ビッグローブ光 ルーター

この記事のまとめ
ビッグローブ光のルーターを選ぶには、意外とたくさんの知識が必要です。
無線LANカードのことやIPv6対応機器についても調べて、検討しなくてはいけません。
ですが、このページでわかりやすく解説しているので安心してください。
ビッグローブ光のルーター選びについて、ベストな選択とは?

hikaritayasushi
「ビッグローブ光のルーターってどうすればいいの?」
「レンタルだと毎月料金がかかるから、市販のものを購入したいけれど、不具合があったらどうしよう…」

そんなあなたのお悩みを解決!
速度もコスパも十分なルーターの選び方やおすすめの他、Wi-Fiの設定方法やIPv6の対応条件についても解説していきます。

ビッグローブ光のルーターは、市販とレンタルどちらがいいのか?

ビッグローブ光のルーターは、市販とレンタルどちらがいい
ビッグローブ光でWi-Fiルーターを利用する場合は、レンタル機器を利用するか、市販品を購入することで利用することが可能です。

まず、レンタル料金ですがビッグローブ光を利用している方は1年間無料、それ以降は毎月500円となっています。

ただし、ビッグローブ光電話を同時利用している方は、提供される光電話対応機器に、無線LANカードというものを差し込むことで利用することができます。
無線LANカードのレンタル料は、東日本毎月300円、西日本毎月100円となっています。

つまり、ビッグローブ光無線LANルーターを利用するための選択肢は以下の通りになっています。

光電話に申し込んでいない人→レンタル(500円/月)or市販
光電話に申し込んでいる人→無線LANカードレンタル(東日本300円/月、西日本100円/月)or市販

光電話に申し込んでいない人は、市販のものをご自身で購入されることをおすすめします。
無線LANルーターの価格は、3,000円~6,000円ほどになっていますので、毎月500円のレンタル料がかかるよりは、購入した方が安く済みます。

光電話を利用している人(特に西日本にお住まいの方)は、安いレンタル料金で、機器を無線LAN対応にできるため、ご自身で購入するのが面倒であれば、レンタルするのも良いでしょう。

(ちなみに、光電話を契約して、ビッグローブから提供される機器を利用する場合は、IPv6に対応したものを送ってもらえますよ)

ビッグローブ光の市販ルーター!失敗しない選び方は?

ビッグローブ光の市販ルーター 失敗しない選び方
ビッグローブ光で利用できる市販のWi-Fiルーターの選び方を紹介します。
Wi-Fiルーターを選ぶ基準として大事な要素はこちらです。

  • IPv6に対応しているか
  • 通信速度が1Gbpsに対応しているか
  • 複数の周波数に対応しているか

です。
それぞれ、Wi-Fiルーターを選ぶ基準として大事なので以下の記事に目を通しておきましょう。

IPv6対応のものを選ぶ

IPv6という言葉を聞いたことがありますか?
ビッグローブ光を申し込む際に耳にした方もいるかと思います。

IPv6に対応したWi-Fiルーターを利用すると夜間などの混雑する時間帯でも高速な通信が利用できたり、安定した通信を利用できますので今Wi-Fiルーターを購入するのであれば、IPv6に対応したWi-Fiルーターをおすすめします。

IPv6に対応した機器は未対応の機器に比べ、少々値段が張りますがそれに見合った性能を持ち合わせているのでとても快適にインターネットを利用することができますよ。

通信速度1Gbpsに対応しているものを選ぶ

ビッグローブ光の速度は下り最大1Gbpsです。

昔の光回線は最大通信速度が100Mbpsや200Mbpsの物が多く、Wi-Fiルーターによって通信速度が変わるということはあまりありませんでしたが、今は最大通信速度が1GbpsということでWi-Fiルーターのスペックが低いとインターネットの通信速度も下がります。

必ず、最大1Gbpsに対応しているものを選びましょう。

2つの周波数(2.4Ghz・5.0Ghz)に対応しているものを選ぶ

Wi-Fiルーターの周波数には、2.4Ghzと5.0Ghzの2つがあります。

この周波数には、それぞれメリット・デメリットがあります。

2.4GHz帯は、電波が回り込みやすく離れたところや壁が多いところでも快適に利用できる特性がある反面、速度が遅いという特徴があります。

5GHzの電波は高速通信に適しており、電波干渉を受けにくいというメリットがありますが、
逆で壁や離れたところに弱く、電波が弱くなる傾向にあります。

そのため、両方の周波数を搭載しているものを選べば、利用シーンに応じて、最適な通信を行うことができます。
また、利用方法や機器の設置場所が決まっている場合は、それぞれの電波の特徴を踏まえて対応したルーターを選ぶといいでしょう。

