フレッツ光 プロバイダ

この記事のまとめ
フレッツ光のインターネットを利用するためにプロバイダの契約は必須です。
また、フレッツ光に対応しているプロバイダは、300社以上あります。
プロバイダの選び方やおすすめとは?

hikaritayasushi
フレッツ光のプロバイダ、沢山ありすぎてどれがいいのかわからない!という方も多いのでは?
このページでは、フレッツ光のプロバイダを徹底比較し、おすすめや料金・速度の違いについて徹底解説しています。
プロバイダを変更する方法についても紹介しますので、参考にしてみてください。

フレッツ光のプロバイダで失敗しない選び方

フレッツ光のプロバイダで失敗しない選び方としては以下の3つを意識してみてください。

  • 料金の安さ
  • v6プラスの利用可否
  • 通信速度などユーザーの評判

料金はもちろん安いほうが良いですよね。
同じようなプランを利用するのであれば、極力料金は安い方が負担になりませんし、お得になります。ただし、一番安いからと言ってv6プラスの高速通信に対応していないプロバイダを選ぶと、後悔することとなりますので、v6の利用可否は事前に確認して起きましょう。

速度もプロバイダで差がありますので、注意が必要です。
あるプロバイダでは100Mbpsの通信速度で利用できるのに、他のプロバイダでは数十Mbpsしか出なかったというようなことはよくあります。
ですので、ユーザーの評判などを事前に確認し、プロバイダごとの通信速度も比較することをおすすめします。

プロバイダパックでの契約がおすすめ

プロバイダパックでの契約がおすすめ
フレッツ光の回線を契約する時は、プロバイダセットで契約することをおすすめします。
理由としては、フレッツ光とプロバイダを分けて契約するよりも料金面で断然安くなるからです。
プロバイダパックで光回線を契約すると、プロバイダパックの特典を受けることができ、通常の料金よりもお得に利用することができます。
プロバイダパック特典は契約するプロバイダによって異なりますが、ほとんどのプロバイダで料金の割引特典ですので、毎月の料金を安くすることができますよ。

主要10社プロバイダ比較!

主要10社プロバイダ比較
プロバイダは数えるときりがなく、どれを選べばよいかわかりませんよね。
こちらでは、契約者が多い主要プロバイダを10社ピックアップしました。
プロバイダ選びの参考にしてくださいね。

戸建てタイプ(東日本)で比較

戸建てプランでは以下の10社を比較しました。
こちらのプロバイダは契約者も多く、人気のプロバイダとなっていますので、万が一の際のサポートなども充実していますよ。

プロバイダ名GMOとくとくBBSo-netWAKWAKPlalaOCNhi-hoDTIBIGLOBEBB.exciteAsahiNetnifty
料金760円1,000円950円1,000円1,100円1,200円951円1,200円500円780円1,000円
プロバイダパック特典12ヶ月無料開通月無料+翌月以降11ヶ月700円で利用可能開通月無料+翌月以降23ヶ月500円で利用可能1ヶ月無料2年割開通月含む4ヶ月無料開通月無料+翌月以降23ヶ月475円で利用可能開通月無料+翌月以降36ヶ月500円で利用可能なし開通月含む12ヶ月無料+それ以降の12ヶ月間500116ヶ月無料
違約金なしSo-net長割利用時
3,000
24ヶ月/4,5002年割適用時
1,200
円~2,400
開通月無料25ヶ月/10,00025ヶ月/10,00025ヶ月/5,000
※ファミリーおとく割
+月額利用料割引利用時
利用日数に関わらず初月50012ヶ月/2,000ホームタイプ2年割プラン
3,000
v6プラス対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応
速度の評価
無料サービスギガスマートプラン利用時、Wi-Fiルーター無料レンタルセキュリティソフト、セキュリティサービス1年間無料
メールサービス
メールサービスオプションサービス1,320円分無料
メールサービス
メールサービスメールサービスリモートサポート
メールサービス
メールサービスメールサービスメールサービスメールサービス

戸建てタイプ(西日本)で比較

続いて、西日本の戸建てタイプです。
東日本の戸建てとほとんど一緒ですが、プロバイダパックの割引や違約金などが一部異なりますので、確認してみてくださいね。

プロバイダ名GMOとくとくBBSo-netWAKWAKPlalaOCNhi-hoDTIBIGLOBEBB.exciteAsahiNetnifty
料金760円1,000円950円1,000円1,100円1,200円951円1,200円500円780円1,000円
プロバイダパック特典12ヶ月無料開通月無料+翌月以降11ヶ月700円で利用可能開通月無料+翌月以降23ヶ月500円で利用可能1ヶ月無料開通月無料+12ヶ月500開通月含む4ヶ月無料開通月無料+翌月以降23ヶ月475円で利用可能開通月無料+翌月以降36ヶ月500円で利用可能なし開通月含む12ヶ月無料+それ以降の12ヶ月間500116ヶ月無料
違約金なしSo-net長割利用時
3,000
24ヶ月/4,5002年割適用時
1,200
円~2,400
開通月無料25ヶ月/10,00025ヶ月/10,00025ヶ月/5,000
※ファミリーおとく割
+月額利用料割引利用時
なし12ヶ月/2,000ホームタイプ2年割プラン
3,000
v6プラス対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応
速度の評価
無料サービスギガスマートプラン利用時、Wi-Fiルーター無料レンタル
メールサービス
セキュリティソフト、セキュリティサービス1年間無料
メールサービス
メールサービスオプションサービス1,320円分無料
メールサービス
メールサービスメールサービスリモートサポート
メールサービス
メールサービスメールサービスメールサービスメールサービス

マンションタイプ(東日本)で比較

続いて、東日本のマンションタイプを紹介します。
マンションタイプは戸建てタイプに比べ、料金が比較的安いです。

ですが、回線が共有なので通信速度が低下する場合があります。
プロバイダ選びでは速度重視することをおすすめします。

プロバイダ名GMOとくとくBBSo-netWAKWAKPlalaOCNhi-hoDTIBIGLOBEBB.exciteAsahiNetnifty
料金530円900円900円800円810円890円680円800円500円700円950円
プロバイダパック特典12ヶ月無料開通月無料+翌月以降11ヶ月600円で利用可能開通月無料+翌月以降23ヶ月500円で利用可能1ヶ月無料開通月無料+2年割開通月含む4ヶ月無料開通月無料+翌月以降23ヶ月340円で利用可能開通月無料+翌月以降36ヶ月500円で利用可能なし開通月含む12ヶ月無料+それ以降の12ヶ月間500116ヶ月無料
違約金なしSo-net長割利用時
3,000
24ヶ月/4,5002年割適用時
1,200
円~2,400
開通月無料25ヶ月/10,00025ヶ月/10,00025ヶ月/5,000利用日数に関わらず初月50012ヶ月/2,000なし
v6プラス対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応
速度の評価
無料サービスギガスマートプラン利用時、Wi-Fiルーター無料レンタル
メールサービス
セキュリティソフト、セキュリティサービス1年間無料
メールサービス
メールサービスオプションサービス1,320円分無料
メールサービス
メールサービスメールサービスリモートサポート
メールサービス
メールサービスメールサービスメールサービスメールサービス

マンションタイプ(西日本)で比較

西日本のマンションタイプのプロバイダ比較については、以下を確認してみてください。

プロバイダ名GMOとくとくBBSo-netWAKWAKPlalaOCNhi-hoDTIBIGLOBEBB.exciteAsahiNetnifty
料金760円900円900円800円900円890円680円900円500円700円950円
プロバイダパック特典12ヶ月無料開通月無料+翌月以降11ヶ月600円で利用可能開通月無料+翌月以降23ヶ月500円で利用可能1ヶ月無料開通月無料+2年割開通月含む4ヶ月無料開通月無料+翌月以降23ヶ月340円で利用可能開通月無料+翌月以降36ヶ月500円で利用可能なし開通月含む12ヶ月無料+それ以降の12ヶ月間500116ヶ月無料
違約金なしSo-net長割利用時
3,000
24ヶ月/4,5002年割適用時
1,200
円~2,400
開通月無料25ヶ月/10,00025ヶ月/10,00025ヶ月/5,000なし12ヶ月/2,000なし
v6プラス対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応対応
速度の評価
無料サービスギガスマートプラン利用時、Wi-Fiルーター無料レンタル
メールサービス
セキュリティソフト、セキュリティサービス1年間無料
メールサービス
メールサービスオプションサービス1,320円分無料
メールサービス
メールサービスメールサービスリモートサポート
メールサービス
メールサービスメールサービスメールサービスメールサービス

フレッツ光プロバイダのおすすめランキングBest3

ここまで、主要な10社を紹介しましたが、この中で特に人気の3社を紹介したいと思います。
プロバイダ選びで迷ったらこちらのプロバイダを利用すると間違いないですよ。

1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB
おすすめのプロバイダ1位はGMOとくとくBBです。
GMOとくとくBBはプロバイダの中でも料金が最安値級で特典が多く、お得に利用できるプロバイダです。

特定のプランを利用することで最新のWi-Fiルーターを無料で利用できるなど、とにかく特典に力を入れているプロバイダです。

料金東日本、西日本戸建て:760
東日本マンション:530
西日本マンション:760
無料サービスギガスマートプラン利用時、Wi-Fiルーター無料レンタル
メールサービス
v6対応対応
特典プロバイダ料金12ヶ月無料

GMOとくとくBBの口コミ・評判

GMOとくとくBBの口コミを確認してみましょう。
Twitterで実際の口コミを確認すると肯定的な意見が多かったです。

主に通信速度についての口コミが多かったです。
GMOとくとくBBを利用しているユーザーさんは皆さん通信速度に満足しているようですね。

また、Wi-Fiルーターに関する口コミもありました。
高性能なWi-Fiルーターが無料で利用できるということでとても人気のようです。
Wi-Fiルーターのスペックも高く、標準でv6プラスを利用できる機種なので通信速度の高速化に期待できますよ。

2位:nifty

nifty
おすすめのプロバイダ2位はniftyです。
niftyはプロバイダとしては老舗で割と昔からあるプロバイダです。

老舗なだけあって、通信速度は安定している印象がありますね。

料金東日本、西日本戸建て:1000
東日本、西日本マンション:950
無料サービスメールサービス
v6対応対応
特典プロバイダ料金16ヶ月無料

niftyの口コミ・評判

niftyの口コミを確認してみましょう。
老舗のプロバイダということもあって、口コミは多かったですね。

niftyはIPv4だと遅いけどIPv6にすると通信速度が速くなったという意見がありました。

通信速度は地域、時間帯などで大きく異なりますが、50Mbps以上の通信速度が出ていれば快適に利用することができますので、niftyでも安定した通信で利用することができますよ。

3位:BIGLOBE

BIGLOBE
おすすめのプロバイダ3位はBIGLOBEです。
BIGLOBEも昔からあるプロバイダの一つです。

BIGLOBEはプロバイダ料金が開通月+36ヶ月無料と3年間はプロバイダ料金無料で利用できますので、料金を安くしたい方におすすめですね。

料金東日本、西日本戸建て:1200
東日本マンション:900
西日本マンション:800
無料サービスメールサービス
v6対応対応
特典プロバイダ料金開通月+36ヶ月無料

BIGLOBEの口コミ・評判

BIGLOBEの口コミを確認してみましょう。
BIGLOBEはプロバイダ料金が割引になるということで安いという意見が多くありました。

BIGLOBEは通信速度も早く、IPv6を利用すると遅かった回線も快適に利用できますね。
口コミでもおすすめできるという意見が多くありました。

フレッツ光のプロバイダ変更方法

フレッツ光のプロバイダ変更方法
現在利用しているプロバイダの通信速度が遅い、料金が高いから乗り換えたいという方もいますよね。
でも、プロバイダの変更手続きが面倒だったり、手続方法がわからないという方もいるかと思います。

実は、プロバイダの変更手続きは簡単に行うことができることをご存知でしたか?
こちらではプロバイダの乗換方法についてステップごとに分けて紹介します。

ステップ1:新しいプロバイダを契約する

まずは新しいプロバイダを契約しましょう。
プロバイダの申込方法は、プロバイダのウェブサイトから行うことができます。
プロバイダのページに契約するというボタンがありますので、そちらをクリックし契約に進みましょう。

契約に必要なものは、クレジットカードなどの支払い方法を入力するために必要なもののみです。
支払いはプロバイダによってこいとなりますが、殆どのプロバイダの場合、クレジットカードの他に銀行引き落としでも支払いが可能です。

支払いが完了すると、メールや郵送などで接続情報などが記載された契約書が届きます。
こちらを利用して後ほど接続情報を設定するので、捨てずに保管しておいてくださいね。

ステップ2:プロバイダの解約を行う

プロバイダの解約方法はとても簡単です。
利用しているプロバイダのウェブページから解約の手続きを行う方法と、電話で解約の手続きを行う方法の2種類の解約方法がありますが、どちらも簡単に行うことができますよ。

ウェブからの場合、マイページにログインし解約のページにアクセスすることで解約することができます。
電話での解約の場合、サポート窓口に電話を行い、解約したいという旨を伝えることで解約することができます。

不安な方は電話での手続きを行うとスムーズに解約を行うことができますよ。

ステップ3:新しいプロバイダの接続情報を設定する

解約の手続きが完了したら、新しいプロバイダの接続情報を利用してルーターの設定を行いましょう。
ルーターの設定方法は、ルーターにログイン後、プロバイダのログイン情報を入力するだけでOKです。

現在販売されているルーターのほとんどは回線の自動判別機能を搭載しているので、ログイン情報などを入力しなくても設定できることがありますが、もし、ログイン情報の入力が求められた場合、契約書に記載されているログインIDとパスワードを入力しましょう。

ログイン情報を設定後、インターネットに接続することができますよ。

フレッツ光のプロバイダ変更に関する注意点

フレッツ光のプロバイダ変更に関する注意点
プロバイダを変更する場合いくつか注意点があります。
プロバイダを乗り換える前に一度、注意点を確認してから解約を行ってくださいね。

元のプロバイダを解約する際、違約金がかかる場合がある

プロバイダを解約する場合、利用期間によっては違約金が発生する場合があります。
プロバイダには光回線と同じで最低利用期間が設定されているプロバイダがあり、このようなプロバイダから乗り換える場合は一度マイページなどを確認し、プロバイダの利用期間を確認してから解約を行いましょう。

なかには最低利用期間を設定していないプロバイダもありますので、そのようなプロバイダを利用されている方は特に気にすることはありません。

メールアドレスやホームページが利用できなくなる可能性がある

プロバイダの無料サービス―メールやホームページを利用している方も多いと思います。

これらのサービスについては、プロバイダ契約に付帯しているサービスですので、プロバイダを解約してしまうとメールやホームページが利用できなくなってしまいます。
プロバイダによっては有料とはなりますが、メールアドレスやホームページを残すこともできますので、どうしても残したいという方はこちらのサービスを利用しましょう。

また、サービスを継続利用しない場合は、メールアドレスを登録しているサービスでメールアドレスを変更するなどの手続きを解約前に行っておきましょう。

解約時期に注意しなければ、空白期間ができてしまう

プロバイダは契約からすぐに利用できるものと郵便物が届くまで利用できないものがあります。後者のプロバイダを契約してしまうと、利用開始までに時間がかかってしまうため、その場合は現在しているプロバイダの解約時期を遅らせる必要があります。
1番安全な方法は郵便物が届き、契約が完了したことを確認できてから、旧プロバイダを解約することです。

フレッツ光プロバイダ変更に関するQ&A

フレッツ光プロバイダ変更に関するQ&A
フレッツ光のプロバイダ変更について、わからないことも多いかと思います。
こちらでは、フレッツ光プロバイダのよくある質問をまとめましたので、何かわからないことがあればこちらを参考にしてみてくださいね。

プロバイダの変更に手数料はかかる?

プロバイダの変更に手数料はかかります。
フレッツ光としての手数料はかかりませんが、プロバイダを契約する際初期費用として3,000円程度の料金が発生する場合があります。
こちらはプロバイダによって料金が異なりますので、契約前に確認しておくことをおすすめします。

プロバイダの変更で速度は速くなる?遅くなる可能性は?

プロバイダ変更で通信速度が変わる可能性はあります。
速くなることもあれば遅くなることもあります。

現在利用しているプロバイダの通信速度が遅ければ乗り換える価値はありますが、現在利用しているプロバイダに通信速度が速い場合、遅くなる可能性もあるというリスクについて覚えておきましょう。

プロバイダの変更で工事は必要?

プロバイダの変更に工事の必要はありません。
工事が必要なケースは、例えばフレッツ光からauひかりに乗り換えるなど、回線を提供している業者を変更する場合です。
フレッツ回線を利用している光回線同士の乗り換えでは、基本的には工事は行いませんので簡単に乗り換えることができます。

元のプロバイダのメールアドレスを残すには?

先ほども紹介した通り、元のプロバイダのメールアドレスを残すには有料でメールアドレスだけ残せるプランに契約しておきましょう。
こちらは対応しているプロバイダと対応していないプロバイダがありますが、対応しているプロバイダの場合、200円程度で会員の資格を残すことができ、メールアドレスも利用できます。

フレッツ光+プロバイダで利用するのと光コラボの違いは?

フレッツ光+プロバイダと光コラボの違いは光回線の料金にプロバイダ料金が含まれているかどうかです。
フレッツ光は光回線とプロバイダの利用料金を別で支払いますが、光コラボの場合は光回線の料金にプロバイダ料金が含まれています。

料金は比較的光コラボの方が安くなっているため、よりお得に申し込みたい方は光コラボサービスを検討してみましょう。

よりお得に利用したいなら、光コラボがおすすめ

お得に光回線を利用したいのであれば、フレッツ光よりも光コラボがおすすめです。
光コラボは最安のもので、フレッツ光よりも料金が1,000円程度安く、キャッシュバックなどもありますので、契約もお得にすることができます。

スマートフォンの料金を割引できるプロバイダもありますので、そのようなプロバイダを利用することで、光回線の料金だけではなくスマートフォンの料金も安くすることができますよ。
【光コラボ15社比較】速くてお得なおすすめサービスはコレ!失敗しない選び方とは?

まとめ

フレッツ光のプロバイダはいろいろあります。
また、プロバイダパックなどお得に利用できるサービスもありますよ。

通信速度などが遅い時も気軽にプロバイダを変更できるので速度にこだわる方はフレッツ光が安心ですよ。
各プロバイダで様々サービスやキャンペーンも開催していますので、ぜひ確認してみてくださいね。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら