awa
音楽ストリーミングサービスのawaは、音楽が聴き放題で利用者が急増しています。
良さそうだと思っていても、本当に良いのか不安になりませんか?

  • 無料でどこまでできるの?
  • 有料プランとの違いは?
  • spotifyなどの類似サービスとどこが違うの?
  • そもそも使い方が分からない

こんな不安や疑問を持ってしまいますよね。

そこで今回は音楽ストリーミングサービスのawaの評判を徹底的に調査し、解説していこうと思います。
また、awaの基本的な使い方はもちろん、サービス内容・有料・無料プランの機能の違いなど、皆さんが疑問に感じていることを解説し、安心してお得に利用できる情報が満載です。

この記事を読んでawaの良さを知り、快適に音楽ストリーミングサービスを楽しみましょう!

awaの特徴

今ではたくさんの音楽配信サービスが登場していますが、このawaもそのサービスのひとつです。
近年人気が上昇している、その理由は以下のようになっています。

  • 邦楽も洋楽も含めて5,500万曲視聴可能
  • 通信制限を気にしないでいい機能あり
  • むしろ圏外でも使えるようにできる
  • 車の中やパソコンなどいろんな環境に対応
  • 歌詞を表示して楽しみ方が幅広い

たくさんの機能がついているだけでなく、音楽配信サービスで重要な曲数も多いのが大きいでしょう。
以下でもっと具体的に、awaの特徴について確認してみてください。

5,500万曲が聞き放題

まず音楽配信サービスとして特に重要な、曲数の多さについてです。
awaには5,500万曲という膨大な曲数を配信できるようになっており、日本の音楽配信サービスの中でも、トップクラスの曲数が聴けるようになっています。

視聴可能曲数
awa 5,500万曲
Apple music 5,000万曲
Spotify 4,000万曲
google play music 4,000万曲
dヒッツ 450万曲

以下の表を見てもわかりますが、他の音楽配信サービスに比べても、かなりの曲数が多く、注目されているわけです。

またawaの配信曲数の中には、他の音楽配信サービスに比べて、邦楽が比較的多めに配信されています。
邦楽が好きな人にはうれしい特徴でしょう。

通信制限を気にせず使える

曲数だけでなく、機能面も充実しているところが、awaの人気を高くしているポイントです。

その機能のひとつが音質設定!
音楽配信サービスでは、ストリーミング再生という通信をしながら曲を再生させるのですが、awaでもその方法を採用しています。

この配信方法だとスマホのデータ容量を消費してしまい、通信制限となって曲をスムーズに聴けなくなってしまうというデメリットが心配な方もいるかもしれませんが、そこでawaの音質設定機能が役に立ちます。

awaでは音質を下げることで、使えるデータ容量を大幅に広げられるため、通信量をそれほど気にせず、音楽を楽しめます。
もちろんモバイルデータ回線のみに反応するため、wifiの環境下で使うと音質を上げられて安心です。

圏外でも聴くことができる

音質を下げずに外出先でも気軽に、awaの音楽を楽しみないのなら、オフラインでも楽しめるダウンロード機能を使いましょう。

お気に入りの曲をスマホ内に保存して、ストリーミング再生をしなくても、オフラインで視聴ができるようになります。

つまり圏外になったとしても、ダウンロードしておけば、お気に入りの曲が聴けるようになるわけです。
お家にいるときに、Wifi環境下で先に曲をダウンロードしておきましょう。

パソコンやカーナビでも聴ける

さらにawaは幅広い環境下で使えるのも、注目されている要因になっています。

まず車を頻繁に使う人は、カーナビと連動させられるので、それを利用すればいいでしょう。
大きく分けて3パターン方法があり、好みに合わせて使い分けてみてください。

  • Bluetooth
  • Carplay
  • AndroidAuto

とくに気軽に聴くならBluetoothで、カーナビと接続すれば、すぐに音楽が消えるようになります。
積極的に取り入れてみましょう。

またスマホだけでなく、パソコンを使ってawaのサービスが利用可能です。
オーディオ環境を整えると、高音質で音楽が楽しめるので、室内で使うのに重宝します。

歌詞が表示される

awaが使いやすいのは歌詞が表示される機能もついており、その表示方法も簡単なところもポイントです。

スマホの場合は再生中の画面に歌詞と書かれたボタンが表示されているので、それをタップするだけで歌詞が表示されます。

パソコンだとアルバムなどの画像が、再生中の下側の画面に表示されているので、そこをクリックすると歌詞を出してくれるでしょう。

awaの料金プラン

料金
STANDARDプラン 月額960円
年間プラン 年額9,600円
アーティストプラン 月額270円~
FREEプラン 0円

awaには無料のプランと有料のプランの2種類があります。

ちなみに有料のプランには月額制と年額制、さらにアーティストプランの3種類。

年額払いだと、スタンダードプランより1,920円ほどお得になります。
機能的に年額制も月額制も同じなので、トータルで料金を抑えたいのなら、年額払いを選択したほうがお得でしょう。

またアーティストプランという独特のプランが用意されており、これもawaの独特の機能です。
自分の気になるアーティスト1人につき、270円月額でかかるという仕組み。同じアーティストばかり聴く人には、かなりお得に作られているでしょう。

ところが無料と有料には、機能の違いが出てくるので、そのあたりを以下で詳しく紹介します。

AWA FREE(無料プラン)

awaが注目される大きな理由は、なんと言っても無料で音楽が聴けてしまえるところです。
ところが無料だからこそ、制限されているところがあり、それが気になった人は有料プランを検討しましょう。

  • 月に20時間以内しか聴けない
  • ハイライト再生のみ
  • ストリーミング再生のみ

ハイライト再生とは、1曲すべてではなく、その曲の聴きどころとなる部分しか再生されない再生方法です。
ストリーミング再生は、オンラインでしか再生できません。

上記のような環境が少し物足りなさを感じるなら、有料プランに変更してみてください。

STANDARD(有料プラン)

スタンダードプランでは、上記の気になるポイントは、すべて解除されて便利になります。
1曲すべて聴けるだけでなく、曲をダウンロードできるので、外出先でも重宝するでしょう。

再生時間を制限される心配もないので、思い存分音楽を楽しみたい人にピッタリです。
もちろん上記で紹介した機能を、すべて使えるため、好みに合った新しい曲を探すのにも役立ちます。

有料プランと無料プランの機能比較

FREE STANDARD
料金 0円 月額960円
再生方法 ストリーミング再生 ストリーミング再生
オフライン再生
広告の有無 なし なし
オフライン再生 ×
歌詞表示
フル再生の可否 ×
再生時間制限 20時間/月 制限なし

上記のように機能を比較してみるとわかるように、使い勝手のいい機能ばかりを集めたのが、STANDARDプランを利用するメリットです。
そもそも1曲すべて聴けないのは、音楽好きとしては物足りなさを感じるでしょう。

逆にFREEプランでも、曲の検索ができるため、awaを曲探しのツールとして使うと便利かもしれません。
使い方をよく考えて契約してみましょう。

awaの使い方

ここからは、awaの使い方について説明します。
じつはawaが人気なのは、使い方そのものも簡単だからという理由もあります。

  • アプリのダウンロード方法
  • 会員登録の方法
  • 機能それぞれの使い方

awaの使い方の前に、準備の段階から紹介するので、試しにダウンロードしてみましょう。
無料で使える部分もあるので、気軽に取り入れてみてください。

アプリをダウンロード

Awaを使いためにはスマホの場合、アプリをインストールする必要があります。
もちろんAndroidでもiOSでも、両方とも対応しているので安心してください。

しかもダウンロード後にアカウントの登録など、無駄な作業をしなくても、すぐに利用できるのもawaのいいところでもあります。

iPhoneならApple Store、AndroidならGoogle Playからawaをダウンロードしてみましょう。

会員登録

アカウントの登録をしなくてもすぐに使えるawaですが、万が一スマホを紛失してしまったらデータが引き継げず、困ってしまうことになります。
それを防ぐために、予め会員登録を済ませておくと安心です。

  1. 画面の下にあるメニューバーをタップ
  2. 設定メニューの中にあるアカウントをタップ
  3. 下側のログイン方法の設定を選択
  4. 以下のいずれかの方法を選択
    • Facebookコネクト
    • Twitterコネクト
    • メールアドレス・パスワード登録
  5. アカウント登録完了

これで会員登録が完了できるので、安心してawaを使いこなしてしまいましょう。

音楽再生の方法と機能

awaには以下の機能が用意されており、うまく使いこなすと、さらに音楽の楽しみ方が広がります。

プレイリスト 好みの曲を組み合わせて作れる機能
DISCOVERY 好みに合わせて自動で曲をおすすめしてくれる機能
FOCUS Awaのスタッフが厳選したおすすめ曲機能
TRENDS 世間が注目しているトレンド情報
GENRE/MOOD ジャンルや気分に合わせた曲選択機能

それぞれどのような使い方をするのか、以下で具体的に紹介するので、参考にして使って見ましょう。

プレイリスト

プレイリストとはawaが配信している音楽の1曲ずつを、自分の好みに合わせてアルバムのように1つにまとめる機能です。

最大で100曲を1まとめにできるので、ラジオのように作ることもできます。
また公開・非公開機能もセットでついているので、うまく使い分けてみましょう。

  1. 画面下のメニューバーを選択
  2. My Playlistの中の「プレイリストを作成」を選択
  3. 「曲を追加」を押して曲を検索する
  4. お気に入りの曲があれば「+」を選択して追加
  5. タイトルや説明文も追加可能
  6. プレイリストを公開のオン・オフ機能を押す

このように簡単に、プレイリストを作成できます。

DISCOVERY

この機能はawa独特のものであり、今まで聴いた曲を蓄積させて、好みの曲を提案してくれます。
基本的にそのデータを元に作ったプレイリストが、下に表示されているので、気になったものを選択しましょう。

それだけで新しい好みの曲を見つけられる可能性が高くなり、さらに音楽が好きになっていきます。

FOCUS

この機能の使い方も表示された気になる曲を、選択するだけでいいので、スマホなどのネット関連が苦手な人でも簡単に使えます。

awaのスタッフがおすすめしているプレイリストが主に表示されているので、今まで聴いた経験がないジャンルなど、新しい曲を見つけたい人におすすめです。

TRENDS

トレンドは世間的に人気がある曲を、主にピックアップしていた内容になっています。
以下のような表示方法が用意されており、気になる人はBROWSINGメニュー内にあるメニューから見てみましょう。

  • オリジナルランキング
  • ヒット曲ランキング
  • 新着トップランキング など

もちろんジャンルごとのランキングなどもあるので、あらゆるトレンドが把握できてしまいます。
自分の好みを見つけるのにも役立つでしょう。

GENRE/MOOD

こちらの機能は様々なジャンルのプレイリストが、豊富に用意されています。

曲のジャンルはもちろんですが、その日の気分に関してもジャンル分けされており、ラジオ感覚で曲が流し聴きできるのもポイントです。

タグを使った検索もできるので、気分よって使い分けましょう。

awaの口コミ

awaは独特の機能がたくさん備わっていて、使い勝手がいいのですが、実際にこの機能を使いこなしている人は多いのか気になるところでしょう。

機能が豊富なのはいいですが、使いにくいのなら、いくら曲数が多くて魅力的でも意味がありません。
そこで実際に使った人の口コミを見てみましょう。

良い口コミ

awaのいいところは使いやすいデザイン。
ここを評価している口コミが多く、おしゃれなところも注目されているポイントです。

それだけでなく、新しい曲を見つけるのに適しており、とくに邦楽をメインで聴く人はawaを中心に使っていました。

その他に、限定プレゼントキャンペーンなどを積極的に行っている点も音楽ファンにとっては嬉しいポイントになっています。

また、STANDARDプランは、かなり使いやすいと評判です。
上記のいい口コミの大半が、STANDARDプランを利用しての口コミでした。

つまりawaの使いやすさを存分に発揮させるには、有料にしたほうがいいわけです。
料金をおさえたい人は、好きなアーティストに絞ったプランにするのもいいでしょう。

悪い口コミ

awaでは曲がアルバム単位でしか表示されないため、ピンポイントで1曲を見つけたい人には使いにくいみたいです。

プレイリスト単位での再生となるため、どうしてもそれが気になる方もいるようです。
このあたりがawaを使うかどうかの、基準にしてみてもいいかもしれません。

また、FREEプランだと1曲すべて再生されないため、それだけでもかなりストレスを感じている声もありました。

もちろん無料だから仕方がないことですが、制限があるのにイライラしてしまうそうです。
普通に使いたいのなら、STANDARDプランにしたほうがいいでしょう。

awaのメリットとデメリット

Awaが注目されるのは機能が豊富で曲数が多いところです。
ところが利用者によって使いやすさが違いました。

使う前からいろんな意見を見てもわかりにくいでしょう。
そこでどのような人にとって、awaを使うとメリットやデメリットがあるのか、具体的にまとめてみました。

メリット

awaのメリットとしては以下のような点です。

  • 邦楽が豊富
  • 新しく好みの曲に出会える
  • 使いやすい
  • 複数の端末で同じアカウントにログインできる

awaはデザイン性がよく、使う人のことをよく考えて作っているので、使いやすいアプリを探している人には高評価でした。

またハイライト再生のようなメインとなる部分だけを聴ける機能や、プレイリストが豊富なところも魅力的で、新しくお気に入りの曲を見つけるのにも特化しています。

曲数が多いところも大きなメリット!
邦楽な好きな人は、awaを試してみましょう。

デメリット

逆にawaを使ってデメリットと感じるところがあるのも、人によってあるのは事実です。
デメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 洋楽が少し少なめ
  • 有料プランでなければ、存分に音楽を楽しめない
  • 複数の端末で同時に使うことはできない(1契約1アカウントのみ)

