コンビニやカフェなど、街中で目にすることの多くなった無料Wi-Fiスポット。

しかし広く普及していても、Wi-Fiスポットの接続方法や使用方法については掲示されていないことも多々あります。
また、無料Wi-Fiは誰にでも開かれているため、個人情報漏洩などセキュリティ面での不安もあります。

そこで、この記事では無料Wi-Fiの中でもau Wi-Fiスポットについてご紹介。

au Wi-Fiの基礎知識から使い方、トラブル時の対処法、au Wi-Fi以外のインターネット接続方法などについてご紹介しているので、au Wi-Fiの利用を検討している方は今後の参考にしてみてくださいね。

auのWi-Fiスポットとは?

au Wi-Fiについてご紹介する前に、まずは無料Wi-Fiスポットの基礎知識を仕入れておきましょう。
Wi-Fiの仕組みやau Wi-Fiスポットの特徴について簡単にご紹介します。

Wi-Fiの簡単解説

スマホやタブレットなどの通信機器は回線でつながっています。
回線の接続方法は大きく有線と無線とに分けられ、LANを使って線を直接回線につなぐものを「有線LAN」、ルーターなどを使って電波を飛ばし、無線で接続する場合は「無線LAN」と呼びます。

中でもローカルのネットワークに無線でつなぐのが「Wi-Fi」です。
つまり、この記事でご紹介する「au Wi-Fiスポット」は、「auの提供しているネットワークが無料で利用可能なスポット」のことです。

au Wi-Fiスポットの特徴

ほとんどが無料

au Wi-Fiスポットはほとんど無料で使えます。
ただ、利用するためには以下の条件を満たす必要があるため利用する際は注意が必要です。

  1. auで対象のプランに加入している
  2. 「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」の場合月額300円を支払っている

基本的にauでスマホの端末契約をしている場合無料だと考えていて差し支えありません。
Wi-Fiにつなげば、通信制限を気にせず無料で動画視聴やゲームなどを楽しめるので、auユーザーの方はぜひ利用してみてくださいね。

au Wi-Fi スポットは、実は1つの回線ではない!

「au Wi-Fiスポット」とだけ聞くと1つの回線を共有すると思いわれがちですが、実はau Wi-Fiスポットの中でも、以下のように回線名が細かく分かれています。

①au Wi-Fi

  • au_Wi-Fi(暗号化あり)
  • au_Wi-Fi2(暗号化あり)

②Wi2 300

  • Wi2
  • Wi2_club(暗号化あり)
  • Wi2_free
  • Wi2premium
  • Wi2premium_lub(暗号化あり)

③Wi-Fiスクエア

  • wifi_square

④UQ Wi-Fi

  • UQ Wi-Fi(暗号化あり)

ここで注目したいのが、Wi-Fiスポットで必要になる「SSID」です。
SSIDとは、アクセスポイントに付けられたそれぞれの名前のこと。

基本的にはアルファベットと数字で作られており、回線名が異なるとSSIDも異なります。
携帯でWi-Fiを探す際、Wi-Fiの接続選択のところに複数の複雑なアルファベット表記を見たことはありませんか?

それが現在いる場所で接続できるアクセスポイントの名前、SSIDです。
セキュリティ対策をしっかりしたいなら、上の種類のうち暗号化されているSSIDを使ってください。

操作が簡単

無料Wi-Fi全体にいえることですが、簡単に接続できるのは大きなメリットです。
いくら無料でも、接続方法が難しいと繋げることも面倒になってしまいますよね。

特に機器に詳しくない方や、あまりPCやスマホの設定をしたことがない方ならなおさらです。
しかし、無料Wi-Fiは機器に詳しくない方や初心者の方でも簡単に接続できます。

無料Wi-Fiの設定方法については「au Wi-Fiスポットの利用の仕方は?」の項目でご紹介しているので接続する際は参考にしてみてください。

4GLTE/3GとWi-Fiを自動切換えできる

au Wi-Fiは、Wi-Fi接続と4GLTE/3G接続とを自動で切り替えられます。
そのため、au Wi-Fiスポットのカフェなどで食事をした後、カフェを出てau Wi-Fiスポットから外れると自動的に4GLTE/3Gに接続。

au Wi-Fiスポットから離れてWi-Fiを切った後もすぐ4GLTE/3G回線に接続できるため、SNSなどでやり取りしている相手との会話も途切れず、動画の視聴もスムーズです。
面倒な切り替え操作の手間が省けるだけでなく、Wi-Fiから4GLTE/3G回線への復帰方法がよくわからない方にも魅力的な機能です。

「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」への契約が必要となる場合もある

au wifi

au Wi-Fiスポットはauユーザーであれば誰でも接続可能です。
モバイル端末以外にも、ノートPCやiPadなどをau Wi-Fiスポットに接続できます。

ただ、利用料金は契約しているプランなどによって異なるため注意しましょう。
契約次第では「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」への加入が必要となり、300円(+税)がかかるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、Macアドレスの認証を利用すれば自動でau Wi-Fiを試せます。
au Wi-Fiの利用を迷っているMacユーザーの方はぜひ一度試してみましょう。

au Wi-Fiスポットの利用の仕方は?

au Wi-Fiスポットはauユーザーに開かれている便利な無料Wi-Fiスポットですが、利用するためにはアプリが必要です。
au Wi-Fiのアプリをインストールする際は通信費がかかるためWi-Fi環境下でのインストールがおすすめです。

au Wi-Fiのアプリをインストールさえしておけば、後は簡単な操作で接続できるため外出前にダウンロードしておきましょう。
また、au Wi-Fiのアプリをインストールした後の操作方法が、アンドロイド端末とiPhoneで異なる点に注意が必要です。

au Wi-Fiの接続ツールならスポット探しも簡単

au Wi-Fiの接続ツールとは、au Wi-Fiスポットを利用するための専用アプリのことです。
au Wi-Fiの接続ツールを利用すれば、どこにいてもWi-Fiスポットを探せます。

外出中でもau Wi-Fiスポットの場所がわかるため、SNSや動画視聴など無料でWi-Fiを利用したい時に便利です。
専用アプリを使えば、au Wi-Fiの使えるカフェを探すこともできます。

無料Wi-Fiを使えれば、カフェでできることも増えますね。
なお、国内での利用は無料ですが海外での利用は有料になるので気を付けましょう。

au Wi-Fiで利用するべきアプリは?

au Wi-Fiを使う際におすすめなのは「au Wi-Fi接続ツール」というアプリです。
AppStoreや、Google Playからインストールできます。

この「au Wi-Fi接続ツール」というアプリは、「au Wi-Fi SPOT」や「Wi-Fi HOME SPO」を、より快適で効果的に利用するために作られました。
「au Wi-Fi接続ツール」特徴は以下のとおりです。

  1. 全国にある全てのau Wi-Fi無料スポットを検索できる。
  2. 宅内のWi-Fi機器にも、簡単に接続できる。

アプリをインストールしておけば、4GLTE対応の機種であればWi-FiをONにするだけの操作でどこでも無料 Wi-Fiに接続できます。
接続の手間が省けるため、よりスムーズにWi-Fiへ接続したい方や接続方法がよくわからない方にもおすすめです。

「au Wi-Fi接続ツール」の使い方は?

「au Wi-Fi接続ツール」の使い方はいたってシンプルです。
専用アプリをインストールした後、au Wi-Fiを利用したい時にアプリを起動しWi-Fiボタンをオンにするだけで接続できます。

他の無料Wi-Fiのように、さまざまなアプリをダウンロードしたりパスワードを入力したりする手間がないため、スマホアプリや機器に詳しくない方でも安心。
「au Wi-Fi接続ツール」は、インストール後の使い方がわかりやすく、初心者の方がすぐに接続できるのも魅力ですね。

「au Wi-Fi接続ツール」の評価は?

「au Wi-Fi接続ツール」の評価は厳しめです。

App Storeでの総合評価は1.9と低く、「つながりにくい」という厳しいコメントが多く見られます。
「auの公式アプリ」という高い期待感を持って接続するユーザーが多く、実際のつながりにくさに不満を持つようです。

一方、Google Playでの総合評価は2.1とApp Storeより高めですが芳しくありません。
「つながりにくい」という声も多いですが、「アップロードが遅い」「アップロードできない」など、アプリそのものへの不満が多く見られました。

au Wi-Fiスポットへの接続に欠かせないアプリですが、使いやすさはあまり期待できません。

au Wi-Fi SPOTにつながらなくなったら?

au Wi-Fiでは「急にauのWi-Fiスポットにつながらなくなった」というトラブルが頻発しています。
無料でもそもそもWi-Fiに繋げられなければ、通信費を浪費してしまい通信制限がかかる場合もあります。

通信制限がかかるとSNSの使用やYouTubeなどでの動画視聴ももたつきスムーズに利用できません。
そこで、ここからは急にau Wi-Fiがつながらなくなってしまった場合の原因や対処法についてご紹介。

au Wi-Fiに急につながらなくなった時はぜひ試してみてくださいね。

au Wi-Fiにつながらない原因は何?

まずはつながらなくなっても焦らず、原因を探っていくことが大切です。
基本的な操作ミスによってWi-Fiが接続できていない場合もあるため、まずは以下の基本的な項目について確認してみましょう。

  1. 機内モードになっている
  2. 機内モードは飛行機内でWi-Fiが飛ばないようにする操作ボタンなので、オンのままだとWi-Fiにつながりません。

  3. Wi-FiボタンがOFFになっている
  4. そもそもWi-FiがOFFになっているとアプリも使用できません。

  5. 専用アプリの初期設定がなされていない
  6. SSIDを選んだ後パスワード入力を促されたら初期設定ができていないおそれがあります。

  7. Wi-Fiスポット自体のエラー
  8. 飲食店などで利用する際は、店側にトラブルが生じている場合もあるのでお店に確認をしてみましょう。

au Wi-Fiに接続できない!その対処法とは?

外出先などで急にWi-Fiスポットに接続できなってしまった場合は、以下の対象法を実行してみましょう。

  1. アプリを初期設定にしてみる
  2. 急な接続不良の場合、一時的なアプリの不具合の可能性があります。
    iPhoneの場合は現在利用しているアプリを一度アンインストールした後再インストールし、Androidの場合は初期化してから設定のし直しをしましょう。

  3. 実はau Wi-Fiスポットではなかった!
  4. au Wi-Fiスポットの位置がずれている可能性があります。
    利用場所が接続可能なスポットか今一度確認しましょう。

au Wi-Fiスポットの口コミは?

良い口コミ


https://twitter.com/singer_naomey/status/1015597727936180225

悪い口コミ

良い口コミも悪い口コミも通信速度や安全面を心配する声が多く見られました。

au Wi-Fi SPOT以外にも無料Wi-Fiはある?

ここまではauユーザーが無料で使えるau Wi-Fiについてご紹介してきましたが、無料Wi-Fiは他にもあります。
他社が提供している無料Wi-Fiもあるため、au以外の端末をお持ちの方も安心です。

特に人気のあるソフトバンクやドコモの無料Wi-Fiスポットについて見てみましょう。
ソフトバンクのWi-Fiスポットは以下のマークが目印です。

au wifi

こちらもau同様ソフトバンクユーザーは申し込みせずに無料で利用できます
ただ、プランによっては利用できない場合もあるため事前に確認しておきましょう。
また、ドコモの無料Wi-Fiスポットは以下のマークが目印です。

au wifi

au同様、ドコモWi-Fiも契約中のプランによっては無料で利用できます。

携帯電話サービス会社以外の、公共Wi-Fiは?

携帯会社のWi-Fiスポット以外にも、公共のWi-Fiスポットが作られています。
特定のキャリアのスマホを利用しない方には公共Wi-Fiがおすすめです。

また、au Wi-Fi専用アプリが酷評されていたように、急につながらなくなることがあるため緊急時の手段として公共Wi-Fiを知っておくのがおすすめです。
ただ、公共Wi-Fiを使う際は注意すべき点もあります。

ここからは特に人気のある公共の無料Wi-Fiと、使う際の注意点について見ていきましょう。
基本的な点を押さえておけば、通信制限を気にせずに無料でインターネットに接続できます。

公共Wi-Fiを使う上での注意点

公共Wi-Fiを利用する際は以下の点に注意が必要です。
利用する際は必ず頭に入れておきましょう。

  1. 本当に無料なのか調べておく
  2. 店内などでは専用のパスワードを必要とする
  3. SNSとの連携を促される
  4. そのWi-Fiが本当に安全なのかについて気を付ける

特に④について、Wi-Fiの一覧のところに鍵マークがついていないものは危ないといわれています。
鍵マークがないからといって必ずしも悪意のあるものだと断定はできませんが、個人情報漏洩などの危険性が示唆されているので、仕事のやり取りやパスワードの入力などは避けましょう。

利用可能な公共のWi-Fi

①Japan Connected-free Wi-Fi

こちらのWi-Fiは主に外国人向けのサービスですが、日本人でも利用できます。
観光利用目的で使う方が多く、16万ものWi-Fiスポットを持っているのが特徴です。
外国語に抵抗のない方は利用してみましょう。

②「FREESPOT」

au wifi

特にカフェなどで広く導入されているWi-Fiサービスです。
Wi-Fiの接続方法カフェに掲示されていることが多く、手軽に接続できます。
ただ、多くの方がアクセスをするため個人情報が漏洩する危険性も高く、クレジットカードなどの情報入力は避けた方が賢明です。

無料Wi-Fi以外なら、有料のポケットWi-Fiもおすすめ

各社携帯会社はユーザーに「無料Wi-Fiスポット」サービスを提供しています。

ただ、接続しにくいという評価が多く動画などをスムーズに視聴するのは困難です。
安定してWi-Fi接続をしたい方には、「ポケットWi-Fi」と呼ばれる移動型のWi-Fiルーターのサービスがおすすめ。

手のひらサイズの通信機器を持ち歩けるため、わざわざWi-Fiスポットに繋げたり、途切れてしまうというリスクを避けられます。
auユーザーの方には、UQコミュニケーションズが提供している「Wimax2+」がおすすめです。

無料Wi-Fiと比べてセキュリティ性が高く、ビジネスマンなどホテルでもカフェでも仕事をしたいという方には重宝されています。
なお、「Wimax2+」を利用する際に以下の料金がかかる点に注意しましょう。

「Wimax2+」利用料金

  • 事務手数料:3,000円
  • 月額利用料:ギガ放題で4,380円前後

まとめ

auの提供する無料Wi-Fiサービスは専用アプリをインストールした後、特定のスポットで利用できます。
au Wi-Fiにつなげば通信費を気にせずインターネットに接続可能。

突然接続できなくなった時の対処法などを知っておけば、無料Wi-Fiスポットを使ってギガを節約できます。
ただ、無料Wi-Fiスポットは多くの方に開かれているため、クレジットカードやパスワードの入力には向いていません。

仕事で使用する方など、安全面に不安が残る場合は接続先に鍵のマークがついているか確認しておきましょう。
外出先でWi-Fiを頻繁に使用する場合は、ポケットWi-Fiを契約するのもおすすめです。

コメントを残す

CAPTCHA