ビッグローブ光 IPv6

この記事のまとめ
ビッグローブ光のIPv6オプションは、従来の通信方式とは違った方法でインターネットに接続するサービス。
高速通信が可能になる点が魅力です。
ビッグローブ光IPv6の評判や実際の速度、設定方法とは?

hikaritayasushi

あなたは今、ビッグローブ光のIPv6オプションが気になっているのではないでしょうか。

  • 自分にとって本当に必要なの?
  • 実際の速度はどうなの?
  • 利用するにはどうすればいいの?

そんな疑問にお答えします。ビッグローブ光のIPv6を検討されている方は参考にしてみてください。

ビッグローブ光のIPv6とは?


ビッグローブ光のIPv6とは、簡単に言えば、混雑する時間帯でも快適にインターネットを利用できる機能です。
現在、もっとも利用されている通信方法では利用者が多く混雑していますので、多くの人が利用する時間帯(午後6時以降)では通信速度が大きく低下してしまいます。

一方、このIPv6の通信方法を利用すると、利用者数が少ないため、混雑する時間帯でも快適に利用することができるのです!

ビッグローブ光のIPv6の利用に必要な条件

ビッグローブ光のIPv6の利用に必要な条件
IPv6を利用するためには、IPv6に対応したWi-Fiルーターが必要です。

こちらは、光電話を契約されている方はすでに対応した機器を利用しているので、そのまま利用できます。
それ以外の方は、ビッグローブから対応機器をレンタルすることができます。(月額500円)

また、家電量販店などでIPv6対応の機器を購入する方法もあります。
ただし、全ての機種でIPv6オプションが使えることが保証されているわけではないので、その点は注意しましょう。

ビッグローブ光で動作確認ができている機種は以下になります。
また、ビッグローブ光公式として動作確認できているWi-Fiルーターは

・BUFFALO製

WSR-1166DHPL2 [Version 1.00]

WSR-2533DHP3 [Version 1.21]

WSR-1166DHPL [Version 1.00]

WSR-1166DHP4 [Version 1.00]

WSR-2533DHP2 [Version 1.11]

WXR-1750DHP [Version 2.49]

※一部地域でIPv6オプションが有効にならずに通信ができない事象が確認されておりました。最新のファームウェアにアップデートを行ってください。

・アイ・オー・データ機器製

WN-SX300GR [Version 1.01]

WN-SX300FR [Version 1.02]

WN-DX1167R [Version 1.01]

WN-AX2033GR2 [Version 1.00]

WN-AX1167GR2 [Version 1.11]

WN-AX1167GR [Version 3.21]

※ 設定画面から[インターネット]メニューで「v6プラス」を選択

・NTTドコモ製
ドコモ光ルーター 01 [Version1.3.0]

・NECプラットフォームズ製

WG2600HP3 [Version1.2.0]

WG1900HP2 [Version1.1.2]

WG1200HP3 [Version1.1.1]

・エレコム製

WMC-C2533GST-W [Version 1.00]

WMC-2HC-W [Version 1.00]

WRC-X3000GS [Version 1.0.15]

WRC-2533GS2-W [Version 1.00]

WRC-2533GS2-B [Version 1.00]

WRC-1167GS2-B [Version 1.00]

WMC-DLGST2-W [Version 1.00]

WMC-M1267GST2-W [Version 1.00]

WRC-2533GST2 [Version 1.01]

WRC-1900GST2 [Version 1.00]

WRC-1750GST2 [Version 1.00]

WRC-1167GST2 [Version 1.03]

・TP-Link製

Archer A10 [ファームウェア Archer A10(JP)_V1_190624]

Archer A2600 [ファームウェア Archer A2600(JP)_V1_190624]

・アライドテレシス製

AT-AR1050V [Version 5.4.9-1]

AT-AR4050S [Version 5.4.9-1]

AT-AR2010V [Version 5.4.9-1]

AT-AR2050V [Version 5.4.9-1]

AT-AR3050S [Version 5.4.9-1]

ビッグローブ光IPv6の評判

ビッグローブ光IPv6の評判
Twitterでビッグローブ光のIPv6の評判を確認してみましょう。
IPv6は利用者が少ないということで、Twitterの評判もよく、皆さん快適に利用されているようですよ。

ビッグローブ光IPv6の通信速度測定結果は速い

調査したところ、ビッグローブ光のIPv6を用いて通信速度も計測を行っている方も多くいらっしゃいました。
通信速度がとても速く、快適に利用できる結果であることがわかりますね。

このように、同じビッグローブ光でもIPv6を利用するとここまで通信速度が上がるのです。

ネットワークのラグが少なくなる

ビッグローブ光のIPv6を利用したら、ネットワークの遅延が少なくなったという声もありました。
混雑している規格を利用するとサーバーでネットワークの処理多くなるため、遅延は多くなってしまいます。

また、ビッグローブ光のIPv6に限らず、IPv6は処理に時間がかかる部分を飛ばしてインターネットに接続できるため、このような遅延もなく快適に利用することができますよ。

申し込みから開通までが早い


ビッグローブ光を利用している方であれば、IPv6の申し込みから30分程度で開通できるそうです。
すぐに設定できるので、この速さはありがたいですね。

オンラインゲームも快適に利用できる


ビッグローブ光のIPv6はオンラインゲームでも快適に利用できます。
一時期、IPv6を利用するとオンラインゲームが利用できないといったこともありましたが、現在のオンラインゲームはほとんどIPv6に対応していますのでプレイできます。

遅延が発生しにくいということでFPSなどの遅延にシビアなゲームも快適にプレイできますよ。

ビッグローブ光IPv6の注意点は?

ビッグローブ光IPv6の注意点は?
ビッグローブ光のIPv6を使用する際の注意点について紹介します。
申し込むと無料で利用できるビッグローブ光のIPv6ですが、いくつか注意点があります。
こちらの注意点を理解して快適なインターネット環境を構築しましょう。

必ず速くなるわけではない

ビッグローブ光のIPv6を利用したからと言って、必ず通信速度が速くなるとは限りません。
利用しているWi-Fiルーター、利用しているサイトなどインターネット回線以外にも通信速度に影響する要因は色々ありますので、その点は覚えておきましょう。

一部利用できないサービスがある

特殊なサイトなどは、IPv6を利用すると、利用できないサービスがあります。
具体的には、以下のようなものです。

固定IPアドレスオプション
ダイナミックDNSサービス
一部通信型ゲームなど、特定ポートを使用するサービス、または、複数のユーザでIPアドレスを共有すると利用できないサービス
特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
外部へのサーバ公開

IPv4の通信しか受信できないサービスを利用していた場合、IPv6を導入すると正常に利用できない可能性があります。
そのようなサービスはホームページなどで情報を公開していると思いますので、不安な方は一度サービスのホームページを確認してみてください。

IPv6オプションとIPv6オプションライトの違い

ビッグローブは光はIPv6オプションとIPv6オプションライトと言う2種類のサービスを提供しています。
こちらの2つのサービスの違いですが、接続方法の違いです。

IPv6オプションは常にIPv6方式で通信を行いますが、IPv6オプションライトはIPv6とIPv4の両方の通信方式を利用できます。
(IPv6未対応のサービスは従来のIPv4方式で通信を行います。)

基本的には通常のIPv6オプションを利用した方が速度が速くなる可能性は高いです。
ただし、先述の注意点でも紹介したIPv6に対応していないサービスを利用できないため、上記のようなサービスを利用したい方には、IPv6オプションライトの方がおすすめです。

ちなみに、IPv6オプションライトの料金は無料となっています。

ビッグローブ光のIPv6は本当に必要?

ビッグローブ光のIPv6オプションは対応ルーターの用意したり、申し込み、設定など少し手間がかかってしまうため、「自分にとって本当に必要なの?」と迷っている方もいるかもしれませんね。

実際問題、すべての人がIPv6を必要としていることではありません。
IPv6の利用をおすすめする人は以下のとおりです。一つでも当てはまったらIPv6の利用をおすすめします。

  • 現在の環境の通信速度に満足していない方
  • IPv6非対応のサービスを利用しない方

このようになっています。
通信速度に不満がある方は、IPv6を利用することで通信速度の向上が期待できます。

また、上記で紹介したようなIPv6非対応の特殊なサービスを利用していない方は、わざわざIPv4を利用し続ける理由はありません。(つまりほとんどの人はIPv6を利用するデメリットがないということ)
IPv6は混雑が少ないという点で見てもインターネットの質は向上しますし、快適に利用できることは間違いありませんので、特に理由のない方でもIPv6の利用をおすすめします。

ビッグローブ光のIPv6は本当に必要?

ビッグローブ光IPv6の申し込み~利用までの流れ

ビッグローブ光IPv6の申し込み~利用までの流れ
ビッグローブ光のIPv6の申込方法について紹介します。
手順はとても簡単です。

まずは申し込んでおくことで、利用したくなったタイミングで使用開始できます。

  1. ビッグローブ光のマイページにアクセスする
  2. IPv6オプションを申し込むボタンをクリックする
  3. お客様IDとアクセスキーを入力する

こちらの手順のみで申し込みが可能です。
お客様IDとアクセスキーは申込時の書類に記載されていますので、確認してみてください。

ビッグローブ光IPv6の接続・設定方法

ビッグローブ光のIPv6の申し込みが完了して、30分ほどすると設定完了のメールがきます。

これを確認できたら、続いて接続を確認します。
光電話を契約しているか・していないか?などによっても接続方法がことなりますので、以下を参考にしてみてください。

■光電話を契約している・Wi-Fiルーターなしの場合
光電話を契約している・Wi-Fiルーターなしの場合

■光電話を契約している・Wi-Fiルーターありの場合
光電話を契約している・Wi-Fiルーターありの場合

■光電話を契約していない・Wi-Fiルーターなしの場合
光電話を契約していない・Wi-Fiルーターなしの場合

■光回線を契約していない・Wi-Fiルーターありの場合
光回線を契約していない・Wi-Fiルーターありの場合

次に、Wi-Fiルーターの設定を行います。
IPv6を利用する場合、IPv4接続のようにIDとパスワードを入力する必要がないため、ルーターにログイン画面から、「設定」を「IPv6オプション」の動作モードに設定すればOKです。

ただし、一部光電話ルーターでポートの開放ができずインターネットに接続できないといった症状が出ることがあるようです。
そのような状態になった場合はひかり電話ルーターとWi-Fiルーターのアドレスを同じセグメントにすることで解決するようです。

同じアドレスに設定を行う場合は

  1. ひかり電話ルーターにログイン
  2. ひかり電話ルーターのIPアドレスを確認する
  3. Wi-Fiルーターにログイン
  4. Wi-Fiルーターのデフォルトゲートウェイという設定項目でひかり電話ルーターのIPアドレスの4つの点で区切られた3つ目まで同じアドレスにする(ひかり電話IPアドレスが192.168.1.1だった場合、192.168.1まで同じにして最後を100など別の番号にする)

こちらでポート開放の設定を行うことができます。

IPv6接続後の確認方法

IPv6接続後の確認方法ですが、ビッグローブ光のIPv6オプション:BIGLOBE会員サポートにアクセスすることで接続を確認することができます。

こちらのサイトにアクセスし、「現在の接続環境の部分」に「IPv6」と表示されればIPv6の設定は完了しています。

もし、こちらの表示部分にIPv4と表示された場合はIPv6オプションの申し込みの確認ひかり電話ルーター及びWi-Fiルーター設定が間違ってない確認し、再度接続を行ってみてください。
それでも解決しない場合は一度ビッグローブ光のサポートに連絡してみましょう。

IPv6オプションにしても遅い場合の原因と対処法は?

もしIPv6環境を構築しても通信速度が向上しない場合があります。

このようなときは、Wi-Fiルーターの設定を確認するか、接続台数が多くないか?を確認してみて下さい。
Wi-Fiルーターも処理できる性能に限りがありますので、多くの機器を接続すると通信速度が低下します。

また、Wi-Fiルーターから離れてインターネットを利用すると電波が弱くなり、通信速度の低下に繋がります。
その他には、通信速度が遅いときはWi-Fiルーターの買い替えを検討する、中継機を利用するなどの改善方法を試してみましょう。

ビッグローブ光IPv6に関するQ&A

ビッグローブ光IPv6に関するQ&A
ビッグローブ光IPv6に関するQ&Aを紹介します。
利用するにあって、様々な疑問があると思います。

こちらでは、よくある質問をまとめましたので、なにか疑問があるときは一度こちらを確認してみてくださいね。

IPv6とv6プラスの違いは?

IPv6とv6の違いですが、IPv6は通信の利用する規格、v6プラスはそのIPv6を利用したサービス名称です。
とあるプロバイダではv6プラス、ビッグローブではIPv6オプションなどといったようにプロバイダごとにサービス名称が異なりますが、基本的なサービス内容に違いはありません。

IPv6非対応のサイトは利用できる?

IPv6に非対応のサイトでも自動的に判別してサイトを閲覧することができます。
こちらは利用者側で特に設定を行う必要もないため、安心して利用してください。

自宅のWi-FiルーターがIPv6に対応しているか調べる方法は?

自宅のWi-FiルーターがIPv6に対応しているか調べる方法として、「利用している機種名+IPv6」と検索することで確認することができます。
機種の製品ページでIPv6の対応有無が記載されていますので、確認してみてください。

また、製品を製造している会社の電話やチャットサービスでも問い合わせることができますので、確認できなかったは一度電話やチャットサービスで回答を仰いでみましょう。

他社のIPv6と違いはある?

他社のIPv6のサービスと比較してビッグローブ光のサービス内容に違いはありません。
名称が違うだけでサービス内容はほぼ同一です。
厳密に言えば方式に多少の違いはありますが、基本的な仕様は各社同じですので、どこが優れているといった差は少ないです。

まとめ

ビッグローブ光はIPv6を利用することで、通信速度が向上し、快適に利用できるようになります。
申し込みはマイページから行うことができますので、簡単に利用を開始できます。

一部サービスが利用できなかったり、対応したWi-Fiルーターを用意しなくはいけないといった、面倒な点もありますが、それに見合った価値がありますので通信速度に困っている方はぜひ利用してみてくださいね!

この記事を書いた人
福田ありさ

福田ありさ

ぴかまろ編集・ライティング担当。光回線の販売経験を活かして、インターネットサービスのあれこれをわかりやすくお伝えできるように日々奮闘しています。家でも光回線やスマホサービスを色々試しており、ユーザー目線でリアルな情報を発信できたらと思っています!よろしくお願いします。

NEWS PICKSはこちら