実際awaの料金が高いわけでありませんが、プランが少ないのが気になるところです。

また聴く音楽の種類によって、awaが物足りないと感じるという声もありました。
曲数が多いのはたしかですが、日本初というのもあり、邦楽を楽しみたい人と相性がいいようです。

つまり好みの違いでawaが使いやすいかどうかが決まるので、試しに使ってみないと、相性がいいかわかりません。
FREEプランから始めて、使いやすさを確かめてみましょう。

STANDARDプランは使った方がいい?

awaを有料プランで使うべきか迷っている人もいるでしょう。

ちなみにawaは邦楽が比較的多いという、他の音楽配信サービスと違いがあるため、awaそのものと相性がいいならSTANDARDプランにしても損はありません。

これが前提条件ですが、FREEプランとSTANDARDプランにも、相性の差があるので参考にしてみてください。

AWA FREE(無料プラン)がおすすめなのはこんな人

無料で曲が聴けてしまうawaのFREEプランには、ハイライト再生などの特徴的な機能が搭載されています。
それを考えると以下のような人は、相性がいいと思っていいでしょう。

  • 好みの曲をawaで探してCDで聴く
  • ラジオ感覚で聴き流すだけ
  • お金をかけたくない

ハイライト再生とはメインとなる部分だけ再生される機能。
サクッと聴けてしまうのもあり、新しくお気に入りの曲を探したい人にピッタリです。
もちろん検索機能なども豊富で、音楽好きならFREEプランでも十分使いやすいでしょう。

1つの音楽に聴き入るのではなく、プレイリストを聴き流しながら作業をするような使い方であれば、楽しめます。
そのため、ラジオのような感覚で使いこなすのがおすすめです。

STANDARD(有料プラン)がおすすめなのはこんな人

本格的にawaを使い出すと、無料であるFREEプランでは、物足りなく感じてしまう声がよくありました。
そこで以下のような人は、STANDARDプランに変更してしまいましょう。

  • awaだけで音楽を楽しみたい
  • 外出先で使い倒したい

FREEプランでは1曲を通して聴けないので、本格的に音楽を聴き入りたいのなら、物足りなく感じるのは仕方ありません。
STANDARDプランにしてしまえば、フル再生可能になるので、わざわざ別の音楽配信サービスを利用する必要がありません。

また音質を変える機能やオフライン再生が使えるSTANDARDプランなら、外出先でも気軽に曲が聴けてしまいます。

つまり音楽を楽しむのにawaだけで完結できてしまうので、面倒に思ったらSTANDARDプランにしてしまいましょう。

awaの解約方法

有料プランを申し込みたい方は、解約の方法も知っておくと安心でしょう。
そこでどのようにawaを解約するのか、その方法について紹介します。

ちなみにawaの解約する前にアプリをアンインストールしても、有料プランを解約できた状態になりません。
その点には注意しておいてください。

OSの場合

  1. Apple Storeのアプリを起動
  2. 検索タブ以外をタップしてプロフィールアイコンを選択
  3. 自分のApple IDを選択してログイン
  4. 「登録」という部分を選択して有効欄のawaをタップ
  5. 「登録をキャンセルする」を選択して確認を押して完了

Androidの場合

  1. Playストアのアプリを起動
  2. 左上にあるアカウント情報を選択
  3. 定期購入をタップして一覧の中のawaを選択
  4. 「解約」を選択して完了

Web上で課金した場合

  1. 公式ページからawaにログイン
  2. プランステータスのプランの詳細を見るをクリック
  3. 「定期購入をキャンセル」をクリック
  4. 注意事項を確認してから、解約を進める

awaのアプリ内に有料プランを解約する機能がないため、端末ごとの機能で有料プランを解約しましょう。
どの端末で課金したかによっても、方法が変わってしまうので、忘れないようにするのもポイントです。

まとめ

日本発の音楽配信サービスがawaというのもあり、邦楽が比較的多く配信されているのが大きな特徴です。
有料と無料のプランに分かれていますが、無料であるFREEプランでも十分に満足できる内容になっています。

ハイライト再生や検索機能によって、お気に入りの曲が見つかりやすく、音楽好きなら試しに使ってみましょう。

そしてawaだけで本格的に曲に入り浸りたいのなら、有料であるSTANDARDプランにするのがおすすめです。
口コミでも評価が高いアプリなので、試してみても損は少ないでしょう。

コメントを残す

CAPTCHA