ストリーム数が多いものを選ぶ

ストリーム数とはルーターのアンテナのことです。

単純にアンテナは数が多いほど通信が安定する傾向にあります。
市販されているWi-Fiルーターはほとんど2ストリームに対応していますので快適に利用できますよ。

MacBookなどの一部の製品は3ストリームや4ストリームに対応していますので、これらの製品で高速通信を利用したい方はストリーム数が多いWi-Fiルーターを利用することで更に快適に利用することができますよ。

ちなみに、アンテナが内蔵されている機種もありますので、購入前にストリーム数の項目をよく確認しておいてください。

ビームフォーミング機能を搭載しているものを選ぶ

ビームフォーミングとは、Wi-Fiルーターが自動で端末との距離や方向を判別し、Wi-Fiを利用している端末に直線的に電波を飛ばす機能です。
Wi-Fiの電波は通常、広がるように発信されていますが、ビームフォーミングに対応したWi-Fiルーターは端末に向かって電波を飛ばすことができるので高速通信を快適に利用できます。

ちなみに、ルーターだけでなく、端末もビームフォーミングに対応している必要がありますが、対応している機器は多くあります。
代表的なものはAppleのiPhoneです。

利用している方も多いのではないでしょうか?
iPhoneを利用している方はビームフォーミング対応のWi-Fiルーターの利用をおすすめします!

市販ルーターのおすすめはコレ!

市販ルーターのおすすめはコレ
続いて、市販のWi-Fiルーターでおすすめの機種を紹介します。
価格面、性能面で優れたWi-Fiルーターを紹介しますので、利用目的に合わせたWi-Fiルーターを購入しましょう。

NEC Aterm WG1800HP2(安さ重視の方向け)

はじめに紹介するWi-FiルーターはAterm WG1800HP2です。
こちらは旧製品となりますが、価格が安く、初めてIPv6を利用する場合はとてもおすすめです。

製造はNECなので、ビッグローブ光と相性がよく設定も簡単ですよ。
Wi-Fiの最大通信速度は1.3Gbps、有線LANポートも1Gbps対応と有線、無線ともに高速通信を利用できます。
価格は8,000円程度になっています。

NEC Aterm WG2600HS(高性能を求める方向け)

こちらのWG2600HP2はNECの中でも特に高性能なWi-Fiルーターです。
最大通信速度はWi-Fiで1.7Gbps、有線も1Gbpsととても高性能なWi-Fiルーターです。

複数の機器を接続する方や通信速度を向上させたい方におすすめのWi-Fiルーターですね。
価格は10,000円前後と高いですが、価格に見合った処理能力がありますよ。

NEC Aterm WG2600HSがもらえるキャンペーン

ビッグローブ光の申込みを検討されている方はネットの代理店経由で申し込むことをおすすめします。
ネット代理店のNNコミュニケーションズを経由してビッグローブ光を申し込むと今ならNECの高性能Wi-Fiルーター、WG2600HSがもらえます。

しかも、これに加えて最大27,000円のキャッシュバックも受け取れます。
KDDIからも何度も表彰されている優良代理店なので、安心して申し込みできますよ!

その他の市販IPv6対応ルーター一覧

その他の市販IPv6対応ルーター一覧
市販のWi-FiルーターでIPv6に対応しているものがどれかわからないという方もいると思います。
こちらではメーカー別にIPv6に対応したWi-Fiルーターを紹介します。

BUFFFALOの対応ルーター

  • WXR-1750DHP2
  • WSR-2533DHPL

こちらの2機種はBUFFALO製のIPv6対応Wi-Fiルーターです。
BUFFALOはWi-Fiルーターの代表的なメーカーでIPv6への対応も他社に先駆けて提供しています。

通信も安定していて、不具合も少ないので初心者にもおすすめです。
価格はどちらも7,000円程度ですので利用される方は好みの合わせて利用してください。

NECの対応ルーター

  • WG1800HP2
  • WG2600HP2

NECはビッグローブの生みの会社です。
生みの親ということで相性もよく、安定性も高いと評判です。

ちなみにビッグローブ光から提供されている1Gbps対応無線LANルーターは、NECのWi-Fiルーターです。
ビッグローブ光のIPv6の動作確認も行われていますので、安心して利用することができます。

IODATAの対応ルーター

  • WN-DX1167GR
  • WN-TX4266GR

IODATAのWi-Fiルーターではデザインが特徴的でインテリアとしても存在が際立ちます。
最新のWN-TX4266GRは高級感もあり、様々な機能が搭載されていますので特にすすめできるWi-Fiルーターです。

ルーターの設定方法

ルーターの設定方法
ビッグローブ光のルーター設定方法を紹介します。

Wi-Fiルーターの設定ということで、難しそうな気もしますが実はとても簡単なんです。
ステップごとに説明しますので、チャレンジしてみましょう。

1.Wi-Fiルーターにログインする

まずはWi-Fiルーターにログインしましょう。

ログイン方法はブラウザのURLバーに192.168.○.○と入力してください。
○の部分は製品によって異なるため、説明書を確認してください。

2.接続設定を行う

ログイン後、インターネットの接続を行います。
動作モードを選び、ユーザー名・パスワードを設定します。

細かい内容は、機種によって異なりますので、各Wi-Fiルーターのマニュアルの指示に従って接続設定を行ってください。

3.接続確認を行う

設定が終了したら実際にパソコンやスマートフォンでインターネットに接続してみましょう。
無事ウェブサイトなどが表示されたらWi-Fiルーターの設定は完了です。

ビッグローブ光のルーターに関するよくある質問

ビッグローブ光のルーターに関するよくある質問
ビッグローブ光のルーターに関するよくある質問を紹介します。
Wi-Fiルーターについてわからないこと、疑問に思うことを掲載しますので、一度確認して見てくださいね。

市販のルーターで不具合が出ることはない?

市販のWi-Fiルーターでの不具合ですが、殆どありません。
まれに相性問題などでインターネットに接続できないこともありますが、基本的にはないと起こっていただいて構いません。

ビッグローブ光の公式ページで動作確認ルーターを公開していますので、不安な方は動作確認済みのWi-Fiルーターを利用しましょう。
ちなみに、先ほど紹介したWi-Fiルーターは動作確認済みですので、こちらを利用すると安心ですよ。

フレッツ光や光コラボからの乗り換えの場合、ルーターは交換される?

フレッツ光や光コラボからの乗り換えの場合ですが、基本的にWi-Fiルーターに交換はありません。
レンタルでWi-Fiルーターを利用していた場合は乗り換え時に返却する必要がありますが、自身で用意したWi-Fiルーターであれば乗り換え後も継続して利用することができます。

ルーターが途切れる・繋がらない時の原因と対処法は?

Wi-Fiルーターとの接続が途切れる、繋がらないというときに対処法はまずは再起動です。
電源を切断し、しばらく時間が経ってから再度電源を入れてみてください。

何かあったときは基本的に再起動で問題は解決しますが、それでも接続できない場合はWi-Fiルーターの故障か相性問題の可能性があります。
Wi-Fiルーターの故障の場合は他の機器でも接続できませんので端末が複数ある場合は別の端末で接続を確認してみてください。

別の端末で繋がらない場合は故障の可能性がありますので、別のWi-Fiルーターを購入するか修理の申込みを行いましょう。
接続された場合はWi-Fiルーターとの相性の問題となりますので、こちらは他のWi-Fiルーターを利用することを検討してみましょう。

ビッグローブ光のルーターはいつ届く?届かない時は?

ビッグローブ光でWi-Fiルーターをレンタルした場合は基本的の申込みから10日程度で到着します。
もし、到着しない場合は、グローブ光のサポートセンターに話をしましょう。

まとめ

ビッグローブ光ではWi-Fiルーターをレンタルできますが、購入したほうがコストも低いですし、自身の利用用途に合わせたWi-Fiルーターを利用できるので、おすすめです。

その際、IPv6に対応したWi-Fiルーターを利用すると通信速度も高速で安定したインターネットを利用できます。
IPv6に対応したWi-Fiルーターを利用して快適なインターネットライフを満喫してください。

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら