ルーターなら、バッファローが有名だけど、どれを選べばいいのかわからない!とお悩みの方もいるのでは?

そんな方のため、このページでは人気のバッファロー製のルーターについて徹底調査しました。
バッファローのルーターを選ぶ際のチェックポイントやおすすめ商品、また購入後の設定方法やルーターが繋がらなくなってしまった場合の原因と対処法についても解説。

バッファローのルーターの購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

バッファローのルーターを選ぶ際のチェックポイントとは?

接続の範囲や同時接続台数をチェック

無線LANルーターにも様々なものがありアンテナが付いているもの、アンテナが内蔵されているものがあります。
アンテナが外付けの場合、内蔵アンテナに比べ通信範囲が広く、無線LANルーターから離れていても快適に通信を利用できます。

また、価格が高価なものは同時接続台数が10台を超えても快適に通信をすることができます。
性能が低い無線LANルーターを利用していると同時接続台数が多いと処理に時間がかかり通信速度が遅くなってしまいます。

ですが、高価格の無線LANルーターを利用するとCPUの処理能力が高いため、同時に接続しても快適に通信を行うことができるのです。
大人数家族、オフィスなどでは接続台数が多くなること思いますのでこのような場合はできるだけ高価な無線LANルーターを購入しましょう。

通信規格をチェック

通信規格は無線LANの通信速度に関わる重要な項目となります。
通信規格が古いものだと通信速度が遅く、快適に通信を行うことができません。
最新の規格では1Gbpsを超える通信速度が出ますので、有線LANに匹敵する通信速度が出ますので快適に通信を行うことができます。

1世代前の通信規格でも通常利用に問題はありませんので出費を抑えたい方は1世代前の無線LANルーターをおすすめします。

通常のウェブ閲覧などではそれほど通信速度を必要としませんので1世代前の規格でも大丈夫ですよ。

ただ、4K動画や大容量のファイルのダウンロードを利用する場合は1世代前の規格では動画の再生が止まったり、ファイルのダウンロードに時間がかかったりしますのでこのような利用用途がある場合は最新規格の無線LANルーターをおすすめします。

通信速度をチェック

通信速度は先ほどの通信規格の他に通信に利用するアンテナの数によっても通信速度が異なります。
通信規格が新しいものは通信速度が速いのはもちろんですが、アンテナの数も通信速度に深く関わっています。

通常は1本のアンテナを利用して通信を行いますが、インターネットに接続するスマートフォンなどの端末にアンテナが2本搭載されていて、無線ルーターにもアンテナが2本搭載されている場合は2本のアンテナを同時に利用することにより、2倍の通信速度で利用することができます。

こちらのアンテナを同時に利用する技術は1世代前の通信規格から採用されていて、1世代前の規格から通信速度が大幅に向上しています。

無線LANルーター、利用する機器が対応していれば3本のアンテナを利用して通常の3倍の通信速度で通信を行うことも可能なのです。

比較的高価な無線LANルーターにはアンテナが4本搭載されたものもありますので、通信速度が速いほうが良いという方はアンテナが複数搭載された無線LANルーターを購入しましょう。

また、有線で繋ぐ場合にはLAN接続する際の通信速度がギガビットに対応しているものと対応していないものがあります。
ギガビットに対応しているものは通信速度が高速で、ストレスなく通信できるかと思います。

逆に、ギガビットに対応していないルーターですと通信速度が遅く、ボトルネックとなってしまう可能性がありますので注意しましょう。
通信速度が遅いと動画の再生も困難になってしまいますので、動画などを閲覧する方は多少値が張ってもギガビット対応のルーターを購入しましょう。

使う環境に合った製品か

有線LAN同様、使う環境に見合った製品か確認しましょう。

今は様々な機器がインターネットに接続できる時代になり、ほとんどの機器で無線LANを利用しています。
1人あたりのインターネットに接続できる機器の保有数も年々増えていますので、接続台数も多くなっていると思います。

1人暮らしの場合はあまり性能を必要としませんが、大人数家族など人数がいてインターネットに接続できる機器が多い場合は性能の良いものを利用しないと通信速度の低下などに繋がります。

オフィスなどで利用する場合は、1階あたりの面積が広いので電波が広範囲に届くものをおすすめします。

もし、1台で利用範囲をまかないきれない場合、中継機能対応の無線LANルーターを利用して電波を中継することでどの場所にいても安定した通信を利用することができますよ。

使う環境は人によってそれぞれ違うと思います。セキュリティを重視する人、通信速度を重視する人と利用したい人によって求める性能が違うと思います。
まったく違う利用用途の機種を購入してしまうと使い物にならない可能性がありますので、有線LANルーターを購入する際は使う環境に見合ったものか確認して購入しましょう。

バッファローのおすすめルーターをご紹介!

ここでバッファローのおすすめのルーターを紹介します。バッファローは様々なルーターを販売しています。
機種が豊富なので自身の利用用途にあった機器を見つけることができますよ。

おすすめの無線LANルーター

続いて、無線LANルーターのおすすめの機器を紹介します。
無線LANルーターは通信速度が速いもの、アンテナが複数あり電波が届きやすいものなど様々です。
価格も機種によって大きく異なりますので、用途にあった無線LANルーターの購入をおすすめします。

AirStation WXR-1901DHP3

WXR-1901DHP3はバッファローの無線LANルーターの中でコストパフォーマンスが良く、評価も高いのでおすすめできる無線LANルーターです。

可動式の外付けアンテナを3本搭載していて、部屋の隅々まで電波を飛ばしてくれます。また、ビームフォーミングという電波を特定の機器に狙って電波を飛ばすこともできますので、通信エリアはとても広いです。
通信速度もビームフォーミングや高性能CPUのおかげで高速で、ストレスを感じることもありませんよ。

子供のスマートフォンやタブレットの利用時間を制限できるペアレンタルコントロール機能、プリンターやハードディスクをネットワークで共有できる機能、混雑している電波の帯域を回避して混信を防ぐバンドステアリング機能など便利に利用できる機能も充実しています。

AirStation WSR-2533DHP2

WSR-2533DHP2はバッファローの無線LANルーターの上位機種です。
アンテナは内蔵タイプですが、外付けモデルよりも電波が届きやすく、アンテナを4本搭載するなどスペックがとても高いです。
CPUもWXR-1901DHP3よりも高速なCPUを搭載しているので、多くの機器を接続しても通信速度の低下が起こらず、快適の通信を利用できます。

デザインは内蔵アンテナのため、スッキリとしていて家のどこにおいても邪魔になりません。
黒を貴重としたデザインにゴールドのアクセントカラーが採用されていますので、高級感がありますよ。

AirStation WSR-1166DHP3

WSR-1166DHP3はバッファローの最新規格のエントリーモデルとなっています。
最新の11acに対応していて通信速度が最大866Mbpsと比較的高速な通信を利用できます。価格も手頃で、5,000円ほどの価格で購入できますので初めて無線LANルーターを利用するという方におすすめです。

エントリーモデルと言っても、ビームフォーミングなど快適につながる機能は搭載されていますので、1人や2人の利用であれば速度に不満を感じることはないと思いますよ。

AirStation WTR-M2133HP

こちらの-M2133HPはメッシュWi-Fiという複数の中継機を利用して家中の電波の死角をなくす技術を採用した無線LANルーターです。

価格は高額ですが、家中どこでも速度の低下がなく、安定してインターネットを利用できますので、オフィスなどでの利用をおすすめします。

スターターキットは親機本体と、子機2台セットになったセットもありますので手軽に最新のメッシュWi-Fiを利用することができます。
バッファローの販売している無線LANルーターの中では性能が最も高性能です。

専用のスマートフォンアプリを利用することで家のどこに子機を設置すればよいかなどの情報がすべてわかりますので、最適な位置にWi-Fiの子機を設置することができます。
接続もボタン一つで行うことができますので、初めて利用するかたでも安心して設定を行うことができます。

有線LANルーター

有線LANルーターはブロードバンド接続ができるもの、セキュリティ機能が充実しているもの、ギガビット対応のものなど様々な機種が存在します。こちらを機器ごとに紹介します。

BBR-4HG

バッファロー (2003-12-20)
売り上げランキング: 3,596

BBR-4HGは有線ブロードバンドルーターと言って、フレッツ光などの光回線を接続できる有線LANルーターです。

通信速度は100Mbpsとなっており、通信速度が遅めな部類ですが、常時90Mbps以上の通信速度ができますので、安定性が高い機種です。
セキュリティ機能が充実していて、不正アクセスを防止する機能や、ウイルスの侵入を防ぐ機能が搭載されていて、安心してインターネットを利用できますよ。

また、有線LANポートが4ポート搭載されていて複数の機器を接続できるのも評価が高いですね。
パソコンの他にプリンターやテレビなどの機器をインターネットに接続できますので便利ですよ。

BBR-4MG

バッファロー (2003-10-31)
売り上げランキング: 1,967

BBR-4MG はBBR-4HGの廉価版で機能を減らして価格を抑えている機種となります。
有線LANの通信速度は100Mbps、有線LANポートが4ポート基本的な機能は同一となっていますので純粋に有線LANルーターとして利用するのであればこちらでも問題ないかと思います。

異なる点といえば、セキュリティ機能の不正アクセス機能が省略されている点です。
大きな違いはこちらの機能があるかないかの違いですので、こちらの機能が必要ないという方はこちらのBBR-4MGでも問題ありませんよ。

価格はこちらの方が安いので安値な有線LANルーターを探しているのであればこちらをおすすめします。

BHR-4GRV2

BHR-4GRV2はギガビット対応の有線LANルーターです。通信速度は常時800Mbpsを超えるので、4K動画の閲覧、大容量のファイルのダウンロードでもストレスなく利用できます。

こちらのBHR-4GRV2はリモートアクセスに対応していて、外出先から自宅のNASなどにアクセスできます。
また、パソコンのリモートアクセスを許可していれば会社のパソコン、インターネットカフェのパソコンから自宅のパソコンにアクセスして作業ができるので、どこでも自分のパソコンを利用できますよ。

ただ、こちらの有線LANルーターには先ほど紹介した2機種のようなセキュリティ機能がありませんので、セキュリティ対策を行う必要があります。
万が一、リモートアクセスでパソコンを乗っ取られてしまうとデータを盗まれたりする可能性がありますので、リモートアクセスなどの機能を利用する場合はセキュリティ対策を必ず行いましょう。

BHR-4GRV

BHR-4GRVはBHR-4GRV2の前機種となります。
基本的な機能は変わらず、リモートアクセスなどの機能を利用できますが、通信速度がBHR-4GRV2に比べ少々遅めです。
ですが、こちらの機器にしかない機能として、USB接続のプリンターやハードディスクをLAN内で共有する機能があります。

こちらは、ネットワーク印刷に対応してないプリンターをネットワークから印刷できるように設定したり、ハードディスクをNASのように利用できる機能です。

USB接続できる機器であればネットワークに接続し、ネットワーク機器として利用できますので、とても便利な機能です。

後継機種のBHR-4GRV2よりも価格が上昇しており、有有線LANルーターでこの機能が付いている機種はこのBHR-4GRVしかありませんので、いまだに人気があります。
多少通信相度が遅くても手持ちのプリンターやハードディスクをネットワーク対応にしたいのであればこちらのBHR-4GRVをおすすめします。

バッファローのルーターの設定方法

バッファローのルーターの設定方法を紹介します。
ルーターは配線を行い、接続するインターネットプロバイダのIDとパスワードを入力することでインターネットに接続することができます。
この手順を詳しく紹介します。

配線

まずは配線です。
ルーターの配線は電源アダプタの接続、LANケーブルの接続を行います。

電源アダプタは接続後コンセントに接続、LANケーブルは基本的に1番下のWANと記載されているポートに接続を行います。
機器によっては色分けがされている場合がありますので、参考にして下さい。

バッファローは青色のポートがWANのポートになりますので、こちらにLANケーブルを接続しましょう。
WANに接続したLANケーブルはインターネット回線が接続されているモデムやONUに接続をしましょう。

ルーターにログインする

配線の接続後、ルーターにログインを行います。
ルーターのログイン情報はルーター本体か機器の説明書に記載されています。

機器ごとに情報が異なりますので、必ず本体か説明書を確認してきださい。
情報が確認できたら、こちらの情報を普段利用しているブラウザのURL欄に入力後、ID、パスワードを入力してルーターにログインしましょう。

ID・パスワード等の入力

ルーターにログイン後、次はインターネットに接続するためにプロバイダのIDとパスワードを入力します。
プロバイダによってはこの入力は必要なく、ルーターのインターネットに接続するというボタンをクリックするだけで利用できる場合があります。
この場合はID、パスワードの入力は不要です。

ルーターの初期化

ルーターの初期化は、ログインページで行うこともできますし、本体背面や底面に搭載されているリセットボタンを利用してもルーター本体を初期化することができます。

ルーターのログインページで初期化する場合は、ログイン後初期化するというボタンをクリックしてください。

ボタンをクリックすると注意事項が表示されますので、問題ない場合はこのまま初期化を行って下さい。
本体で初期化を行う場合はリセットボタンを長押しして下さい。
長押しするとルーターのランプが赤色に点灯、点滅しますので、これが終了すると初期化が完了します。

バッファローのルーターが繋がらない時の原因と対処法とは?

ルーターを利用しているとほとんどの方が経験していると思いますが、つながらないということが発生してしまいます。
この場合の対処法を紹介します。

有線LANルーターの場合

有線LANルーターの場合、ケーブルを利用しての接続ですので、比較的症状が改善しやすいです。
基本的にはルーターや接続している機器の再起動で症状が改善する場合がほとんどです。

パソコンのみが繋がらない場合の原因と対処法

パソコンの見がつながらない場合はそのパソコンの不具合かLANケーブルの接続不良、断線が考えられます。
まずはパソコンを再起動してみて下さい。
再起動しても症状が改善しない場合はKLANケーブルを一度抜いて刺し直してみて下さい。

それでも症状が改善しない場合、LANケーブルの断線かポートの故障が考えられます。
LANケーブルの予備がある方は一度他のLANケーブルに変えて試してみて下さい。LANケーブルを変えても接続ができなかった場合はポートの故障が考えられますので、他のポートに接続してみて下さい。

他のポートでも通信できなかった場合はパソコン本体の故障の可能性がありますので、メーカーなどに相談してみて下さい。

すべての端末が繋がらない場合の原因と対処法

すべての端末がつながらない場合、ルーターの不具合かルーターの故障の可能性があります。
まずはルーター本体を再起動してみて下さい。
再起動後、症状が改善しない場合はルーターの故障の可能性がありますのでメーカーにお問い合わせ下さい。

ブラウザが表示されない場合の原因と対処法

ブラウザが表示されない場合は、インターネットに接続されていない場合がありますので、一度ルーターの設定を見直してみて下さい。
また、ルーターとモデム(ONU)が接続されているか確認して下さい。
設定を見直しても症状が改善しない場合はルーターの故障の可能性がありますのでメーカーにお問い合わせ下さい。

無線LANルーターの場合

無線LANルーターの場合、相性という問題もありますので、症状が改善しにくいです。
どんなことを試しても接続できなかった場合は相性という問題になりますので、他の機器を利用することをおすすめします。

wifiの電波が届いていない場合の原因と対処法

Wi-Fiの電波が届いていない場合は、一度ルーターの再起動を行って下さい。

再起動を行っても症状が改善しない場合はルーター故障の可能性がありますのでメーカーにお問い合わせ下さい。
無線LANルーターは電源を入れてからしばらくは電波を発信しませんので、時間をおいてから接続し直すのも一つの手ですよ。

電波は届いているが暗号化キーが合わない場合の原因と対処法

電波は届いているが暗号化キーが合わない場合は、パスワードを変更した可能性がありますので、変更後のパスワードを入力して下さい。
パスワードを変更した覚えがないという方はルーターを一度再起動してみて下さい。

再起動後も同じように暗号化キーが合わない場合は本体をリセットして本体背面に記載されているパスワードを入力して下さい。
リセットしてもつながらない場合は故障の可能性がありますのでメーカーにお問い合わせ下さい。

ここまでの対処法で改善されない場合の原因と対処法

ここまでの対処法で繋がらない場合、LANケーブルの接続不良、断線、ルーターのWANポートの故障、モデム(ONU)の故障が考えられます。
まずは本体(モデムONU含む)の再起動を行って下さい。

その次にLANケーブルの確認、断線等がなかった場合はルーターのページにログインして接続状況を確認して下さい。
WANポートが故障していればインターネット未接続となり、接続されていないことになります。

モデム(ONU)の故障でも同様の画面が出ますので、インターネット未接続となった場合はルーター本体かモデム(ONU)の故障の可能性がありますのでメーカーにお問い合わせ下さい。

バッファローのサポートサービスについて

バッファローのサポートサービスはルーターがインターネットに接続できなかった場合やルーターのアップデート方法などサポートしてくれます。

つながらなかったときの対処法を試してもつながらなかった場合は基本的にこちらのサポートサービスに対応してもらいましょう。
サポートはLINEやメール、電話など様々な方法で利用できますよ。

まとめ

バッファローは有線LANルーター、無線LANルーターともに様々な機器を販売しています。
機種が豊富なので自身の利用用途にあった機器を探すことができます。

自宅やオフィスでも快適に利用できる機器がたくさんありますので、ルーターの購入を検討している方はバッファローのルーターを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。