この記事のまとめ
ドコモ光の回線は同じでも、プロバイダを変えることで速度が安定したり、料金が少し安くなるなどのメリットがあります。
プロバイダ変更の手順は難しくありません。しかし、変更する前に知っておくべきポイントがいくつかあります。
ドコモ光のプロバイダ変更で注意点とは?
hikaritayasushi
ドコモ光のプロバイダは、簡単に変更できます。
当ページでは、ドコモ光のプロバイダ変更について徹底解説しています。
また、プロバイダ変更にかかる費用や注意するポイント、おすすめプロバイダもご紹介。
ドコモ光のプロバイダ変更をお考えの方は、失敗しないために是非当記事を参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

まずは、ドコモ光のプロバイダ変更の手順を、順を追って解説していきます。

変更手続きのために用意するもの

プロバイダ変更の手続きには、ネットワーク暗証番号を用意する必要があります。
ネットワーク暗唱番号とは、ドコモ光の契約時にご自身で設定した4桁の数字です。

また、ドコモの携帯電話を利用していなかったり、ペア回線の設定をしていなかったりした場合は、契約IDも用意してください。
これらの情報を担当者に伝えて本人確認をしながら、手続きを進めていきます。
プロバイダ変更の流れは以下の通りです。

①電話orドコモショップでプロバイダの変更申し込み

準備が整ったらインフォメーションセンターに電話をかけるかドコモショップへ行き、プロバイダ変更の申し込みを行います。

電話での申し込み方法

ドコモインフォメーションセンターに電話をかければ、申し込み手続きができます。
電話番号は以下の通りです。

■ドコモインフォメーションセンター

電話番号:0120-800-000

受付時間:9時~20時

電話では、プロバイダを変更したい旨を伝えれば、オペレーターが手続きを進めてくれるので、難しいことはありません。

ドコモショップでの手続き

全国のドコモショップでも手続きが可能です。
お近くのドコモショップの場所に関しては、ドコモ公式サイトで検索できます。

ドコモショップでも、プロバイダ変更の旨を伝えれば、スタッフの方が手続きを進めてくれます。

②申し込み書類を確認

プロバイダ変更の申し込みをすると、後日申し込み内容について記載された書類が送られてきます。
プロバイダ変更のやり方に関する書類が含まれているため、しっかりと内容を確認しましょう。

また、実際に機器の設定をする段階で、この書類が必要になります。
書類を紛失してしまわないように注意しましょう。

③プロバイダ切り替え・接続設定

プロバイダが切り替わる日は、前もって知らせてもらえます。
切り替え後に設定作業を行うことで、プロバイダの変更が完了します。

プロバイダ切り替えの際に必要となるのが、機器の設定です。
パソコンなどを使ってルーターやホームゲートウェイの設定画面に入り、新しく利用するプロバイダのIDとパスワードを入力してください。

作業のやり方は、申し込み手続きの後に届いた書類にも詳しく書かれています。
ルーターの設定を終えた後にインターネットを利用できることが確認できれば、プロバイダ変更は完了です。

プロバイダ変更だけなら工事不要

回線そのものを変更する場合は工事が必要になることもありますが、プロバイダ変更だけなら工事は不要です。
当然工事費も請求されないため、ご安心ください。

④WiFiルーターをレンタルしていた場合は返却

プロバイダを変更する場合、前のプロバイダからレンタルしていたWiFiルーターは返却しなければなりません。
手続きをする際は、WiFiルーターの返却も忘れないようにしましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更にかかる費用

ここからは、ドコモ光のプロバイダ変更にかかる費用について説明します。

3,000円の事務手数料がかかる

プロバイダ変更するときに請求される事務手数料は、3,000円(税抜)です。
ただし、手続きのパターンによっては事務手数料が無料になることもあります。

ドコモ光の契約プランは、タイプA、タイプB、単独プランの3種類に分かれています。
タイプA、タイプBは回線とプロバイダがセットになったプラン。
タイプA・Bによって選べるプロバイダは異なり、Aの方が料金は安くなっています。
単独プランは、プロバイダが一緒になっていないドコモ光単体のプランです。

プロバイダを変更するとタイプも変わることがありますが、このタイプ変更のパターン次第では事務手数料の支払いを回避できます。

事務手数料の支払いが必要かどうかを、手続きパターン別に表にまとめているので、ご確認ください。

手続きパターン事務手数料
同一タイプのプロバイダに変更
(タイプA→タイプA、タイプB→タイプB)
3,000円(税抜)
別のタイプのプロバイダに変更
(タイプA→タイプB、タイプB→タイプA)
3,000円(税抜)
単独プランからタイプAまたはタイプBに変更無料
タイプAまたはタイプBから単独プランに変更3,000円(税抜)

損しないために!ドコモ光プロバイダ変更の注意点

ドコモ光のプロバイダを変更するときは、以下の点にご注意ください。

違約金がかかる可能性がある

プロバイダ変更の際、前のプロバイダから違約金を請求されることがあります。
違約金が発生するのは、前のプロバイダの最低契約期間を満了せずに、新しいプロバイダに変更した場合です。
ドコモ光のプロバイダは違約金がかからないことが多いですが、プロバイダを変更する前に念のため違約金について確認しておきましょう。

別途解約手続きが必要なプロバイダ・オプションがある

場合によっては、プロバイダや有料オプションの解約手続きが別途必要になります。

解約が必要なプロバイダ

通常は電話かドコモショップで申し込みをすれば、前のプロバイダの解約は自動的に行われます。
しかし、契約していたプロバイダによっては、プロバイダ変更の申し込み後に改めて解約手続きをしなければなりません。

別途解約が必要なプロバイダは、以下の3つです。

・ hi-ho:ちょこっとコース
・ TikiTiki:メールアドレスコース
・ andline:無料プラン

これらのプロバイダと契約していた場合は、各プロバイダの規定に従って解約をしてください。

解約が必要な有料オプション

プロバイダのサービスの中には、有料のオプションもあります。
この有料オプションの解約手続きが別途必要になるケースもあるため、ご注意ください。

以下のプロバイダの有料オプションを利用していた場合、改めてオプションの解約を行いましょう。

・ DTI
・ @nifty
・ エディオンネット

変更前プロバイダのメールアドレスが使えなくなる

変更前のプロバイダのメールアドレスは、別途手続きを行わないと使えなくなってしまいます。
プロバイダ変更の申し込みをする前に、メールアドレスが使えなくなっても大丈夫かどうか確認しておきましょう。

また、プロバイダによっては、月額数百円の料金を支払うことで、メールアドレスを残すことができます。
メールアドレスが必要なら、継続利用の申請を行ってください。

タイミング次第でインターネットが使えない期間が出てくる

プロバイダ変更のタイミングによっては、インターネットを使えない期間が出てきます。
別途解約が必要なプロバイダと契約していた場合は、特にこの点に注意したいです。

契約中のプロバイダを解約すると、新しいプロバイダに切り替わるまではインターネットを利用できません。
解約が早すぎると、プロバイダ変更が完了するまで、インターネットを利用できない期間が続いてしまいます。

そのため、いつ新しいプロバイダに切り替わるのかをよく確認してから、契約中のプロバイダに解約申請をする必要があります。
インターネットを使えなくなると困るという方は、プロバイダ変更が済んでから解約手続きをしましょう。

プロバイダが決まってないなら!おすすめはGMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダ変更を検討しているものの、どこのプロバイダにしようか決めかねている方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、GMOとくとくBBというプロバイダです。

GMOとくとくBBには様々なメリットがあります。
GMOとくとくBBではIPv6通信を利用できるので、快適な通信を実現可能です。
また、高性能WiFiルーターを無料でレンタルでき、速度を最大限まで引き出すことができます!
その他、セキュリティソフトの1年間の利用を無料で行えるなど、GMOとくとくBBには多くの特典が用意されています。

プロバイダの選択で迷っている方は、特典豊富なGMOとくとくBBを検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光プロバイダ変更まとめ

最後に、当記事の内容をまとめます。

・ ドコモ光のプロバイダ変更の申し込みは、電話かドコモショップで行う
・ プロバイダの変更は工事不要
・ プロバイダ変更の際には、事務手数料を請求される
・ 場合によっては、プロバイダや有料オプションの解約手続きが別途必要になる
・ プロバイダの変更先として最もおすすめなのが、GMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダを変更すれば、インターネット環境を改善することも可能です。
ただし、ネット環境を改善するには、適切なプロバイダを選択する必要があります。
まだ変更先が決まっていない方には、キャッシュバックや様々な特典を受けられるGMOとくとくBBがおすすめです。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら