「速度制限なし&使い放題」で知られている、どんなときもwifi。
良さそうに思えますが、本当にそんな条件で契約ができるのか心配になりますよね。

  • 実際に使ったら速度が遅くなることはないの?
  • 月額料金が高いんじゃないの?
  • 本当に使い放題?

こんな不安を持ってしまいます。

そこで今回はどんなときもwifiの基礎知識から口コミ、料金まで、徹底調査しました。
さらに他社と比べてお得かどうかも比較。

どんなときもwifiを契約する人が知っておきたい情報満載です。
お得&快適にwifiを使うために、ぜひ参考にしてみてください。

どんなときもwifiの特徴 ・メリット

どんなときもWi-Fiはクレジットカード支払い以外にも口座振替に対応していたり、データ通信量無制限だったりと、利用者が利用しやすいデータ通信サービスを提供している点が特徴です。
以下、詳しく解説していきます。

データ容量無制限

どんなときもWi-Fiはデータ量が無制限なので、どれだけ通信しても通信速度が低下することはありません。

WiMAXやキャリアのモバイルルーターは3日で10GBや月間7GBを利用すると通信速度が低下する場合がありますが、どんなときもWi-Fiはこのような制限もありませんので、音楽ストリーミングサービスやYouTubeなどの動画サービスも思う存分利用することができますよ。

ただし、大容量のファイルのダウンロードや常時通信を利用するサービスなど通信帯域を多く利用するサービスを長時間利用すると通信帯域の公平性のために通信速度が低下する場合がありますので、注意してくださいね。

トリプルキャリア対応

どんな時もWi-Fiはトリプルキャリアに対応しています。
トリプルキャリア対応というのはドコモ、au、ソフトバンクすべてのキャリアの電波を使ってインターネットを利用できるということです。

3つのキャリアの電波から最適なキャリアの電波を利用することで、一番つながりやすいキャリアの電波へ接続します。
こちらの機能はほかのモバイルルーターにはない機能で、どんな時もWi-Fiのみの機能となっています。

地方などに出張などに行く方は、よりつながりやすい電波を利用することができますので、とてもおすすめです。

2年間定額の料金プラン

どんなときもWi-Fiは2年間同じ料金で利用することができます。
口座振替とクレジットカード支払いで月々の料金は多少異なりますが、2年間はどちらも料金が変わることなく、ずっと3,480円/月で利用することができますよ。

端末代金無料

どんなときもWi-Fiで利用する端末はレンタル品ですので、自前で端末を用意する必要がありません。
WiMAXなども端末代金0円のプロバイダは良いですが、端末代金のかかるプロバイダを利用すると月々の料金が高くなったり、初期費用が発生してしまいます。

その点、どんなときもWi-Fiであればモバイルルーターはレンタル品ですので、破損や紛失などしない限り、無料で利用することができますよ。
端末は、解約時に返却すればOKです。

海外利用もOK

どんなときもWi-Fiは海外でも利用することができます。

海外で利用する場合は月ごとの料金ではなく、1日ごとの料金が発生します。
料金は1日当たり、1,300円(アフリカなどは1,900円)ほどかかります。

利用できるデータ量は1日あたり1GBで1GBを利用後は少し速度が遅くなります。(384Kbps)

384Kbpsの通信速度は動画再生や音楽再生は少々厳しいですが、軽いウェブ閲覧やIP電話、メッセージアプリは快適に利用することができますよ。

海外で利用できる専用のモバイルルーターの場合、データ量も1GBで1日当たり、500円のものも多くあります。
海外利用に限って言えば、他社のモバイルルーターの方がお得になります。

ただし、海外に行く前に新たに契約などの手間が増えたりするのが面倒な方はどんなときもWi-Fiを海外に持っていきましょう。

すぐに利用できる

どんなときもWi-Fiは契約から利用までの期間がとても短いです。
申込み後、発送は最短当日に行いますので、最短で申込から翌日に到着します。

口座振替の方、法人の申込みの方は本人確認が有りますが、確認が取れ次第の発送となります。
本人確認がある場合も、最短で当日に発送されますので、他社のモバイルルーターよりも早く利用することができますよ。

クレジットカードor口座振替で支払いできる

どんなときもWi-Fiの支払いは、クレジットカード・口座振替から選択できます。

支払方法によって、月々の料金が少々異なり、クレジットカードの方が月々500円お得になりますが、口座振替でも契約することができますので、クレジットカードを持っていない方でも利用することができますよ。

どんなときもwifiのデメリット

ここからは、どんなときもWi-Fiのデメリットを紹介します。
どんなときもWi-Fiは メリットも多く、様々な人におすすめできるモバイルルーターですが、デメリットもあります。

デメリットも確認して、あなたにとってどんなときもWi-Fiが向いているか確認しましょう。

2年間の契約縛り

どんなときもWi-Fiは2年間の契約縛りがあります。こちらはキャリアのモバイルルーターなども同じですが、契約から2年以内に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。
また、2年契約ということで、2年利用後、1ヶ月の更新期間を挟み、次の月から契約が更新されますので、更新後に解約してしまっても違約金が発生してしまいます。

違約金が発生せずに解約できるタイミングが2年に1回と少ないですので、解約する場合はタイミングを間違えないようにしましょう。

WiMAXより通信速度が遅い

どんなときもWi-Fiの通信速度は最大150Mbpsとなっています。
それに比べ、WiMAXの最大通信速度は1.2Gbpsと8倍の通信速度でデータ通信が可能です。

ただし、口コミを調査した結果、それほど速度に困っている人はいないようです。
最大通信速度が150Mbpsであれば実測20Mbpsほどの通信速度なので、普段利用する分には特に困ることはありません。

ただし、ファイルのダウンロード、高画質動画の再生には多少時間がかかる場合がありますので、このような使い方をする人は注意してください。

どんなときもwifiでは、端末も1種類しか提供していませんので、今後高速通信対応の端末もレンタルできるようにしてもらいたいですね。

口座振替とクレジットカード支払いで料金の差がある

クレジットカード支払いの月々の料金は3,480円、口座振替の場合、クレジットカード支払いに比べ割引額が半分になりますので、月々3,960円となります。

また、こちらの料金に200円の口座振替手数料がかかりますので、合計で月々4,160円の料金がかかります。
クレジットカード支払いに比べ、月々700円ほど高くなってしまいますので、口座振替で申し込もうと思っている方は注意してください。

どんなときもwifiの料金について

分かりやすい定額制

1~24ケ月目 25ヶ月目以降
クレジットカード払い 3,480円 3,980円
口座振替払い 3,980円 4,410円

※上はキャンペーン割引適用後の料金です。

どんなときもWi-Fiはクレジットカード支払い、口座振替にかかわらず、定額料金となっています。
ですが、割引額が異なるため、クレジットカードと口座振替では月々の料金が異なりますので、注意して下さい。

また、海外で利用した場合は1日ごとの利用料金が加算されますので、注意してください。
その他、2年目以降は月々の料金が高くなってしまいますので、注意してください。

どんなときもWi-Fiは2年契約のモバイルルーターで、2年間はキャンペーンで料金が割引されます。
2年目以降はこちらの割引がなくなり、料金が高くなる仕組みになっています。

クレジットカード払いがお得

クレジットカードでのお支払いの場合は、2年間月々の料金から930円割引されます。
この割引が適用され、月々3,480円で利用することができます。

2年後は割引額が減額され、430円になります。2年目以降はこの430円の割引ができようされ、3,980円で利用することができますよ。

口座振替の場合

口座振替の場合、クレジットカードとは 割引額が異なり、430円の割引額となります。
クレジットカードでは割引額が960円なので、割引額はクレジットの方が高いです。

こちらの割引は2年間適用され、2年後は割引がなくなりますので、通常料金となります。

2年以降もクレジットカードの場合は430円割引がありますが、口座振替の割引は終了してしまいますので月々の料金が高くなってしまいます。
また、口座振替の場合、振替手数料として毎月200円の料金が発生しますので、単純計算でクレジットカードよりも月々700円ほど高くなってしまいます。

ですので、なるべくクレジットカードで支払いすることで月々の負担額を減らすことができますよ。

法人での契約の場合は、口座振替、クレジットカード支払い問わず2年間930円の割引を受けることができますので、法人の方はどちらの契約でも大幅な割引を受けることができます。
ですが、口座振替手数料は発生しますので、注意しましょう。

契約時や解約時にかかる料金

契約時や解約時にかかる料金を紹介します。
どんなときもWi-Fiはスマートフォンやモバイルルーターの契約と同じように、契約時に初期費用で事務手数料などが発生します。

こちらでは契約時にかかる料金を紹介します。

事務手数料 3,000円
端末代金 無料
契約解除料 12ケ月目まで:19,000円
13~24ケ月目:14,000円
25ケ月目:0円
26ケ月目以降:9,500円

事務手数料

どんなときもWi-Fiの事務手数料は3,000円です。
こちらはクレジットカード契約、口座振替にかかわらず発生します。

端末代金

端末代金についてですが、どんなときもWi-Fiが提供するモバイルルーターはレンタル品となっており、端末を購入する必要がありません。
ですので、端末代金は0円となっています。

契約解除料

どんなときもWi-Fiは先程紹介したように、2年間の契約期間があります。
2年以内に解約してしまうと違約金が発生してしまいますので注意してください。

違約金は契約から12ヶ月目までに解約すると19,000円の違約金、13~24ヶ月目までに解約すると、14,000円の違約金、2年以降の契約更新月以外の解約には9,500円の違約金がそれぞれ発生しますので、解約の際は違約金がいくらかかるか確認してから解約しましょう。

どんなときもwifiの口コミ

どんなときもWi-Fiの口コミを紹介します。どんなときもWi-Fiはデータ通信量無制限で月々の料金も他社のモバイルルーターと同じような料金ですので、人気が高いですね。
ここで、実際の利用者の口コミを確認してみましょう。

良い口コミ

良い口コミのポイント

  • 郊外でも電波の受信状態がよく、安心
  • 月々の料金が他社のモバイルルーターとさほど変わらないのに、データ通信無制限で動画サービスなどガンガン利用しても速度制限がかからなかった
  • 1日あたりの利用料金は高いけど海外でも利用することができるので、別でモバイルルーターを契約する必要がない

どんなときもWi-Fiは3キャリアの中から出先でも安定してインターネットに接続できている人が多いようです。

料金についてですが、WiMAXなどと同一の料金で3日間10GBなどの制限がありませんので、動画サービスなどを多く利用する方はWiMAXよりもおすすめできます。
WiMAXとほとんど同じ料金にもかかわらず、データ通信無制限はとても大きいですね。

悪い口コミ

続いて 悪い口コミを紹介します。悪い口コミにはこのようなものがありました。

悪い口コミのポイント

  • WiMAXと比べると通信速度が遅い
  • モバイルルーターの種類をもっと増やしてほしい
  • モバイルルーターの最大接続台数が少なく、複数人で利用できない

このような口コミがありました。
WiMAXとの通信速度の差ですが、WiMAXが最大通信速度1.2Gbpsであるのに比べ、どんなときもWi-Fiは最大通信速度が150Mbpsと大きな差があります。

WiMAXは実測で100Mbpsの通信速度が出ますが、どんなときもWi-Fiの実測は20Mbps程です。
20Mbpsでも十分高速な部類に入りますが、ファイルのダウンロードや高画質動画の再生などでは遅いと感じる場面のあるかと思います。

また、どんなときもWi-Fiが提供しているモバイルルーターの最大接続台数は5台となっています。
家族で使いたい方や複数端末を繋ぎたい人にとって、最大接続台数が5台だと心もとないですね。

複数端末で使いたい方は他のサービスを検討してみてください。

他社との比較

ここまで、どんなときも特徴や料金を紹介してきましたが他社と比較してデータ容量、速度などにどのような違いがあるのでしょうか。
どんなときもWi-Fiと他社のモバイルルーターを表などにまとめましたので比較してみましょう。

どんなときもWi-Fi WiMAX ポケットWi-Fi
データ容量 無制限 無制限
(3日で10GBの通信制限あり)
7GB
(オプションで特定エリア使い放題)
(3日で10GBの通信速度あり)
通信速度 150Mbps 1.2Gbps 972Mbps
通信に使われるネットワーク ドコモ、au、ソフトバンク au、WiMAX2+ ソフトバンク
月額料金 3,480円 最安3,600円 4,500円
海外使用の可否 ×
端末返却の有無

表にして比較してみていかがでしょうか。

どんなときもWi-Fiは通信速度が他に比べ遅いような気もしますが、料金、データ通信量など他社よりも優れている点が数多くあります。
何よりも月間の通信量制限と3日間10GBの制限がないのが嬉しいポイントですね。

通信速度面では、WiMAXと他社ポケットWi-Fiが優位ですが、ウェブ閲覧などの利用がほとんどであれば通信速度の違いはほとんど感じないレベルなので、そのような使い方をする方にはどんなときもWi-Fiがおすすめですね。

どんなときもwifiの端末U2sについて

U2s
レンタルできる端末ですが、2019年5月現在は1種類となっています。
カラーも2種類のみと機種が選べませんがこちらには理由があります。

どんなときもWi-FiはSIMカードを利用せずに、クラウドSIMという技術を利用しています。
このクラウドSIMという技術ですが最新の技術であるため、対応している端末が少ないのです。

今後、クラウドSIMに対応した端末が増えていくと端末も選べるようになると思いますよ。

キャンペーン情報は?

上でも説明しましたが、現在期間限定で割引キャンペーンを行っています。

クレジットカードなら、通常料金から930円割引、口座振替なら430円の割引となっています。
こちらは期間限定のキャンペーンなので、お得なうちに申し込みしてくださいね。

まとめ

どんなときもWi-Fiは月々の料金も比較的安く、トリプルキャリア対応なのでインターネットにつながらないということはほとんどないモバイルルーターです。

月間の通信量制限も3日間10GB制限もない、めずらしいサービスなので、速度制限に悩まされている方はぜひ検討してみてください。

コメントを残す

CAPTCHA