この記事のまとめ
IPv6は最新の接続方式で、従来のものより安定した速度でインターネットが利用できる通信方式です。
ドコモ光でもIPv6通信が利用可能ですが、すべてのプロバイダが対応しているわけではありません。
ドコモ光のIPv6対応プロバイダは?

hikaritayasushi
ドコモ光のIPv6は難しい手続きなしで利用可能です。
しかし、プロバイダによってはIPv6に対応していないものもあるため、利用したい方は、申し込み前にチェックしておく必要があります。
当ページでは、ドコモ光のIPv6利用方法、対応プロバイダやおすすめプロバイダまで解説しているので、これからご利用をお考えの方は参考にしてみてくださいね!

IPv6とは?IPv4と何が違うの?

IPv6とは最新のインターネット通信規格のことです。
一方、従来型のものは、IPv4と呼ばれる通信方式となっています。

IPv6とIPv4の違いを理解するには、IPアドレスについての知識が欠かせません。
IPアドレスとは、インターネット上の住所のようなもの。

インターネットに接続するには、このIPアドレスが必要で、パソコンやスマホなどの機器には、1つ1つIPアドレスが与えられています。

従来は、IPv4の形式でIPアドレスが割り当てられていました。
しかし、IPアドレスは無限に存在するわけではありません。
そのため、IPv4の形式でIPアドレスを割り当て続けるには数に限界があるため、新しいバージョンのIPアドレスが必要となりました。
そこで登場したのが、IPv6です。

IPv6の形式なら、IPv4よりもはるかに多くのIPアドレスを割り当てることが可能になります。
割り当てられる数は無限に近いため、IPアドレスが枯渇してしまう問題の対策として、IPv6が利用されるのです。

また、IPv6の通信方式は安定性が高いのも特長です。
以上のことから、通信の安定性を重視している方には、IPv6の利用がおすすめです。

ちなみに、よく出てくる用語についてまとめておくと、以下の通りです。

・PPPoE・・・ネットワーク終端装置というものを経由してインターネットに接続する方式

・IPoE・・・ネットワーク終端装置を経由せず、直接インターネットに接続する方式

・IPv4・・・PPPoEを利用している従来型のインターネット

・IPv6 ・・・IPoEを利用している次世代型のインターネット

ドコモ光のIPv6(v6プラス)対応プロバイダ一覧

ドコモ光のプロバイダの中でも、以下の表に記載しているものはIPv6に対応しています。
ちなみに、以下のプロバイダは全て、IPv4 over IPv6通信となっています。
IPv4 over IPv6通信とは、基本的にIPv6でインターネットを繋ぎながらも、IPv4での通信も可能にする技術のこと。
IPv4にしか対応していないサイトやサービスを利用する際に切り替えて通信してくれるので、より快適にインターネットを楽しむことができます。

プロバイダ名通信方式サービス名称申し込みルーターレンタル
GMOとくとくBBIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス不要無料
DTIIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス必要無料
ぷららIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
ぷららv6エクスプレス不要無料
@niftyIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス不要無料
OCNIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
OCN v6アルファ必要無料
ic-netIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス必要無料
BIGLOBEIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6オプション不要有料
ドコモネットIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス不要有料
タイガースネットIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス必要レンタルなし
アンドラインIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6オプション必要有料
@TcomIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6インターネット接続機能(IPoE不要レンタルなし
hi-hoIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
IPv6_IPoE接続サービス必要無料
SISIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
IPv6 サービス(v6 プラス)必要無料
チャンプルネットIPoE方式
IPv4 over IPv6
通信
v6プラス必要無料

【注意】タイプC・単独プランはIPv6が利用できない

ドコモ光の契約プランの中でも、タイプC(単独プラン)はIPv6非対応です。
その為、タイプCを利用する場合は、IPv6を利用できないため、ご注意ください。

また、単独プランで契約する際も注意が必要です。
単独プランでは、契約するプロバイダを自身で選ばなければなりません。
IPv6非対応のプロバイダと契約してしまわないよう、事前確認をしっかりと行うことが大切です。

ドコモ光のIPv6利用方法

続いて、ドコモ光でIPv6を利用する方法を解説します。

IPv6の利用に手続きや費用は?

IPv6を利用するために、特に費用は必要ありません。
プロバイダとルーターがIPv6に対応していれば、無料で利用することができます。

手続きについては、何も申請しなくても、元からIPv6になっているプロバイダと、申し込みが必要なプロバイダがあります。
上の一覧表を参考に、申し込みが必要な場合は手続きを忘れないようにしましょう。

IPv4 over IPv6対応ルーターの選び方

IPv6通信を利用するためには、ルーターもIPv6に対応したものを選ぶ必要があります。
上記で紹介した通り、ドコモ光でIPv6利用可能なプロバイダは、IPv4 over IPv6通信となっているため、IPv4 over IPv6に対応可能な機種を選びましょう。
対応プロバイダから借りられるルーターなら、最新のIPv6に対応した機種なので、間違いがありません。

一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」

ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのが、GMOとくとくBBです。
GMOとくとくBBには以下のようなメリットがあります。

ポイント1:無料でルーターが借りられる

GMOとくとくBBの1つ目のメリットが、無料でルーターを借りられる点です。

GMOとくとくBBはv6プラスを採用しているため、レンタルできるルーターもIPv6に対応しています。
そのため、GMOとくとくBBからルーターをレンタルすれば、間違ってIPv4にしか対応していないルーターを購入してしまう、といった心配はありません。

また、ルーターのレンタルは無料です。
他のプロバイダの中には有料でしかルーターをレンタルできないところもありますが、GMOとくとくBBであれば、最新のIPv6対応ルーターが追加料金なしでレンタルできます。

ポイント2:レンタルできるルーターのスペックが高い

GMOとくとくBBのルーターは無料でレンタルできるだけでなく、スペックも高いのが特徴です。
特に通信速度が速く、5GHzなら最大1733Mbps、2.4GHzなら最大600Mbpsもの速度が出ます。
この通信速度は、他のプロバイダで借りられるルーターの約2倍に相当します。
このようなルーターのスペックの高さも、GMOとくとくBBの魅力です。

GMOとくとくBBなら、スペックの高いルーターを無料でレンタルできます。
快適にインターネットを利用したい方は、ドコモ光×GMOとくとくBBの利用を検討してみましょう。

ポイント3:キャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBBからドコモ光に申し込むと、高額キャッシュバックがもらえます。
当サイト経由で申し込めば、オプション加入なしで20,000円のキャッシュバックがもらえます。
他のサイトからだと20,000円のキャッシュバックをもらうにはオプション加入が必要になるので、ご注意ください。

IPv6の種類

補足情報として、IPv6の種類について説明しておきます。
IPv6には、以下の3つの種類があります。

PPPoE IPv6通信

IPv6の接続方式は大きく分けて、PPPoEとIPoEの2種類です。
PPPoEはIPv6だけでなく、IPv4でも使われている通信方式です。
IDとパスワードを設定してインターネットに接続するのが、PPPoE方式の特徴となっています。

なお、PPPoE方式は通信の安定性がそれほど高くありません。
そのため、快適にネットを利用したい場合は、IPoE方式がおすすめです。

IPoE IPv6通信

IPoEは、さらに2種類に分けられます。
「IPoE IPv6通信」と「IPoE IPv4 over IPv6通信」です。

IPoE IPv6通信の場合、IPv6に対応しているサイトにはIPoE方式で接続します。
IPoEはPPPoEと違って、通信の安定性が高く、快適な通信が可能です。

ただし、まだIPoEに対応していないサイトも多く、非対応のサイトにはPPPoE方式で接続することになります。
その場合は、速度が落ちてしまうため、少し気がかりが残ってしまうのです。
しかし、次にご紹介するIPoE IPv4 over IPv6通信であれば、前述の懸念点を払拭することができます。

IPoE IPv4 over IPv6通信

ネットを快適に利用したい方には、IPoE IPv4 over IPv6通信がおすすめです。

IPoE IPv6通信と同様に、IPv4 over IPv6通信でも、IPv6対応のサイトに接続する際は、IPoE方式が用いられます。

それに加えて、IPv4のみに対応しているサイトにも、IPoE方式で接続ができるのがIPv4 over IPv6通信です。
このようにIPv4とIPv6の違いを問わず、IPoE方式で接続できるのがIPoE IPv4 over IPv6のメリットとなっています。

まとめ

最後に、当記事で解説してきた内容をまとめます。

・ ドコモ光でIPv6を利用するには、対応しているプロバイダを選ぶ必要がある
・ IPv6に対応しているルーターでなければ、ドコモ光でIPv6は利用できない
・ ドコモ光のプロバイダの中で最もおすすめなのは、GMOとくとくBB
・ GMOとくとくBBを選べば、高スペックなルーターを無料でレンタルできる

ドコモ光で快適な通信を利用するためには、IPv6に対応したプロバイダと契約することが大切です。
この機会に是非GMOとくとくBBとの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら