額利用料特典月額利用料特典
OpenBit,Net0円なし0円なし
BB.excite500円24ヶ月253円500円なし
ASAHIネット780円最大12ヶ月無料700円最大12ヶ月無料
WAKWAK950円開通月無料、23ヶ月400円600円開通月無料、23ヶ月300円
DTI951円初月無料、23ヶ月半額680円初月無料、23ヶ月半額
plala1,000円クーポン1,200円分600~800円クーポン1,200円分
So-net1,000円毎月200円割引900円毎月200円割引
@nifty1,000円なし950円なし
OCN1,100円24ヶ月100円割引810円24ヶ月50円割引
hi-ho1,200円最大4ヶ月無料890円最大4ヶ月無料
BIGLOBE1,000円24ヶ月400円割引850円24ヶ月400円割引

フレッツ光のオプション料金

ここからは、フレッツ光で利用できるオプションとその料金について解説します。

ひかり電話

フレッツ光ではインターネットだけでなく、電話サービスのひかり電話も利用できます。
契約した場合は月額料金が発生します。

サービス名基本料金
ひかり電話500円

映像サービス

VODなどの映像サービスもオプションとして用意されています。

サービス名料金
フレッツ・テレビ月額750円
ひかりTV月額1,000円~
U-NEXT月額1,990円
Hulu月額933円
愛媛CATV&フレッツ光月額3,900円
光BOX+12,000円
モアテレビサービス4,980円

Wi-Fi・モバイルサービス

無線LANカードやモバイル通信サービス、SIMフリースマホなどのレンタルも可能です。

サービス名月額料金
ホームゲートウェイ 無線LANカード100円
光ポータブル LTE300円
フレッツ光モバイルパックLTE900円~
SIMフリースマホ1,550円×24回

サポートサービス

サービスについて疑問に思うことがあったり、セットアップの際スタッフの手を借りたくなったりした場合は、サポートサービスをご利用ください。

サービス名料金
リモートサポート月額500円
セットアップサービス2,900円~
訪問サポート6,500円~
ひかり機器保証月額200円~
24時間出張修理オプション2,000円~

セキュリティサービス

フレッツ光のセキュリティサービスは、ウイルスなどが心配な方におすすめです。

サービス名月額料金
セキュリティ機能 ライセンス・プラス190円~
セキュリティ機能 見張り番190円

その他のオプションサ―ビス

オンラインストレージ機能や通信速度に優れたv6オプションなど、他にも様々なサービスが用意されています。

サービス名料金
フレッツ・あずけ~る100円~
フレッツ・セッションプラス300円
フレッツ・v6オプション無料
ホームゲートウェイ(レンタル)250円~

フレッツ光料金シミュレーション

ここまで解説してきたように、フレッツ光の料金は月額利用料やプロバイダ利用料など、様々な要素に分かれています。
プランの種類が複雑なこともあり、契約前に正確な料金を調べるのは一苦労です。

しかし、公式の料金シミュレーションを利用すれば、お金がいくらかかるのか簡単に調べることができます。
料金シミュレーションは、ご利用エリアごとに以下のページから行ってみましょう。

・ 東日本:https://flets.com/application/sim/
・ 西日本:https://flets-w.com/new/simulation/

フレッツ光の料金徹底解説まとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

・ フレッツ光の料金は、回線利用料金、プロバイダ利用料、オプション利用料、初期費用の4つの合計
・ フレッツ光の回線プランは3種類
・ プロバイダの種類によって月額料金や特典が異なる
・ 公式の料金シミュレーションで実際にかかる料金を調べられる

フレッツ光の料金は少し複雑なので、料金シミュレーションのご利用がおすすめです。
契約の際は、自分に合った最適なプランを選びましょう。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら