ドコモ光 So-net
ドコモ光をSo-netのプロバイダで利用したいという方は多いようです。
しかし、2019年7月1日に、So-netはドコモ光の新規受付を終了しています。

そうなると、「どこのプロバイダで契約すればいいの?」と迷ってしまいますよね。
そこで、このページではドコモ光のプロバイダについて徹底調査し、1番優秀なプロバイダを紹介しています。

また、So-netはドコモ光の事業をぷららに譲渡していますので、その詳細についても解説します。
ドコモ光の契約やプロバイダの変更を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドコモ光×So-netの受付は2019年6月で終了

ドコモ光×So-netの受付は2019年6月で終了
ドコモ光のプロバイダの中でも人気があったSo-netは、2019年の6月に新規の契約を打ち切りました。

そもそもなぜSo-netに人気があったのかというと、大きく分けて2つ理由があります。

  • キャッシュバックがもらえる
  • Wi-Fiルーターが無料でレンタル可能

これらに加えて月額料金に関しても、ドコモ光の中でも安いプランであるタイプAに属していました。
もちろん大手プロバイダのため、v6プラスといわれる高速通信にも対応済みです。

ではなぜSo-netは新規契約を終わらせたのか?
それはSo-netがドコモ光の事業を、ぷららに譲渡したからです。

ぷららへの事業譲渡について

ぷららへの事業譲渡について
So-netがドコモ光の事業をぷららに譲渡した理由については、公式で発表はありませんでした。
経営的に厳しかったのかもしれませんね。

それより、現在So-netでドコモ光を利用している方は、何をするべきか気になりますよね?
実は、何か特別に手続きが必要というわけではありません。

  • インターネット接続
  • メールの送受信 など

これらのサービスは今まで通り使える、とSo-netの公式サイトで紹介されていました。

ただし、契約サービス名が今までとは変更になります。
プロバイダがぷららに変更になるため、契約サービス名が「plala(Sコース)」となります。

中には、この機会に別のプロバイダに契約し直したいという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、以下のような手続きが必要です。

  1. So-netのサポートデスクに連絡
  2. NTTドコモで費用3,000円を支払う
  3. プロバイダを変更する

この3ステップで、プロバイダを変更します。
ちなみに、万が一、こちらの手続きができていなかった場合は、次のような流れになるでしょう。

  1. 「So-net forドコモ光」を解約
  2. プロバイダなしの「単独タイプ」に変更
  3. 事務手数料3,000円が発生
  4. プロバイダを変更する

以上のように、少々手間が増えてしまう可能性があるので、ぷらら以外のプロバイダをご自身で契約し直す場合は注意しましょう。

So-net→ぷららに変わったユーザーの声

プロバイダがSo-netからぷららに変われば、どのような影響が出るのか、実際のユーザーの声が気になりますよね。
そこで、Twitterの口コミを集めてみました。

So-netからぷららになったら通信速度がアップした

So-netからぷららになったら通信速度がアップした

そもそもぷららは、通信業界最大手であるNTTが運営するプロバイダです。
それが原因なのか、通信速度が2倍以上になったという声が見られました。

利用者の数や通信環境によって、通信速度は変わるので、事業譲渡によって通信速度がアップした方はラッキーですね。

長年So-netユーザーだったから切なくなった

So-netは、Sonyが運営するプロバイダです。
そのため一定数ファンがいたので、今回の譲渡に関しては、ショックが大きい方も多かったようです。
愛着があって、切なくなるのもわかりますね。

事業譲渡の連絡が遅かった人もいた

So-netからぷららの譲渡は、2019年7月1日に行われました。
ところがこの口コミを見てみると、封書が届いたのが8月だったという方もいました。

この場合ですといつの間にか、So-netからぷららにプロバイダが変更された状態ですね。
さすがに何も知らされずにプロバイダが変更されていたら、不満が募るのもわかります。
どちらも大手ですが、あまりよくない対応でしたね。

ドコモ光のプロバイダ比較!おすすめはコレ

ドコモ光のプロバイダ比較
So-netがドコモ光の事業をぷららに譲渡したことで、このタイミングで他のプロバイダに変更しようと思った方もいるでしょう。
そこでドコモ光で使えるプロバイダを、次の表にまとめてみました。

  オプションの充実度 キャッシュバック サポート 通信速度 無料レンタルルーター
ドコモねっと 有料
ぷらら 15,000 初回無料 v6プラス対応
GMOとくとくBB 15,000 有料 v6プラス対応
nifty 15,000 初回無料 v6プラス対応
DTI 10,000 初回無料 v6プラス対応
BIGLOBE 初回無料 11ac対応
ANDLINE 不明
SIS 初回無料  
タイガーネットドットコム 初回無料
エディオンネット 有料
BB Excite × 有料
ハイホー 初回無料 11ac対応
スピーディア 有料 v6プラス対応
Ic-net 初回無料 11ac対応
Synapse 初回無料
楽天ブロードバンド × 初回無料
ネスク
チキチキ 有料
01光コアラ × 有料
OCN 初回無料 v6プラス対応
T COM × 有料 不明
TNC × 有料
アサヒネット ×
WAKWAK × 有料
@ちゃんぷるネット × 12ヶ月無料  

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、以下の3点に注意しましょう。

  • 通信速度
  • 無料レンタルルーター
  • キャッシュバック

プロバイダによって通信環境が大きく変わってしまいますが、最も重視したいのが通信速度ですよね?
これには安定したプロバイダを選ぶのが無難です。

また、通信が速くなるルーターをレンタルできるプロバイダを選ぶと、さらにインターネットが使いやすくなります。

さらにキャッシュバックまであると嬉しいですよね。

これらを比較してみた結果、1番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

1番おすすめはGMOとくとくBB

1番おすすめはGMOとくとくBB
上の表から、ドコモ光のプロバイダの中で、GMOとくとくBB のキャッシュバックの金額が最も高いのがわかりますよね?

それだけでもお得ですが、それ加えて通信速度が安定しやすいのもポイントです。
高速通信のv6プラスに対応しているだけでなく、v6プラスに対応した最新Wi-Fiルーターを無料でレンタルできてしまいます。

口コミを見てもいい評判が多く、安心して使えるでしょう。
ドコモ光のプロバイダ選びで迷っている人は、GMOとくとくBBを利用してみてください。

ぷらら以外に乗り換える方法は?

ぷらら以外に乗り換える方法は?
So-netがドコモ光の事業をぷららに譲渡したことで、このタイミングで他のプロバイダに変更しようと思った方もいるでしょう。
そこで光回線はドコモ光のままで、プロバイダだけを変更する方法を紹介します。

ちなみに、ぷらら以外のプロバイダに変更する場合は、事務手数料として3,000円が発生するので注意しましょう。

プロバイダを変更するために準備するもの

ドコモ光のプロバイダを変更する場合は、以下のものを予め用意しておきましょう。

  • ドコモの携帯を持っている人 :ネットワーク暗証番号
  • ドコモの携帯を持っていない人:ドコモ光の契約ID

電話で連絡orドコモショップに行く

準備ができたら、電話もしくはドコモショップに来店してプロバイダを変更します。

電話でプロバイダを変更する場合は、ドコモ インフォメーションセンターに電話してください。

ドコモの携帯電話からの場合 ・(局番なし)151(無料)
・年中無休 受付時間:午前9時~午後8
一般電話などからの場合 ・0120-800-000
・年中無休 受付時間:午前9時~午後8

※引用:お問い合わせ | お客様サポート | NTTドコモより

どちらも受付時間が決まっているので、注意しましょう。

電話が面倒なら、自分の家から近いドコモショップに行って、プロバイダを変更できます。
混む場合があるので、電話で予約しておくのがおすすめです。
その場合は、営業時間を確認してから行きましょう。

プロバイダの変更を申し込んだら書面が来る

電話もしくはドコモショップでは、最初に用意したネットワーク暗証番号や、契約IDを伝えましょう。
これで変更の申し込みが完了です。

これだけでぷらら以外のプロバイダに変更できるのが、ドコモ光のメリットでもあります。

そして申し込み後に確認の書類が送られてくるはずです。
インターネットに接続するためのマニュアルなども含まれ、のちに必要な書類なので、無くさないようにしてください。

ドコモ光×So-netの特徴

ドコモ光×So-netの特徴
ドコモ光の中でも、お得で使いやすかったプロバイダがSo-netでした。

キャッシュバックのキャンペーンをしているプロバイダであり、しかも条件が簡単で評判がよかったからです。

また通信速度に関しても、v6プラスという次世代規格にも対応済み。
高速通信ができるのも、So-netの魅力でした。

さらに、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできたので、契約後も満足している方が多かっただけに残念ですね。

ドコモ光×So-netの料金は1番安いタイプA

ドコモ光×So-netについて、上記で簡単にご紹介しましたが、もっと詳しく見てみましょう。

そもそもドコモ光には、4つの料金コースがあり、So-netはその中で1番安いプランで契約できました。

  戸建て マンション
タイプA 5,200 4,000
タイプB 5,400 4,200
タイプC 5,200 4,000
単独タイプ 5,000+プロバイダ料金 3,800+プロバイダ料金

So-netはこのプランの中で、タイプAに属していました。

ちなみにタイプCも同じ料金ですが、So-netのタイプAと何が違うのでしょう。

実は、このプランはケーブルテレビを契約した方のための料金です。
つまり上記の料金にケーブルテレビの利用料金が加わるので、トータルでタイプAが1番安くなります。

さらにSo-netには、独自でお得になるキャンペーンが用意されていました。

キャッシュバックキャンペーンがある

So-netにはドコモ光の中で、最も高額である15,000円ももらえるキャッシュバックが用意されていました。

キャッシュバックといっても、難しい条件は用意されていません。
有料のオプションに加入する必要もなく、家族や友人を紹介する必要もありませんでした。

つまりドコモ光とSo-netを契約するだけで、15,000円ももらえるわけです。

もともとドコモ光の中でも、キャッシュバックをしているプロバイダが少なかったので。So-netを契約したという方は多かったでしょう。

ルーター無料レンタルがある

ルーター無料レンタルがある
インターネットに接続するためには、Wi-Fiルーターを購入しないといけません。
ところが、So-netでドコモ光を利用する場合には、このルーターを無料でレンタルできました。

メーカー・機種 NEC Aterm WG1200HP3
通信規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
転送速度 2.4GHz300Mbps

5GHz:最大867Mbps

V6プラス対応 対応済み

v6プラスに対応している

v6プラスに対応している
このスペックを見る限り、それなりに高性能なルーターなのがわかるでしょう。
通信速度が安定しやすくなるだけでなく、これを無料でレンタルしてくれるのは大変魅力的ですよね。

ドコモ光のSo-netは通信が安定しやすい、v6プラスに対応していました。

ちなみに今の回線では、IPv4という規格を使っているのですが、たくさんの人が通信をすると混雑して通信速度が遅くなってしまいます。
すると通信技術が改善され、より高速なものへと発達していきました。
そこでIPv4とは別の通信規格である、IPv6というものができたわけです。
混雑が抑えられるので、いつ接続しても通信速度が落ちません。

この規格に対応できているSo-netは、ストレスなくインターネットができると、評判だったわけです。

セキュリティのカスペルスキーが24ケ月無料

カスペルスキーが24ケ月無料
インターネットを利用していると、誰でもウイルスなどの脅威が不安になりますよね?
そこでSo-netでは、カスペルスキーといわれるセキュリティソフトが、24ヶ月間も無料で使えるキャンペーンをしていました。

ただのセキュリティソフトではなく、スマホとパソコン両方で利用できるのが特徴です。
ちなみに24ヶ月間無料期間が終わっても、月額500円で利用し続けられるのでお得であると評判がよかったサービスでした。

ドコモ光×So-netの速度は?

ドコモ光とSo-netの組み合わせは、上記で見てきた限りでは、通信速度にも満足できそうですよね

では実際にドコモ光とSo-netを使っていたユーザーは、速度に関してどう感じていたのでしょうか?
Twitterの口コミを見てみると、意外に両極端な声が多かったです。

通信速度が遅くなりにくいv6プラスに対応していて、ルーターも無料でレンタルできるため、通信速度がアップしたという声が多くありました。

ところがその一方で、通信速度が遅くなったという声もあります。

通信が遅くなってしまう理由には、Wi-Fiルーターがv6プラスに対応できていない可能性が考えられます。
未対応のルーターを使っていると、従来どおりIPv4のままの通信です。
つまり混雑しやすい時間帯に通信をしていると、速度が遅くなってしまうでしょう。

So-netとドコモ光は知名度があるだけでなく、評判のいい組み合わせだったため、利用者が多くいました。
これだけでも、通信速度に満足できているユーザーが多くいたことが分かります。

まとめ

ドコモ光のプロバイダであるSo-netは、v6プラス対応の通信速度が安定しやすいサービスでした。

ところが2019年7月1日に、ぷららに事業譲渡してしまったので、今では新規で契約ができません。
しかもSo-netでドコモ光を利用していた方は、ぷららに強制的に乗り換えさせられてしまいました。

そこで通信速度が遅いと感じている方には、GMOとくとくBBをおすすめします!
お得なキャンペーンも実施していますし、評判のいいプロバイダなので、ストレスなくドコモ光を利用できますよ。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。