ドコモ光 ぷらら
あなたは、今ドコモ光のぷららってどうなのか知りたい!と思っているのではないでしょうか。
ぷららは、大手プロバイダで安心感があり、キャッシュバックもオプションなしでもらえるので、魅力的ですよね。

また、IPv6の通信方式が使えるという点で気になっている方も多いかと思います。
しかし、評判や速度などはやはり契約前に確認しておきたいところ。

このページは、そんな方のために、ドコモ光ぷららの口コミやメリット・デメリットを徹底調査した結果をまとめています。
他のプロバイダと比べてどうなのか?やルーターレンタルの詳細についても説明していますので、気になる方はチェックしてみてください。

ドコモ光ぷららのメリット&デメリット

そもそもドコモ光は、知名度があって人気が高いため、メリットとデメリットがハッキリしています。

大手プロバイダのぷららを知る前に、ドコモ光のメリットやデメリット見てみてください。
そしたらぷららの特徴も理解しやすくなります。

ドコモ光のメリット

  • プロバイダを変更しやすい
  • 料金がわかりやすい
  • V6プラスに対応して高速通信が可能
  • お得なキャンペーンも多い

この中でもドコモ光の大きな特徴は、プロバイダの料金がセットになっていてわかりやすく、プロバイダの変更も簡単になっているところ。

この気軽さが人気になっているのもあり、それがデメリットとなっているので、それも把握しておきましょう。

ドコモ光のデメリット

  • 利用者が多くて通信速度が遅くなる時間がある
  • 引っ越しなどをすると変更に時間がかかる

このデメリットの中でも、ぷららは通信速度をカバーできるだけでなく、さらに料金がお得にできるメリットがあります。
つまりドコモ光とぷららは相性がいいわけですね。

口コミから分かったメリット

ぷららのメリットについては口コミを見てみると、使い勝手の良さがわかるはずです。
そこでTwitterを確認してみて、実際のぷららの特徴について調べてみました。

IPv6が使える

IPv6が使える メリット
ぷららは通信が速くなりやすい、IPv6に対応したプロバイダです。
ところがIPv6のデメリットは、現在の主流であるIPv4に対応したサイトが、表示できなくなってしまう点でしょう。

このデメリットを抑えられたのが、ぷららv6エクスプレスです。
正確にはIPv4 over IPv6という規格で、IPv6でもIPv4でも、両方のサイトが見られるようになります。

つまり高速通信なのに、どのサイトも今まで通り見ることができるということです。

実際に利用した人も、通信速度が安定しているようです。
IPv6に対応したプロバイダは多いですが、両方に対応できているところは多くありません。
そういう意味で、ぷららを選ぶのもおすすめです。

月額料金が安い

月額料金が安い メリット
上記でも紹介したように、ドコモ光の料金システムはかなりシンプルです。
ドコモ光の料金は、選ぶプロバイダによって変わります。

戸建てマンション
タイプA月額5,200円月額4,000円
タイプB月額5,400円月額4,200円
単独タイプ月額5,000円月額3,800円

この表にあるタイプAという中に、ぷららが含まれます。
ちなみに単独プランというのは、ドコモ光とプロバイダを別々に契約するプランです。

つまりこの中で1番料金が安いのが、タイプAになるでしょう。
ぷららを選ぶと、月額料金が安くなるわけです。

タイプAに含まれるぷららは、口コミでも候補としてよく選ばれていました。
毎月の支払いがあるからこそ、少しでも安いプロバイダを選びたいところです。

Wi-Fiルーターのレンタルが無料

さらにぷららを利用すると、先程紹介したIPv6にも対応したルーターを、無料でレンタルしてくれるサービスがあります。

無料でレンタルできるので、わざわざ自分でルーターを購入せず済むのは、かなり大きなメリットになります。

ところがこのレンタルできるルーターは、どの程度のスペックなのか、誰でも気になるところです。
機種は「I-O DATA(アイ・オー・データ)製 IPoE対応ルーター」というものです。

通信が安定しやすいIPv6に対応しているため、速度がどの程度出るのか、実際の口コミを見てみると好評のようです。

自分でルーターを探すより、通信が安定しやすくなったという声もあるため、無料レンタルを利用するのもアリですね。

オプションに使えるフリーチケットが毎月1,200円分もらえる

フリーチケットが毎月1,200円分もらえる メリット
ぷららを利用すると、1,200円分のフリーチケットがもらえます。
他のプロバイダにはないキャンペーンなので、お得に利用したい人におすすめです。

ちなみにフリーチケットというのは、ぷららのオプションサービスに使えるクーポンになります。

  • 複数メールアドレス
  • ニックネームメール
  • メールフォワードHyper
  • プライベートホームページ
  • 時間 de メール
  • グループメール
  • IP接続サービス

ホームページ作成のサービスも利用できるため、使い方次第ではお得になれるでしょう。
実際にそんな口コミもありました。

もちろんその他のオプションサービスも、お得で利用しやすいものばかりです。
ぷららを利用するなら、利用してみてください。

セキュリティソフト(マカフィー)が2年間無料

マカフィーが2年間無料 メリット
インターネットを利用すると、セキュリティソフトを導入したほうがいいでしょう。
その際にぷららを契約すれば、マカフィーと言われる有名なセキュリティソフトが、2年間も無料で利用できます。
本来年間3,000円ほどかかるため、そう考えるとお得ですよね。

訪問設定サポートが1回無料

訪問設定サポートが1回無料 メリット
訪問サポートまで1回分無料になるのは、パソコンが苦手な人にとって、安心して契約できるポイントです。
名前のとおり、インターネットの接続の設定ができない時に、自宅まで来てくれて設定をしてくれます。

他のドコモ光のプロバイダでは、訪問までしてくれないところもあります。
それが1回分無料なのは、安心感がかなり違うでしょう。

15,000円のキャッシュバックがもらえる

15,000円のキャッシュバック メリット
ぷららからドコモ光に申し込むと、15,000円のキャッシュバックがもらえるようになっています。
同じドコモ光のプロバイダの中で、1番キャッシュバックが高額です。

ところが厳密に言うと、ぷららのサイトを経由してドコモ光に申し込まないと、キャッシュバックがもらえません。
高額なキャッシュバックなだけに、Twitter内でもショックを受けていた声もありました。

とはいえ、申し込む場所を間違えなければ、そこまで難しい条件ではありません。

ぷららとドコモ光公式のキャンペーンを利用すれば、他にも豊富なキャンペーンが利用できてしまいます。

口コミから分かったデメリット

ぷらら経由でドコモ光を申し込むと、メリットがたくさんあるのがわかったでしょう。
ところがその反面デメリットも存在するので、それも把握しておけば、回避しやすくなります。

速度が遅いという評判もある

高速通信のIPv6に対応しているドコモ光とぷららですが、通信速度が遅いという声も少なくありません。

そもそもぷららの通信規格は、IPv4 over IPv6です。
利用する環境によっては、IPv4になってしまうので、通信が混んでしまうと遅くなる場合もあります。

それはIPv4対応のサイトを見たときです。
じつはほとんどのサイトは、このIPv4対応になっています。

またIPv4 over IPv6の対応ルーターを利用していない可能性もあるため、利用する前によく確認しておきましょう。

実測値はどれくらい?

実測値はどれくらい?
もともとドコモ光は1Gbpsという速度ができます。
この速度は高速ですが、実際の声はこれより遅くなっています。

IPv4の規格に切り替わっているとすれば、このツイートのような30Mbps前後が平均的です。
逆にIPv6に切り替わっている場合は、次のツイートのような、数値が平均になります。

かなり平均値に差がありますが、それでも一般的なプロバイダよりは、ドコモ光とぷららの平均値は速いほうです。
この落差があるからこそ、遅いと感じる人がたくさんいるのでしょう。

ドコモ光とぷらら光はどう違うのか比較

ドコモ光はNTTの回線を借りて通信をする、光コラボのひとつです。
その光コラボの中に、ぷららが提供するぷらら光もあります。

プロバイダをぷららを選び、回線をドコモ光にした場合と、ぷらら光を選んだ場合は何が違うのか気になるでしょう。
ちなみにぷらら光は、回線がNTTでプロバイダは同じぷららです。

ドコモ光(ぷらら)ぷらら光
回線NTT(光コラボ)NTT(光コラボ)
料金戸建て;5,200円
マンション:4,000円
戸建て;5,200円
マンション:4,000円
通信速度1Gbps1Gbps
プロバイダ24社から選べるぷららのみ

上記のように表にまとめてみましたが、基本的にほとんどの同じです。
唯一の違いがあるとすれば、利用できるプロバイダの数になるでしょう。
ドコモ光の場合は、24社ものプロバイダを、比較的簡単に変更できます。

ところがぷらら光の場合は、ぷららしか利用できないため、融通が利かないのがデメリットです。
またキャンペーンにも、かなりの違いがありました。

キャンペーン
ドコモ光(ぷらら)
  • 15,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター無料レンタル
  • セキュリティサービス2年間無料
  • メールチェック月額300円が無料
  • 工事費無料
  • dポイント10,000ポイントプレゼント
  • ドコモ携帯電話とのセット割
ぷらら光
  • 新規工事費実質無料
  • 無線LANルーター無料レンタル
  • 最大55,000円キャッシュバック

ぷらら光には3つしかキャンペーンがありませんが、ドコモ光はその倍以上も用意されています。

ドコモ光のプロバイダ全24社を比較

ドコモ光のプロバイダ全24社を比較
ドコモ光のはぷららも含めて、全部で24社のプロバイダが選べるようになっています。
比較するためにも、24社のプロバイダのスペックについて、それぞれ見てみましょう。

オプションの充実度キャッシュバックサポート速度ルータースペック
ドコモネット有料
ぷらら15,000初回無料v6プラス対応
GMOとくとくBB15,000有料v6プラス対応
nifty15,000初回無料v6プラス対応
DTI10,000初回無料v6プラス対応
BIGLOBE初回無料11ac対応
ANDLINE不明
タイガーネットドットコム初回無料
エディオンネット有料
BB Excite×有料
ハイホー初回無料11ac対応
スピーディア有料v6プラス対応
Ic-net初回無料11ac対応
Synapse初回無料
楽天ブロードバンド×初回無料
ネスク
チキチキ有料
01光コアラ×有料
OCN初回無料v6プラス対応
T COM×有料不明
TNC×有料
アサヒネット×
WAKWAK×有料
@ちゃんぷるネット×12ヶ月無料 

このようにしてみると、ぷららが使いやすいプロバイダなのがわかるはずです。

  • キャッシュバック
  • オプション
  • 通信速度
  • サポート

これらは使いやすさが重要になるポイントですが、全てが揃ったぷららは、ドコモ光を利用する人にとって候補に入れておいて損は無いでしょう。

ドコモ光ぷららでルーターレンタルを申し込む方法

ドコモ光ぷららでルーターレンタルを申し込む方法
ドコモ光とぷららを利用する場合は、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできます。
もちろんこのサービスを利用するためには、申し込みをこちらからしないといけません。
そこで申し込むための方法を、具体的に紹介します。

  1. ドコモ光とぷららを申し込み
  2. 1週間で会員登録証が到着
  3. ぷららのマイページにログイン
  4. 利用状況紹介メニューを開く
  5. IPoEご利用状況をクリック
  6. ルーターの申し込みをする
  7. 1週間ほどでルーターが到着

流れとしたら、このように申し込みをしてください。
ルーターの申し込みと、ドコモ光とぷららの申し込みは、それぞれ別に行うというのを忘れないようにしましょう。

ルーターの接続設定

ルーターが手元に届いたら、次はルーターの接続設定をしないと、インターネットに接続できません。
接続設定がわからない人は、次の順序で設定を行っていきましょう。

  1. ブラウザにルーターのIPアドレスを入力
  2. ログインする
  3. 接続先ユーザーIDとパスワード入力

この3ステップだけで、ルーターが利用できるようになります。

ブラウザにルーターのIPアドレスを入力

ぷららの無料レンタルしてくれたルーターを、接続設定する場合は、パソコンを使う必要があります。
それはIPアドレスを入力しないといけないからです。

ルーターのIPアドレスは、本体の裏面や横などに記載されています。

どのIPアドレスを入力するのは、ChromeやInternet Explorerなどの、インターネットブラウザを使うようにしましょう。
そのアドレス欄に直接、IPアドレスを入力すれば大丈夫です。

ログイン画面にユーザーIDとパスワードを入力してログイン

IPアドレスを入力できれば、ログイン画面が出てくるはずです。
ユーザーIDとパスワードが必要になりますが、これは「ぷららの会員登録証」にある、ユーザーIDとパスワードを見ればわかります。
それを入力してログインボタンを押せば、メニュー画面が出てくるでしょう。

接続設定画面を選んで接続先ユーザーIDとパスワードを入力

メニュー画面が出てきたら、次に接続設定画面をクリックしてください。
すると接続先ユーザーIDと、パスワードを入力する画面になるはずです。
このIDとパスワードも、先程の「ぷららの会員登録証」に書かれています。

これで接続設定が完了です。
無事インターネットに接続できるようになっています。

ドコモ光ぷららのテレビオプションについて

ドコモ光とぷららを契約すると、テレビオプションも利用できるようになります。
このテレビオプションは、2種類存在しているので、違いについて確認しておきましょう。

ドコモ光テレビひかりTV
視聴可能番組
  • 地デジ
  • BS・CS
  • 有料でスカパーが利用可能
  • 地デジ
  • BS・CS
  • 80chの専門チャンネル
  • ビデオオンデマンド
料金750円1,500円~3,500円
初期費用3,000円基本無料
工事費6,500円~無料

ドコモ光テレビとひかりTVは、名前がほとんど似ていますが、少し内容が違っています。
視聴可能番組が多いほうがいい人は、ひかりTVを選びましょう。
専門チャンネルとビデオオンデマンドが視聴できます。

これが無いドコモ光テレビは、月額料金が安くて済みますが、工事費などの初期費用がかかってしまうのがデメリットです。

ひかりTVの工事費と初期費用は、ドコモ光を開通した時に支払っています。
つまり実質無料で利用できるようになるわけです。

自分にとってトータルでお得なほうを選ぶと、損をせずにテレビサービスが利用できます。

ドコモ光ぷららが遅かった時の対処法

ドコモ光ぷららが遅かった時の対処法
ドコモ光とぷららは、比較的通信速度が速いのですが、場所などの環境によって遅くなってしまうケースもあります。
そこで少しでも速くなるように、対処法について知っておきましょう。

まずこの組み合わせで通信速度が遅いのなら、疑うべきはv6エクスプレスが開通しているのか確認してください。
その方法とは次の流れになります。

  1. ぷららのマイページにログイン
  2. 利用状況紹介をクリック
  3. IPoEご利用状況を確認

ここで開通していないのがわかったら、早期開通の申し込みをしてみるのがおすすめです。

確認してもv6エクスプレスが開通していれば、ルーターの確認をしてみてください。
IPv6に対応していないルーターを使っていると、通信速度が遅くなってしまいます。

ちなみにぷららでは無料でIPv6に対応したルーターを、無料でレンタルできます。

  1. ぷららのマイページにログイン
  2. 利用状況紹介メニューを開く
  3. IPoEご利用状況をクリック
  4. ルーターの申し込みをする
  5. 1週間ほどでルーターが到着

これで通信速度に変化があるはずです。
もし変化がないのなら、ドコモ光かぷららで障害が発生している可能性も考えられます。
その場合は何もできないので、通信が速くなるのを待ちましょう。

プロバイダの変更について

ぷららはドコモ光の中でも、人気が高いプロバイダです。
ところが場所や通信環境によって、通信環境が悪くなるケースもよくあります。
その場合はプロバイダを変更するのがおすすめです。

もちろんドコモ光は、プロバイダを変更できるだけでなく、気軽に変えられるので挑戦してみましょう。

  1. 電話やドコモショップで申し込み
  2. 申込内容に関しての書面が到着
  3. 切り替えの日に接続の設定をする

これだけでプロバイダが変更できます。
ちなみにプロバイダを変える場合は、事務手数料3,000円が発生してしまうので、そのあたりは注意しておきましょう。

ドコモ光ぷららの解約について

ドコモ光とぷららを解約しようと思う場合は、ドコモ光に連絡するようにしましょう。
解約時にはぷららにも連絡するべきと思うでしょうが、ドコモから解約データを送ってくれるので、ドコモ光に連絡するだけで大丈夫です。

ちなみに解約する場合は、ドコモインフォメーションセンターに電話をかけるか、ドコモショップに直接行って相談しましょう。

解約するための方法はこれだけですが、解約すれば回線の撤去をする場合があります。
撤去工事をする場合のほとんどが、マンションでの契約です。
もちろん工事が不要の場合があるので、念の為、解約時に聞いておきましょう。

また違約金や撤去費用も気になるところです。

料金
戸建てタイプ13,000円
マンションタイプ8,000円
撤去費用無料
(※契約状況によって必要になるケースもあります)

違約金についてですが、この料金は2年後の自動更新となる定期契約プランに限ります。
このプランだと、契約満了月以外で解約すると、上記の料金が発生するので注意しましょう。

また撤去費用については、無料となっているようです。
ところがその代わりに、開通時に発生した工事費の残債があると、解約時に一括返済しないといけません。
いくら工事費が残っているのか、解約前に確認しておきましょう。

まとめ

ドコモ光とセットで契約できるぷららは、特に使いやすいプロバイダです。
通信速度が速いv6エクスプレスが利用できるだけでなく、お得なキャンペーンも豊富で、人気が高くなっています。

ところが口コミの中では、通信速度が遅くなったという声もあるでしょう。
それはWifiルーターを無料レンタルしていないか、ぷららのマイページで、v6エクスプレスの設定ができていない可能性があります。

それでも速度が上がらないのなら、プロバイダを変更してみましょう。
ドコモ光なら、電話やドコモショップに行くだけで、気軽に変えられますよ。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら